「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

わが母の記

e0021004_12254949.jpg昨日、「わが母の記」の試写会に行ってきました。ほかの試写会と様子が違い、ご高齢の方が非常に大勢いらしていて、映画の最中によくしゃべること、しゃべること。「おくりびと」のときも私語が多くて辟易しましたが、今回も音声が聞き取れなくて大変でした・・・。

あぁ、宮崎あおいがセーラー服かぁ・・・・歌も歌っちゃうんだ・・・かわいいとはいえ、厳しいものが・・・・。

なんだかんだ言っても幸せなお母さん(樹木希林)だなぁ、というのが正直な感想です。
大勢の家族やお手伝いをしてくれる方々に手厚く世話をしていただけるのは、現代の核家族で一人だけが介護を背負わなければいけない事実との差がかなりあり、共感しづらいです。この映画では介護が大変だと言っても、愚痴を言い合える家族が大勢いるんですよね。
息子(役所広司)も忙しいとはいえ、裕福で家族が大勢いるので十分に親孝行しているような姿がうらやましいです。
なかなかこうはいかないので、他人事っぽく見てしまいました。
[PR]
# by km_achin | 2012-04-13 12:51 | 映画・新作
e0021004_11414617.jpg政治がらみ&ジョージ・クルーニーということで、面白そうな予感がしての鑑賞。

冒頭は、アメリカの選挙事情を頭に思い浮かべながら、字幕を追い、「あ~、難しくてついていけないかも・・・」と思ったのですが、何の何の、途中からはかなり引き込まれました。

スティーヴン・マイヤーズ(ライアン・ゴズリング)が若いのに統率力があり、素敵な感じ。マイク・モリス知事(ジョージ・クルーニー)はスピーチもうまく、日本の政治家とは違い失言などでヒヤヒヤさせられることなどなさそう。人を惹きつけるスピーチはみごとです。
だから、選挙戦は圧勝じゃないの?これからどんな展開になるの?邦題の「正義を売った日」って、どういう意味だろう・・・???と思い始めた矢先!

・・・ここからネタバレあり・・・

えらく美人なモリー・スターンズ(エヴァン・レイチェル・ウッド)が出てきたあたりで雲行きが怪しくなり・・・。見た目30歳くらいなのに、インターンだと??しかも20歳だと???さらに自称10代だと??? ここに何かひっかかるものがあるのですが、物語上は20歳ってことで進んでいきます。 (エヴァン・レイチェル・ウッドは1987年生まれ♪)
このモリーが20歳にして、かなりの百戦錬磨的なご様子で、びっくりの連続です。どこで「実は20歳じゃなくて・・・」という種明かしがくるのかと思っていたのですが・・・。
まぁ、モリーをはじめとして、君たちに正義はあるのか!?と問いかけたい人が多数出演なり。
この政治家と政治家を取り巻く人々を日本の政治家にあてはめてみると、かなり気持ち悪いことになります。

飽きさせない展開ですが、見終わったときの疲労感といったら・・・!!
男ってヤツは! 政治家ってヤツは! などといろいろと考えさせられる映画でした。
[PR]
# by km_achin | 2012-04-13 12:21 | 映画・新作

Birthday Present ♪

e0021004_22111585.jpg今日は私の誕生日。
夫からのプレゼントの一つ目は、前から欲しかったミラーレスカメラ、OLIMPUS PEN E-PL2。
赤とシルバーと黒がありますが、赤をお願いしました。

これから、説明書と首っ引きでマスターしなければ!
そして、カメラアングルやら、構図の勉強もしなければ!

もうすぐ、長男、次男の卒業式、入学式があるし、練習をしていい写真を撮りたいなぁ。暇ができたら撮影旅行も行きたいわぁ。

e0021004_2217596.jpg二つ目のプレゼントはポケットリフレ。昨年の暮れにぎっくり腰になったし、ちょっと冷えたり立ちっぱなしでいると腰痛が悪化したり、パソコンをやっていると、肩が痛くてたまりません。そんなときにこの低周波治療器があれば!!
直径6.5cmで全身マッサージができるんですよ。3つの自動コースは「くびかた」、「こし」、「うであし」。3つのお好み動作は「おし」、「もみ」、「たたき」ができます。こんなに小さいのにエライ!
リチウム電池1個で動くから電源コードもいらなくて場所を選びません。
実際に試してみると、肌にピリピリきて、かなり刺激的です。もちろん強弱も選べます。1回15分が目安で、それ以上やると逆効果だと書いてありました。

e0021004_2229025.jpg長男からのプレゼントはリストバンド。
パソコンをずっとやっていると、手首の付け根が当たってタコができてとても痛いので、手首のクッションになるようにとのことです。かなり快適にパソコンが打てます。

とても素敵な誕生日になりました。
[PR]
# by km_achin | 2012-02-25 22:48 | お気に入り

こんな時期に福袋!?

e0021004_9485339.jpg昨日、北千住の丸井で友達と待ち合わせたら、食遊館の各店舗で福袋が売っていました!
どの店も見ればみるほど欲しくなっちゃいます~。
まず、手にしたのがTOPSの1,050円の福袋。



e0021004_9535299.jpgランドグシャとボール状の焼菓子のセットでした。







e0021004_955915.jpgこちらは千鳥屋。
なつかしいお菓子「チロリアン」1袋、かすていら2個、花づつみ(どらやきかな?)2個、千鳥饅頭2個、東京あずきグラッセ薄露3個と、もりだくさん入って1,050円。









e0021004_959319.jpgもち吉。
揚げかるかき、ざらめ、浮渦、めんたいあられ、おせんべい1箱で1,050円でした。巾着型のエコバックに入っていました。
さらに、本日お買い上げの人にはミネラルウォーター1本もプレゼントされました。


他のお店の福袋も魅力的だったけど、持ち帰れないからあきらめました。
お菓子が家にいっぱいあるのはうれしいな。
[PR]
# by km_achin | 2012-02-23 10:08 | 食べ物・飲料

ALWAYS 三丁目の夕日'64

e0021004_1433317.jpg昨日、「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を試写会で2Dで鑑賞してきました。私には2Dで十分です。

懐かしい3丁目の面々がスクリーンに戻ってきた、ということで感慨深いものがあります。鈴木オートの主人(堤真一)のガンコ振りが健在で、こちらがここで一発怒ってほしい、と思うところで怒り爆発しているところがとても小気味いいです。奥さん(薬師丸ひろ子)の優しさには癒されるし、六ちゃん(堀北真希)はすっかり垢抜けちゃったけど、方言で話すところは残っていて愛らしい。

要所要所で笑わすところ、泣かせるところがあります。親が子を思う気持ち、子が親を思う気持ちで泣けてきちゃうんですよね。

ただ、茶川竜之介(吉岡秀隆)だけは不愉快な感じです。後で考えると「そういうことか」と思わせようとしているんでしょうが、あまりにも性格を悪く描きすぎています。三丁目の住人、ヒロミ(小雪)古行淳之介(須賀健太)がいい人達だけに、そりゃあ好意的に解釈してくれるようですが、あまりにも子どもじみた癇癪が多いだろ、とフツフツと怒りがわきあがってしまいました。
竜之介にしろ、菊池孝太郎(森山未來)にしろ、極端な演出が目立つので、あざといな、と思いつつ、結構私も泣いた口ですが・・・。

劇中で六ちゃんの本当の両親の影が薄くてかわいそうでした。でも、鈴木オートの父ちゃん母ちゃんは、本当の親と思えるくらいの娘を手放す苦悩が現れていて、それはそれでよかったです。
[PR]
# by km_achin | 2012-01-17 15:22 | 映画・新作
e0021004_13165757.jpg年末年始での暴飲暴食で体は重いし、肌の感じもイマイチで不安になったので、コラーゲンの入ったハーブティー「桃とコラーゲンの美的ハーブ」(2,980円)を購入しました。
粉末のコラーゲンを試したことがあるけれど、いちいち飲み物に溶かしたりするのが手間だなぁ、と思っていたので、ハーブティーでコラーゲンが摂取できるなんてうれしい。

ハーブティーといっても、ハーブがきついわけではなく、ほんのり桃のいい香りがして、私の大好きなローズヒップの味もするから本当においしいです。コラーゲン以外にビタミンB6やビタミンB2も入っているから、体の中からきれいになりそうです。

15包入りですが、3つのアルミパックに分かれているから、新鮮でいいなと思いました。1包をティーカップに注いで、と説明には書いてありますが、ティーサーバーで多めに作っても十分楽しめました。冷えてもおいしいので、たっぷり作って、マイボトルで持ち歩いて飲んでいます。
[PR]
# by km_achin | 2012-01-14 13:42 | 食べ物・飲料

ナイト&デイ

e0021004_13502258.jpg<ストーリー>
理想の男性を追い求める平凡な女性ジューン(キャメロン・ディアス)は、ある日、空港でハンサムな男性と運命的な出会いを果たす。だがその男の正体は、ジューンが夢に見た理想の男性どころか、重要任務を帯びたスパイだった。予想外の裏切りや暗殺者による執拗な攻撃など、何度も危険な目に遭遇するジューンは、ミステリアスなロイ(トム・クルーズ)に疑念を抱き始める。そして彼の背後には、巨大な組織の陰謀の影が…。
(goo映画より)
(2010年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
トムチン、かっこいい~♪ と言わせるために、みんなが協力して仕上げました! というアクションにつぐアクション!!
ジャッキー・チェンに負けずとも劣らない、体当たりのアクション。
迫力満点で、これは劇場で観たら、数倍楽しかっただろうな。

「私そんなことできません~、アレアレ~?」みたいなジューンが、かなりの大活躍で、そのテンポのよさが気持ちいいです。真実しか言わなくなる薬を飲まされたときの、真実を言わせたい相手にとってはハズしまくったセリフもおかしさがこみあげました。
妹の結婚式に着ようと思った黄色いドレスとブーツ姿がとーってもかわいらしかったですよ。

敵は何が目的なのか、何がどうなっているのか、実はこの人は味方なのか敵なのか?と頭に疑問符が浮かびながらの鑑賞でしたが、とりあえずトムチンが無事ならいいってことか、と。

トムチンの映画はいつも楽しいな~。
[PR]
# by km_achin | 2012-01-10 15:13 | 映画・旧作

愛する人

e0021004_1128836.jpg<ストーリー>
51歳の女性カレン(アネット・ベニング)は老いた母親とロサンゼルスで二人暮らしをしている。37年前、14歳の時に産んですぐに手放した娘のことばかりを思い、彼女に手紙を書く事を日課としていた。37歳のエリザベス(ナオミ・ワッツ)は、母を知らずに育った女性。各地で弁護士としてキャリアを積み、故郷のロサンゼルスに戻って来ていた。何事にも執着しない彼女だが、会社の上司ポール(サミュエル・L・ジャクソン)の子を妊娠した事をきっかけに、37年前に自分を手放した母を捜そうと決心する。
(goo映画より)
(2009年 アメリカ=スペイン)

WOWOWにて鑑賞。
映画の冒頭は、いろいろな女性のエピソードが出てくるので、どんな話になるのか、うまくつかめませんでした。
カレン(アネット・ベニング)はかなり気難しくて、この人は対人関係がうまくいかないような感じで、ずっと家事の手伝いに来てくれていた女性ともギクシャクして、いつ出て行かれてもおかしくない。
エリザベス(ナオミ・ワッツ)は、美貌と知性で男性を手玉に取り、小悪魔というか大魔王というか、あなたの目的は幸せな家庭の崩壊なのか??と、とても感情移入できそうにもありませんでした。

ところが、彼女たちを温かく見守る男性のおかげで、表情が柔らかくなり、角も取れて、とてもいい感じに。
バラバラだったエピソードがどんどん絡まってくるにつれて、涙、涙・・・・。
久々に大号泣ものの映画です。

原題はMOTHER AND CHILD
なるほど。
母と子のエピソードがとても温かい気持ちにさせます。
優しい男性も出てきますが、影が薄く、ストーリーを成り立たせるためにちょっと端折ったところもあるかも。

カレンの笑顔に癒される映画でした。涙を拭くタオルのご用意を。オススメです。
[PR]
# by km_achin | 2012-01-10 11:47 | 映画・旧作