「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

愛を読むひと

e0021004_22331564.jpg<ストーリー>
1958年のドイツ。15歳のマイケルは21歳年上のハンナとの初めての情事にのめり込む。ハンナの部屋に足繁く通い、請われるままに始めた本の朗読によって、2人の時間はいっそう濃密なものになるが、ある日、ハンナは忽然と姿を消す。1966年、大学で法律を学ぶマイケルは傍聴した法廷の被告席にハンナを見つける。裁判に通ううちに彼女が必死に隠し通してきた秘密にようやく気づき、衝撃を受けるのだった。
(goo映画より)
(2008年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
上映時間以上に密度の濃~い映画に感じられました。
マイケルとハンナのもどかしいやりとりに涙、涙です。
お互いのすれ違いの言い訳ができれば、誤解が解けてもっと幸せになれるのに・・・、手紙の返事を書いていれば・・・と見るものをやきもきさせます。
次のシーンではきっと幸せを手に入れるはず・・・と何度も想像しました。そして、そうならない理由を考え始めると、とても奥が深く、良質な映画だと思います。

老齢になったマイケルの言葉が少なすぎて、ハンナの気持ちを思いやると、とてもやるせない気持ちになります。もう少し、何かハンナに希望を与えられることが言えなかったのかと・・・。

感動作ですが、ハンナの気持ちを考えると、心が痛む映画です。
[PR]
by km_achin | 2010-07-20 23:01 | 映画・旧作
<ストーリー>
司法精神科医サリー(トニ・コレット)は、殺人容疑で逮捕された17歳の少年アレックス(エディ・レッドメイン)と話すよう警察に依頼される。彼はナイジェル(トム・スターリッジ)という同級生を殺したとされていたが、状況証拠しかなく、サリーに決め手となる証言を引き出して欲しいという。頭が切れる上に傲岸なアレックスは、人を煙に巻くばかりでなかなか事件について語ろうとしなかったが、やがて寄宿学校のルームメイトとして現われたナイジェルの異常性について、思わぬ告白を始める。
(WOWOWオンラインより)
(2006年 オーストラリア/イギリス)

WOWOWにて鑑賞。
この映画の情報がネットでみつからなかったので、記事にしようか迷ったのですが、やけに印象深い映画だったんです。
ナイジェルの狂気が、いったいどこまで行ってしまうのか気になってしまう展開です。
時系列があちこち行くので、かなり戸惑いました。アレックスの問題児的な部分も冒頭ではかなり強調されているのに、ナイジェルと知り合った以降はいい人っぽかったりして、だんだんアレックスに同情してしまいました。
ナイジェルの天才的な頭脳と、不敵な笑みがやけに脳裏に焼きついています。そして赤すぎる唇も。

司法精神科医のサリー(トニ・コレット)が活躍する映画というより、まわりの警察や学校が本気で解決しようとしていないだけだろー、という気がしなくもないですが、次の展開が気になってしょうがないサスペンス映画でした。
[PR]
by km_achin | 2010-07-09 11:49 | 映画・旧作

カオス・セオリー

e0021004_11471144.jpg<ストーリー>
効率性を極めようと1日の行動を全てリスト・アップ、それを忠実に実行へ移すという自他共に認めるリスト・マニアで、関連本まで出版しているフランク。しかし、そんな几帳面すぎる彼にウンザリした妻スーザンがある日、イタズラで時計を10分ずらしたことからハプニングが続出。フェリーに乗り遅れて仕事に支障が出るは、道中出会った妊婦を病院に送り届けた際の出来事で妻に不貞を疑われ、果てはスーザンの浮気疑惑も浮上。想定外の事態に混乱していくフランクはさらに、ある驚愕の事実を知らされるのだが…。(Allcinemaより)
(2008年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
タイトルが哲学っぽくて、なじめないかも、と思っていたけれど、とても面白い映画でした。コメディというほど笑えるわけではないのですが、主人公のフランクが災難の連鎖に陥っていく様、周りの人々も少しずつ災難にまきこまれていく様がうまくつながっています。テンポがいいので、次はどうなるんだろう、と最後まで興味深く見ました。

娘がとってもかわいいんです。いろんな災難を解決に導くきっかけになるのは、やっぱり娘なのかな。

困難にぶちあたったときに、フランクのようにカードに解決策の案のリストを書いて、どれかを選ぶ、というのもアリかな。
[PR]
by km_achin | 2010-07-02 11:58 | 映画・旧作