「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ALWAYS 三丁目の夕日'64

e0021004_1433317.jpg昨日、「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を試写会で2Dで鑑賞してきました。私には2Dで十分です。

懐かしい3丁目の面々がスクリーンに戻ってきた、ということで感慨深いものがあります。鈴木オートの主人(堤真一)のガンコ振りが健在で、こちらがここで一発怒ってほしい、と思うところで怒り爆発しているところがとても小気味いいです。奥さん(薬師丸ひろ子)の優しさには癒されるし、六ちゃん(堀北真希)はすっかり垢抜けちゃったけど、方言で話すところは残っていて愛らしい。

要所要所で笑わすところ、泣かせるところがあります。親が子を思う気持ち、子が親を思う気持ちで泣けてきちゃうんですよね。

ただ、茶川竜之介(吉岡秀隆)だけは不愉快な感じです。後で考えると「そういうことか」と思わせようとしているんでしょうが、あまりにも性格を悪く描きすぎています。三丁目の住人、ヒロミ(小雪)古行淳之介(須賀健太)がいい人達だけに、そりゃあ好意的に解釈してくれるようですが、あまりにも子どもじみた癇癪が多いだろ、とフツフツと怒りがわきあがってしまいました。
竜之介にしろ、菊池孝太郎(森山未來)にしろ、極端な演出が目立つので、あざといな、と思いつつ、結構私も泣いた口ですが・・・。

劇中で六ちゃんの本当の両親の影が薄くてかわいそうでした。でも、鈴木オートの父ちゃん母ちゃんは、本当の親と思えるくらいの娘を手放す苦悩が現れていて、それはそれでよかったです。
[PR]
by km_achin | 2012-01-17 15:22 | 映画・新作
e0021004_13165757.jpg年末年始での暴飲暴食で体は重いし、肌の感じもイマイチで不安になったので、コラーゲンの入ったハーブティー「桃とコラーゲンの美的ハーブ」(2,980円)を購入しました。
粉末のコラーゲンを試したことがあるけれど、いちいち飲み物に溶かしたりするのが手間だなぁ、と思っていたので、ハーブティーでコラーゲンが摂取できるなんてうれしい。

ハーブティーといっても、ハーブがきついわけではなく、ほんのり桃のいい香りがして、私の大好きなローズヒップの味もするから本当においしいです。コラーゲン以外にビタミンB6やビタミンB2も入っているから、体の中からきれいになりそうです。

15包入りですが、3つのアルミパックに分かれているから、新鮮でいいなと思いました。1包をティーカップに注いで、と説明には書いてありますが、ティーサーバーで多めに作っても十分楽しめました。冷えてもおいしいので、たっぷり作って、マイボトルで持ち歩いて飲んでいます。
[PR]
by km_achin | 2012-01-14 13:42 | 食べ物・飲料

ナイト&デイ

e0021004_13502258.jpg<ストーリー>
理想の男性を追い求める平凡な女性ジューン(キャメロン・ディアス)は、ある日、空港でハンサムな男性と運命的な出会いを果たす。だがその男の正体は、ジューンが夢に見た理想の男性どころか、重要任務を帯びたスパイだった。予想外の裏切りや暗殺者による執拗な攻撃など、何度も危険な目に遭遇するジューンは、ミステリアスなロイ(トム・クルーズ)に疑念を抱き始める。そして彼の背後には、巨大な組織の陰謀の影が…。
(goo映画より)
(2010年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
トムチン、かっこいい~♪ と言わせるために、みんなが協力して仕上げました! というアクションにつぐアクション!!
ジャッキー・チェンに負けずとも劣らない、体当たりのアクション。
迫力満点で、これは劇場で観たら、数倍楽しかっただろうな。

「私そんなことできません~、アレアレ~?」みたいなジューンが、かなりの大活躍で、そのテンポのよさが気持ちいいです。真実しか言わなくなる薬を飲まされたときの、真実を言わせたい相手にとってはハズしまくったセリフもおかしさがこみあげました。
妹の結婚式に着ようと思った黄色いドレスとブーツ姿がとーってもかわいらしかったですよ。

敵は何が目的なのか、何がどうなっているのか、実はこの人は味方なのか敵なのか?と頭に疑問符が浮かびながらの鑑賞でしたが、とりあえずトムチンが無事ならいいってことか、と。

トムチンの映画はいつも楽しいな~。
[PR]
by km_achin | 2012-01-10 15:13 | 映画・旧作

愛する人

e0021004_1128836.jpg<ストーリー>
51歳の女性カレン(アネット・ベニング)は老いた母親とロサンゼルスで二人暮らしをしている。37年前、14歳の時に産んですぐに手放した娘のことばかりを思い、彼女に手紙を書く事を日課としていた。37歳のエリザベス(ナオミ・ワッツ)は、母を知らずに育った女性。各地で弁護士としてキャリアを積み、故郷のロサンゼルスに戻って来ていた。何事にも執着しない彼女だが、会社の上司ポール(サミュエル・L・ジャクソン)の子を妊娠した事をきっかけに、37年前に自分を手放した母を捜そうと決心する。
(goo映画より)
(2009年 アメリカ=スペイン)

WOWOWにて鑑賞。
映画の冒頭は、いろいろな女性のエピソードが出てくるので、どんな話になるのか、うまくつかめませんでした。
カレン(アネット・ベニング)はかなり気難しくて、この人は対人関係がうまくいかないような感じで、ずっと家事の手伝いに来てくれていた女性ともギクシャクして、いつ出て行かれてもおかしくない。
エリザベス(ナオミ・ワッツ)は、美貌と知性で男性を手玉に取り、小悪魔というか大魔王というか、あなたの目的は幸せな家庭の崩壊なのか??と、とても感情移入できそうにもありませんでした。

ところが、彼女たちを温かく見守る男性のおかげで、表情が柔らかくなり、角も取れて、とてもいい感じに。
バラバラだったエピソードがどんどん絡まってくるにつれて、涙、涙・・・・。
久々に大号泣ものの映画です。

原題はMOTHER AND CHILD
なるほど。
母と子のエピソードがとても温かい気持ちにさせます。
優しい男性も出てきますが、影が薄く、ストーリーを成り立たせるためにちょっと端折ったところもあるかも。

カレンの笑顔に癒される映画でした。涙を拭くタオルのご用意を。オススメです。
[PR]
by km_achin | 2012-01-10 11:47 | 映画・旧作

ミスタードーナツ福袋♪

e0021004_2035427.jpg今年もミスタードーナツの福袋はお得らしい、というウワサを聞いていたものの、売り切れだろうなとあきらめていたら、息子の「まだ残ってたよ」という情報あり。
ミスタードーナツは1000円の福袋と2000円の福箱があるらしいけれど、私が買いに行ったときには1000円の福袋のみでした。
3袋購入*^0^*

福袋の中身は①小ぶりなカレンダー。②スヌーピーの顔のクッションポーチ。手触りがフワフワでたまらん。だけど、何を入れたらいいのか?③ブランケット。コンパクトで持ち運びに便利。④ストラップ。スヌーピーがドーナツを持っていて、ドーナツの色が何種類かあるみたい。うちはピンクと茶色が入っていました。

e0021004_20434985.jpgそして忘れちゃいけないのが、ドーナツ・パイ引換券8枚
3月31日までの有効期限なので、ゆっくり使えます。

2000円の福箱はドーナツ・パイ引換券16枚と①カレンダー②クッションポーチ③ブランケット④ストラップ⑤お重箱⑥コンパクトミラーだそうです。

e0021004_2053567.jpgこれは昨年、ミスドのポイント100点で交換したポストイット。かわいらしいドーナツのイラストがそれぞれに入っていて、それはもうキュート。文房具好きにはたまらない~。
こういうグッズは大歓迎です。
[PR]
by km_achin | 2012-01-09 20:54 | お気に入り

孤高のメス

e0021004_16433358.jpg<ストーリー>
大学病院に依存しきった市民病院・さざなみ病院に、外科医の当麻が赴任してきた。患者のことを第一に考え、オペも鮮やかな手際で対応する当麻。そんな彼に第一外科医長の野本らは反発するが、その一方で看護師の浪子たちは仕事へのやる気を取り戻していく。そんな中、市民病院の強化に努める市長が末期の肝硬変で倒れてしまう。彼を救う手段は法で認められていない脳死肝移植のみ。そこで当麻が下した決断は……。
(goo映画より)
(2010年 日本)

WOWOWにて鑑賞。
いやぁ~、いい邦画でした。
脚本も俳優もよかった~。

ブラック・ジャックのような当麻鉄彦(堤真一) は、手術はピカイチだけど、女心には全く無頓着な感じがよくでていました。
以前「クライマーズ・ハイ」を観たときと同じように、ストーリーに引き込まれ、自分もその場にいるように応援したくなりました。

そして一番感動的だったのは、武井静(余貴美子)の迫真の演技。中盤から彼女が出てくるたび、涙、涙・・・。演技が素晴らしいので、もらい泣きです。

医療現場での足の引っ張り合いはどうなるのか、ハラハラさせられます。大学病院からの医師たちの嫌がらせがひどくて、こんなにウソッパチのコメントを真に受けた写真誌の記者はもっと裏付けとらないのか!?と思わなくもないですが・・・。

骨太の映画で大満足です。
[PR]
by km_achin | 2012-01-09 17:20 | 映画・旧作
e0021004_16181771.jpg<ストーリー>
身の回りの商品すべての販売促進のため高級住宅街に引っ越してきたニセ家族が住民にまんまと物欲と虚栄心を掻き立てるさまとその顛末を描いたロマンティック・コメディ。
(allcinema ONLINEより)
(2009年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
冒頭シーン。デヴィッド・ドゥカヴニーといえば、私はX-ファイルに直結してしまうのですが、あぁ、もうお父さんなんだな。デミ・ムーアもお母さんの年齢かぁ。それにしても、息子と娘は老けてるなぁ・・・などと、この家族の設定を知らずに見ていました。

(以下ネタバレあり)
身の回りの商品を実際に買わずして使っていると、他のセレブが思わずマネして買ってしまいたくなる、というストーリーは新鮮で面白かったです。このストーリーはどういうオチなの?と気になっていましたが、そうそううまい話があるわけではなく、短い時間の中で、スッキリ収まって、楽しめました。

美人の娘に問題アリなんですが、何もあんな設定にしなくても・・・ちょっと無理があるような気はします。彼にそこまで惹かれるのがよくわからない??? 息子の秘密はよかったけど。

スティーヴ(デヴィッド・ドゥカヴニー)ケイト(デミ・ムーア)に、次はおばあちゃんの役をやるのか、と言うくだりがあるのですが、ケイトの顔に皺が目立っていたので、妙にその言葉にジーンときてしまいました。
[PR]
by km_achin | 2012-01-03 16:57 | 映画・旧作

瞳の奥の秘密

e0021004_16132182.jpg<ストーリー>
刑事裁判所を退職したベンハミン(リカルド・ダリン)は、残された時間で25年前に起きた忘れ難い事件をテーマに小説を書くことを決心し、かつての上司で今は判事補のイレーネ(ソレダ・ビジャミル)を訪ねる。それは1974年、銀行員の夫と新婚生活を満喫していた女性が自宅で殺害された事件。当時、渋々担当を引き受けたベンハミンが捜査を始めてまもなく、テラスを修理していた二人の職人が逮捕されるが、それは拷問による嘘の自白によってだった…。
(goo映画より)
(2009年 スペイン=アルゼンチン)

WOWOWにて鑑賞。
第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品。

最初はただベンハミンの回顧録的な映画なのかな、と思っていたら、意外に奥が深くて楽しめました。
(ちょっとネタバレ)
過去の事件は一応逮捕されて解決したものの、ベンハミンを快く思わない刑事裁判所の同僚のせいで、まんまと釈放されてしまいます。そういう「いい者と悪い者」の職場のイザコザも「仕返ししてやれ~」と応援したくなるから好きな展開ですが、この映画はその辺はサラッと流し、もっと違う部分での驚きが・・・。私は、まさかあんな展開になるとは思っていなかったので、「そうくるか」とひざを打ちましたよ。

ベンハミンとイレーネが何年も経ってからの再会でのやりとりも、暗い事件にほんのりいいスパイスが効いていて、後味がよかったです。
[PR]
by km_achin | 2012-01-01 16:50 | 映画・旧作
e0021004_15573877.jpg年が明けました。
今年もよろしくお願いします。

新年の福袋は私にしては控えめで、今年はファクトリーシンの1000円の福袋のみ。
毎年恒例で購入しています。
ふわふわスフレ10個と、マドレーヌフィナンシェスフレフロマージュガレットチョコガレットバニラ各1個です。

正月は始まったばかりなのに、体が重いです・・・。
[PR]
by km_achin | 2012-01-01 16:05 | 食べ物・飲料