「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

♪リードでヘルシーに!

e0021004_1605182.jpgモラえる、タメせるモラタメからタメせる商品としてライオン株式会社『リードヘルシークッキングシリーズ 5種セット』が掲載されているのを見て、
これだっ!
とヒラメき、注文しました。

おなじみのリード ヘルシークッキングペーパーは、油キリや水キリなどに使っていましたが、最近のおススメは「ぬら・くる・チン!」という使い方をするそうです。クッキングペーパーを濡らして、野菜をくるんで、電子レンジでチンとすれば、Wスチーム効果で素材のおいしさを残してビタミンも茹でたときより1.5倍も守れるんです。
パッケージにも写真入りで使い方例が載っているので、料理が楽しくできそうです。

e0021004_1617521.jpg今まで使ったことのなかったリード ホイルペーパーは、おにぎりを包んだり、揚げ物を包んだり、サンドイッチを包んだり、ベトつきや乾燥から守ってくれる素材なので、子どものお弁当に活躍してます。
普通のアルミホイルより、包んだ形が綺麗なのもGOOD!です。
リード ホイルペーパーで包んだお弁当って料理上手のお母さんが作っているってイメージですよねっ!
今回の5種セットの中で、ダントツのお気に入りです。

他に入っていたのは、リード ヘルシークッキングシートリード アクも油もとるシートリード おいしくなるシートでした。

ただいまリードで野菜をおいしく!キャンペーンで、クイズに答えて海外旅行や旬のおいしい有機野菜が当たるプレゼント実施中です。私も早速応募しました。

さらに、「あけてにっこり 1万名様に当たるキャッシュバックキャンペーン」で、商品の箱を開けて当たりが出たら現金1000円がもらえるんです!
キャッシュバックキャンペーンは2011年1月31日までやっているので、次の購入時にはぜひ当てたいっ!
[PR]
by km_achin | 2010-08-06 16:41 | モラタメ
e0021004_16591593.jpgあ~、毎日暑っ!
みなさんいかがお過ごしでしょうか。


・暑中お見舞い申し上げます!


今年の我が家はアイスとスイカと麦茶の消費が激しいわっ!
水分ばっかり!!
おかげさまで熱中症にかかることもなく夏も半分過ぎた(と思いたい)頃。

久しぶりに、またビーズアクセサリーを作ってみました。先日、浅草橋のパーツクラブでかわいらしいハートのパーツを衝動買いしたので、勢いで作りました。
グリーン系とパープル系の色違いです。
・・・むむむ、思ったより色の違いがわかりづらい・・・。
[PR]
by km_achin | 2010-08-05 22:05 | 手作り

リプリー 暴かれた贋作

e0021004_19471262.jpg<ストーリー>
詐欺師リプリー(バリー・ペッパー)の新たな標的は、大金が動く現代アートの世界。彼は気鋭の若手アーティスト、ダーワットに近づき、彼のマネージメントを行なう仲間のひとりとなる。そんな中、ダーワットの才能にいち早く気づいた大富豪マーチンソンが、巨額の小切手で次回作の予約を入れる。だがその矢先、自動車事故によってダーワットは思わぬ死を遂げてしまった。リプリーと仲間たちは彼の死を隠蔽し、替え玉を立てて贋作を作ろうと画策する。(WOWOWオンラインより)
(2005年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
まぁ、つっこみ所が満載で楽しめました。いろんな事件が次々と降りかかってくる(っつうか、リプリーが引っ掻き回している)ので、目が離せません。
(以下ネタバレあり)

毎回都合よくリプリーが難を逃れているんですが、警察の捜査のお粗末さといったら!
土に埋まっていたはずの死体を移動させて、その土の中に死体がないからって、土の検査もなくスルーしちゃうんですよ。
ずーっと凍らせておいた死体を移動させるのに、凍ったところが他のものにくっつくことなく作業ができたり、危機一髪のときには必ずリプリーが先回りできて、瞬間移動をどこかで使ったのか!?というほどのタイミングのよさ。

小説を読んでいるのなら、リプリーの容貌を勝手に自分の好みにして感情移入して大ファンになると思います。大富豪のお嬢様のハートを射止めちゃう色男ぶりだし。でも、実際の映画ではバリー・ペッパーがリプリー役ですからねぇ。一目で胡散臭いと・・・。

暇つぶしに楽しめる作品ですね。
[PR]
by km_achin | 2010-08-01 20:20 | 映画・旧作
e0021004_1152821.jpg<ストーリー>
1964年の夏、14歳のリリィ(ダコタ・ファニング)は幼い頃に自分のせいで死んだ母の愛を確かめたくて、父T・レイ(ポール・ベタニー)に黙って旅に出る。制定されたばかりの公民権法の甲斐もなく白人の嫌がらせを受け怪我をした挙げ句警察に連行された黒人家政婦のロザリン(ジェニファー・ハドソン)を助け出し、向かった先は母に縁のある町ティブロン。そこで2人はボートライト三姉妹と出会う。長女のオーガスト(クイーン・ラティファ)は養蜂家で、黒い聖母像のラベルのはちみつを作っていた。
(goo映画より)
(2008年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
しばらく見ないうちにダコタ・ファニングがずいぶん成長したことに感慨深いものを感じる作品。「宇宙戦争」ではキャーキャー言う耳障りな悲鳴だけが印象に残っていますが、この作品では、つらい過去を背負いながらも、真実を知るために強く生きていくところをうまく表現していました。淡い初恋の表情が、あの大きな瞳から、よーく伝わってきます。感情の高まりをぶつけるのに、はちみつのびんを投げつけるのは、もったいないし、オーガストの気持ちを考えると、いただけないな、という気はしましたが・・・。

個性豊かな3姉妹がそれぞれ魅力的に描かれていて、それもよかったです。オーガスト自身が聖母のように見えてきました。3姉妹、リリィ、ロザリンの誰かに感情移入できるのではないかと思われる後味のよい映画でした。
[PR]
by km_achin | 2010-08-01 11:54 | 映画・旧作