「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

e0021004_213022100.jpg12月に入り、今年のサンタさんは何をくれるのかしら?と思っていたら、長男宛にDS「じゃかじゃかミュージック!」が届きました。
毎日新聞の懸賞で2週連続でDSソフトが掲載されていて、「ゴッドイーターバースト」と「じゃかじゃかミュージック!」に応募しました。長男がずっと指折り数えて当選の知らせを待っていたところ、「じゃかじゃかミュージック!」にみごと当選。
発売元のプラト株式会社さんのご好意で、当選者も増やしていただいたそうで、感謝感激です。

この「じゃかじゃかミュージック!」は

ギターとドラムでセッション!
リズムを鍛える演奏ソフト


で、ロック、フォーク、ポップス、歌謡曲など日本の名曲がたくさん入ってます。
中2の長男の知っている曲も多いですが、私が懐かしい~と思う曲も多く、荒井由実&松任谷由実のヒット曲は網羅しているし、稲垣潤一「クリスマスキャロルの頃には」とか、オフコースとか、うれしくなっちゃいます。
このメロディーに、指示されたとおりに、ギターをじゃかじゃかかき鳴らすのです。
弾けずにもたもたしていると何度も同じフレーズをやらされるので、先に進めずもどかしいです。
私はピアノだってギターだって習っていたので、もっとうまくできそうなものですが、結構難しいんです。長男のほうがよっぽど早く習得しちゃって悔しいこと。
最初はバラードで練習して、だんだん高度なテクニックを身につけることにしようっと。
[PR]
by km_achin | 2010-12-23 21:55 | 懸賞

エスター

e0021004_21173083.jpg<ストーリー>
赤ん坊を死産したショックから立ち直れずにいたケイト(ヴェラ・ファーミガ)ジョン(ピーター・サースガード)。この傷を癒すため、二人は養子を迎えることを決意する。訪れた孤児院で二人は他の子と交わらず一人で絵を描く少女に出会う。彼女の名はエスター(イザベル・ファーマン)。この聡明で絵が上手な少女を喜びとともに迎え入れたケイトだが、その直後から奇妙な事件が頻発する。ケイトはエスターに違和感を感じて周囲に警告するが、逆に孤立してしまう。そして、事件は家族にも及び始めた…。
(goo映画より)
(2009年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。

このところじっくり映画も観られず、劇場鑑賞券が当たっていたにもかかわらず「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」は息子に観にいってもらうほどの忙しさでした。
ブログ更新も滞り、このままじゃいけないなぁ・・・と思っていたところ、WOWOWでとても面白い映画に出会いました。その名は「エスター」。

「R15+指定」で、この9歳の娘エスターが、9歳とは思えないほど残酷なんですよ。
映画の冒頭から、なにやら癖のありそうな美少女だな、と思っていると、ほら、やっぱり!
この少女の不気味さにケイトはだんだん気づいていくんですが、なかなかジョンが気づかなくてね~。
素直な妹のかわいらしさにも引き込まれました。妹を守らなくちゃ!
エスターは絵がとても上手くて、その作品群にも圧倒されました。後半に見せられた部屋一面の絵画は見所です。

悪魔とか幽霊じゃないだろうから、どうやって収拾するのかしら、と目が離せません。
エスターの秘密が解き明かされていくあたり、私の想像を超えた展開に大拍手~!
まさかね~、そういうこととは・・・。

機会があったら観て欲しい映画です。
[PR]
by km_achin | 2010-12-23 21:23 | 映画・旧作