「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

福袋のビーズで・・・

先日、浅草橋のPARTS CLUBでビーズの福袋を購入して以来、各方面の友人から、「作品は作ったのか?」とのお問い合わせがありましたので、ご報告します!
e0021004_2024390.jpg作りました! 
つなげただけ、と言われればそれまでですが、リングで変化を持たせてみました。







e0021004_2031042.jpg天然パールはこんな感じで・・・。
まさにつなげただけ。
(^^ゞ








久しぶりに創作意欲がわきはじめております・・・。
[PR]
by km_achin | 2009-09-29 20:37 | 手作り
e0021004_19584816.jpg最近テレビCMで見かける「ビオレ メイクも落とせる洗顔料 うるうる密着泡」
使ってみたいなぁ、と思っていたら、モラタメで当選しました。

うれしい~♪

今までの洗顔料の何が面倒くさいかっていうと、手のひらで泡立てなければならないっていうところ。
私は横着なので、手のひらに出してそのまま顔にこすりつけるという荒業をしていました。
それって、肌に悪いですよね・・・。
きっと、そういう人が大勢いるから開発されたのでは、と思われる「ビオレ メイクも落とせる洗顔料 うるうる密着泡」
かゆいところに手が届いてます。

e0021004_20195389.jpgワンプッシュでこのくらいの泡が出ます。
この泡で化粧した顔を洗うと、
みるみる化粧が落ちる~。
柔らかい泡になっているから、ラクチン、ラクチン。
これなら肌を傷めることがなくてよいわぁ。
押すだけででてくるキメ細かい泡が、キメ(皮溝)や毛穴に密着してメイクや皮脂を一度に落とすから、ダブル洗顔はいらないんですって。

洗顔後も肌がつっぱらずに、「うるうる」が実感できました。
たっぷりの美容化粧水成分でみずみずしいうるおい肌へ洗いあげるそうです。

洗顔後に息子が「肌が白くなったんじゃない?」とのうれしい言葉ももらいました。
今までの「ビオレ メイクも落とせる洗顔料」もよく化粧が落とせるのでお気に入りだったけれど、これも気に入りました。

内容量:本体160ml
希望小売価格:オープン価格

[PR]
by km_achin | 2009-09-27 20:30 | モラタメ

譜めくりの女

e0021004_1659332.jpg<ストーリー>
ピアニストを夢見て一途に励んできた少女メラニーはコンセルヴァトワールの入試に臨むが、憧れの人気ピアニストでもある審査員アリアーヌの無神経さに深く傷つき、自ら夢を封印する。数年後、息子の子守として再会したアリアーヌはもちろんメラニーを覚えていない。万事そつなくこなすメラニーを気に入ったアリアーヌは、彼女に譜めくり役を依頼する。やがてメラニーはアリアーヌにとって掛け替えのない存在になってゆく。
(goo映画より)
(2008年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
少女メラニーの入試のシーンの演奏は、初めからそれほど上手いわけではなかったように思うので、審査員が気が散ってもしょうがないのではないか、という気がしたのですが・・・。まぁ、試験中にサインをもらいに来る人もどうかと思います。

メラニーが順調に仕返しをしていくのが、怖いです。めったに笑わないメラニーが、アリアーヌの譜めくりに抜擢されちゃうんですね。そして、なぜかみんなの信頼を得て、そしてじわじわと計画を進めていくのです。

アリアーヌは歳を取ってからも、サインに応じたりしてるし、悪い人には見えなかったので、かわいそうでした。

サスペンス度がいっぱいでゾクゾクする映画でした。
[PR]
by km_achin | 2009-09-26 17:24 | 映画・旧作

男と女の不都合な真実

e0021004_2053210.jpg久しぶりにレディースディが休日だったので、「男と女の不都合な真実」を鑑賞してきました。

アビーを演じたキャサリン・ハイグルに拍手!
WOWOWで観た「幸せになるための27のドレス」も表情豊かでとても愛らしかったのですが、今回もいろんな表情が楽しめました。普通の黒いパンティーにしか見えないアレを穿いてディナーに出掛けたときの、表情がまたリアルで大笑い。すごい内容なのですが、下品にならないところがいいです。

イケメン医師コリン(エリック・ウィンター)が優しいし、めちゃくちゃかっこいいし、職場に花束まで贈ってくれたりして、とーっても素敵。あまりにもスマートにこなしているので、どこかに落とし穴があるのではないかと、私は疑いの目で見ていました。マイク(ジェラルド・バトラー)が「コリンは9項目はゲイっぽい」と言っていたし。
見た目で判断すると、私はコリン派かしら~?(でも、顔が整いすぎて、すぐ顔立ちを忘れてしまいそう)と思っていたのですが、そのうち、マイクの魅力にも開眼してしまいました。恐らくアビーの気持ちの揺れと同じかと。
恋のアドバイスを受けるだけにしては、アビーとマイクの距離が近かったですものね~。

ストーリーは、まぁ、こんな感じだろうなと想像していたものと変わりませんが、アビーとマイクのやり取り、セリフなど、けっこうグッときました。
昨日はたまたま「最後の恋のはじめ方」も家で観ていて、この作品と似てるところもありました。

エンディングの曲が、懐かしいあのヒット曲に一部似ていたのですが、アレンジ曲かしら?
曲名もあまり覚えていないのですが・・・。

ジェラルド・バトラーキャサリン・ハイグルの魅力を存分に味わえる楽しい映画でした。
[PR]
by km_achin | 2009-09-23 21:57 | 映画・新作
e0021004_15393279.jpg<ストーリー>
アウトドア・ブランドの社長秘書として働くジェーン(キャサリン・ハイグル)は、ブライド・メイド(花嫁付添い人)に生き甲斐を感じ、毎日、誰かの結婚式の準備に奔走していた。そんな彼女に、地元新聞で結婚式の取材記事を書いているケビン(ジェームズ・マースデン)が目をつける。結婚記事の仕事に飽き飽きしていたケビンは、ジェーンのブライド・メイド人生を記事にし、それを手柄に部署から抜け出そうとしたのだ。しかし、取材を続けるうちにジェーンに惹かれるようになり…。
(goo映画より)
(2008年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
すべてが楽しめる映画でした~。こんなに面白いのなら映画館で観ておけばよかったわぁ。
ジェーン(キャサリン・ハイグル)の表情豊かな演技にすっかり感情移入しちゃいました。

笑えるところも随所にあって、おしゃれなつくり。27のドレスも色鮮やかで、目の保養にもなりました。
どんな色のドレスも似合うのね。
ラストで粋な使われ方をしたのもよかったです~。
ジェーンとケビンのやりとりも笑えました。犬の音程って・・・。

姉妹で心のわだかまりを抱えているのは、「イン・ハー・シューズ」や最近試写会で観た「アンを探して」を思い出しました。スライドショーでの暴露はいきすぎ(でも笑えた)だったけど、友達ケイシー(ジュディ・グリア)の言葉がよかったわぁ。

何度もうるうるしてしまいました。おススメの婚活映画です。
[PR]
by km_achin | 2009-09-21 16:11 | 映画・旧作

カムイ外伝

e0021004_19222974.jpg昨日公開されたばかりの「カムイ外伝」を観てきました。

松山ケンイチさんのファンなら、楽しめそうです・・・。なかなかイケメン男子の褌姿などは拝めませんから。
ワイヤーアクション(か?)はバンバン出るし、CGだとわかりやすいシーン、なにがいいたいのかイマイチわからないストーリー・・・な映画でした。
やっぱり私は宮藤官九郎さんの脚本とは感性が合わないみたいです。

私の大好きな佐藤浩市さんは、かなりオカシナ殿役で、あぁ~、もったいない。キャストがみんな和風の顔立ちで薄汚れた顔色なのに、ひとり土屋アンナさんの顔がクッキリハッキリしていて浮いて見えました。

e0021004_1942799.jpg「カムイ外伝」は今年の春、沖縄に行ったときに、おきなわワールドに船が展示されていて知りました。右の写真は実際に展示されていたものです。触ってはいけないので、遠巻きに見ました。



e0021004_19451210.jpg







e0021004_19455642.jpg
[PR]
by km_achin | 2009-09-20 19:57 | 映画・新作
e0021004_17294348.jpg20世紀少年は1作目はテレビで観て、2作目のテレビ放映はうっかり見逃し、何の予習もなく、もちろん原作も未読のまま、20世紀少年<最終章>ぼくらの旗を鑑賞してきました。
内容がわかるか心配だったのですが、冒頭でかいつまんで説明もあったので、親切でした。

それにしてもエキストラの数にびっくりです。
このエキストラの人たちがそれぞれ友人、家族を連れて映画鑑賞に行くだけでも凄い観客動員数になりそうです。公園をびっしり埋め尽くす人の数は、どこまでがリアルで、どこまでがCGなのか・・・。
大掛かりなメカといい、お金をふんだんにかけただけあって、ハリウッド映画に負けないど迫力の映像です。日テレってお金持ちなのねぇ。
映画ではあまり見かけないタレントも大勢出演していましたね。
エンドロールに載っていたR・Kさん。「あれ、この人出ていたかな?」と思ったら、エンドロールのあとの大事なシーンで出ていました。なるほど。

子供の頃の人間関係。自分ではとっくに忘れているのに、相手にはキョーレツな想い出として残っていたり。逆に、相手は覚えていないのに、自分にはつらい想い出だったり、楽しい想い出だったり。
大人になった今なら、あの時もっとうまく立ち回れたかも、と思えることもあるかもしれません。
少しノスタルジーに浸れる所もあり、面白い映画でした。

ケンヂ、いい人だったな。
[PR]
by km_achin | 2009-09-20 17:57 | 映画・新作
e0021004_2133513.jpgPARTS CLUBのアニバーサリー
イベントが9月17日~19日に浅草橋店でありました。
ポイントが2倍というのも魅力ですが、なんといっても
福袋!
が楽しみ。
といいつつ、去年もPARTS CLUBで福袋を買ったものの、何の作品も仕上げていないません(苦笑)。

今回、私が行ったときは1万円の福袋は売り切れでした。
右の写真と下の写真をあわせて3000円(税別)の福袋です。
e0021004_21104055.jpg淡水パール40cm(903円)はそのまま品のいいネックレスが作れそうだし、大振りのガラスビーズもきれいなネックレスが作れそうです。
この福袋に入っていたパーツの合計は8980円(税別)でした。



e0021004_2115785.jpg他の福袋も気になってしまい、中身が開示されていた2000円(税別)の福袋も買ってしまいました。
このセットのお気に入りは白い大振りの玉です。
こちらの福袋もいっぱい入っていたので写真を2枚に分けました。
こちらの内容は総額6330円(税別)です。
e0021004_21181586.jpg








e0021004_2121543.jpg今回の福袋に入っていたかわいいチャームをご紹介しま~す。
1.5cmほどの大きさです。
色も水色で涼しげで、好みです。
[PR]
by km_achin | 2009-09-19 21:28 | 手作り
e0021004_2230443.jpg<ストーリー>
結婚歴6回を誇るバーナデット(キャシー・ベイカー) 、ブリーダーで独身主義者のジョスリン(マリア・ベロ)、突然夫に離婚を切り出されるシルヴィア(エイミー・ブレネマン)、その娘で情熱的なアレグラ(マギー・グレイス)、ハイスクールのフランス語教師プルーディ(エミリー・ブラント)が読書会を立ち上げる。取り上げるのは彼女たちの愛読書ジェイン・オースティンだ。ここに唯一の男性としてSF愛好家のグリッグ(ヒュー・ダンシー)が加わり、オースティンの小説6冊を読み解いてゆく。それは6人それぞれが人生と向き合う体験だった。(goo映画より)
(2008年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
私の好きなテイストの映画でした。

私が思わず親近感がわいてしまう年齢の独身の女性、既婚の女性が、オースティンの6冊の本を毎月1冊のペースで読書会を開きます。それぞれの女性に降りかかる悩み事や悲しみを、本の主人公や脇役に感情移入や拒否反応などを感じながら、女性たちの気持ちの変化が起こるのです。オースティンの本の感想を言われても、私にはチンプンカンプンなのですが、彼女たちの私生活にリンクしているところもある内容なのだろうな、と思いました。

自分の気持ちをなかなか認めたがらないジョスリン(マリア・ベロ)の、傍目にはわかりやすいリアクションに思わずニヤリとしてしまいました。

e0021004_22244417.jpgそれにしても!
この映画で注目すべきはトレイ(ケヴィン・ゼガーズ)です。
(右の写真は2000年頃の彼・・・)
私の大好な映画「トランスアメリカ」では影のある青年を演じ、私は一瞬でその色っぽい瞳にノックアウトされ、携帯の待ち受け画面にするぐらい大好きな役者さんでした(過去形かよ!)。
それが、しばらく見ないうちに、色っぽいを通り越してエロっぽい瞳になってる!
どうみたって、彼の視線は「欲情」とか「二股」とか「女たらし」を連想させます。
つきあって別れても、後には何も残らないような・・・。
彼の素晴らしい演技でそう見せているのか、それとも素の顔がもうエロっぽくなってしまったのか、今後の彼の作品が楽しみであります。
[PR]
by km_achin | 2009-09-09 22:32 | 映画・旧作

ハンサム★スーツ

e0021004_20232723.jpg<ストーリー>
母親の残した定食屋を継いだ琢郎は、ブサイクだが料理の腕前は天下一品の優しい男。これまで数々の女性に告白してはフラれ続けてきたが、心優しい美女、寛子がバイトに来るようになってから、琢郎の生活は変わった。しかし、寛子にもあっけなくフラれた琢郎は、自分がモテないのはブサイクなルックスのせいだとひどく落ち込む。そんな時、立ち寄った洋品店で、着るとハンサムになれる“ハンサム・スーツ”を勧められる。(goo映画より)
(2008年 日本)

WOWOWにて鑑賞。
懐かしい曲~。劇中で使われる曲の数々が耳に心地よいのです。
例えば、「My Revolution(渡辺美里)」、「LA・LA・LA LOVE SONG(久保田利伸 with ナオミキャンベル)」、「M(プリンセス・プリンセス)」、「大迷惑(ユニコーン)」、「SOMEDAY(佐野元春)」、「Shake Hip!(米米CLUB)」・・・、もうたまらない選曲です。この曲を選んだ時点で、私的には大成功な映画です!
「My Revolution」は私も元気が出るわぁ。

イケメン谷原クンがこんなリアクションまでとっている!ということに感激すらしてしまいます。
そして、イケメン中年中条きよしさんの本当の姿もナイス!・・・「ハンサムですみません・・・」
♪ヨ~ウフクッのアオヤマッ♪というCMもツボでした。
要所要所に笑えるネタがあって、とても楽しい映画です。

後半の盛り上がりの部分は、同じ変身ものの分類の中では「カンナさん大成功です! (韓国版)」の方が好きなんですが、「ハンサム★スーツ」もちょっとした驚きがあってよかったです。

ハンサム★スーツのキャラクターも見慣れてくるとかわいいので、エンドロールでちょこちょこ出てくるのが楽しいかも。エンドロールのあとも見逃せませんよ。
[PR]
by km_achin | 2009-09-07 21:03 | 映画・旧作