「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

<   2009年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

新宿インシデント

e0021004_2055036.jpg昨日は明治安田生命ホールで「新宿インシデント」の試写会があり、行ってきました。

ジャッキー・チェンの映画なので、コミカルな部分もあるのかと期待していったら、真逆の映画でどん引き
残酷でグロくて、観ているのが苦痛な映画でした。

この映画では、ジャッキーがそれほど魅力のあるひとには見えなかったんですよねぇ。アクションシーンもいまいちだし。だけど、女性にはモテモテ。なんで?
いったい鉄頭(ジャッキー)は何歳くらいの設定なの?ヒロインのシュシュ(シュー・ジンレイ)が鉄頭は幼馴染だと言っていたけど、見た目20歳以上は歳の開きがありそうな。
ご都合主義な展開で、あっけなくヤクザが殺されてしまうシーンでは失笑(っていうか、大笑い)が沸き起こっていました。

日本ロケで日本の俳優が出ているので、一瞬邦画かとも思いますが、バックで流れる音楽がとっても。外国の人が考える日本の曲ってことなのかしら?
日本のキャストといえば北野役の竹中直人さん。今までの作品ではコミカルな役が印象深いですが、この映画ではワイルドな刑事役。「今回の役はかっこいいぜっ。」という心の声が聞こえてきそうなくらい、嬉々として演じていたように思えました・・・。
江口利成役の加藤雅也さん。渋かったわぁ。頭がきれて親分的で、そして腹黒な役がはまってました。まわりのヤクザがやけに年配なので、彼だけ光っていました。

中国で上映禁止になった過激な作風」と、Yahoo映画に書いてありましたが、思い出すと気持ちが悪くなるので、私も観なかったことにしたい映画です。
口直しにブラピの映画が観たい・・・。
[PR]
by km_achin | 2009-04-25 20:41 | 映画・新作
e0021004_21425379.jpg先月、モラタメで試したTULLY'S COFFEE Winter Shotエスプレッソがとてもおいしかったので
(記事はこちら)、
今回別の味を1ケース(24本)試してみることにしました。

伊藤園『TULLY'S COFFEE Winter Shotカプチーノ175gカップ』
「タリーズコーヒー」店舗でも高い人気を誇るメニュー「カプチーノ」をホットカップにアレンジして、手軽にお楽しみいただけるようにした製品です。牛乳とシナモンを加えることにより、マイルドな味わいでふんわりとシナモンが香るコーヒーに仕上げました。製造工程においては、抽出したコーヒー中の酸素を極力取り除く製法によって品質を保持しています。原料や製法にこだわることで、香料は一切使用せずにつくりたての味わいを実現しました。(商品説明より)
価格:198円(税込)


シナモンが効いていて、とても風味がよいですね。前回飲んだTULLY'S COFFEE Winter Shotエスプレッソは長男(中1・・・最近コーヒーをちょっとずつ飲むようになりました)も気に入って飲んでいましたが、今回のカプチーノはシナモンの風味効いているので、大人向けです。
控えめでほどよい甘さだし、コーヒーの味もまろやかでした。
ホットだけでなく冷やしてもおいしいです。
175gぐらいだと、気分転換するのにちょうどよい量ですよね。あっという間にググッと飲んでしまいました。
最近、タリーズコーヒーにはまっています。
[PR]
by km_achin | 2009-04-19 22:10 | 食べ物・飲料
e0021004_20563698.jpgこの春新発売になったサントリー「ザ・ストレート
のどに、ぐっとくると缶に書いてあるように、炭酸が効いていて、ぐっときますねぇ。
これから気温がどんどんあがりますが、暑い日には特においしく飲めそう!
アルコール度数が6%と高めなところも、コクがあって飲みごたえに関係しているよね。

今までの第3のビールってコクが物足りなかったけれど、「ザ・ストレート」はしっかりコクが堪能できて、スッキリ感もありました。
それに、他のビールに比べて缶の味がしなくて、おいしかったです。
飲めば飲むほど、ファンになっていくようだわ。
e0021004_2185382.jpg

本日はずわい蟹と一緒に堪能しました。
[PR]
by km_achin | 2009-04-18 21:22 | 食べ物・飲料

奈緒子

e0021004_22313217.jpg<ストーリー>
ぜんそくの療養のため、長崎県波切島を訪れた12歳の奈緒子(藤本七海)は、風のように走り続ける10歳の少年雄介(境大輝)を舟の上から見つめていた。その後、奈緒子は海に落ち、彼女を救った雄介の父が亡くなってしまう。それから6年の歳月が過ぎ、奈緒子(上野樹里)は陸上大会で天才ランナーに成長した雄介(三浦春馬)と偶然再会する。(シネマトゥデイより)
(2008年 日本)

WOWOWにて鑑賞。
いいねぇ。上野樹里。目の表情だけで、何を思っているか、こちらにヒシヒシと伝わってくるの。
悲劇的な過去のせいで、一時期は拒絶されながらも、どうしても目は彼を追ってしまう・・・。まさに適役でした。
三浦春馬もさわやかで、明るいけれど、ちょっと影があって、よかったわぁ。

駅伝って、テレビでお正月に放映されていても、特に応援するような思い入れのある大学がないので、そんなに真剣に見たことはないです。この映画のように、それぞれのキャラクターや実力などがわかっていると、じっくり見てとても応援したくなります。感情移入して、ときおり目頭が熱くなってしまいました。
私の次男が長距離が得意なので(といってもレベルは低いですが)、練習を積み重ねていずれ駅伝の選手になったりして・・・と妄想したことがあります。ハンカチ王子ハニカミ王子、ときたら次はタスキ王子でしょ。と勝手にビジュアルまで美化して妄想が膨らむ私。

駅伝のシーンで、晴れの日の撮影と雨の日の撮影を無理やりつなげているのは、いかがなものでしょうかね。映画である以上、こんなにあからさまな食い違いはやめて欲しいです。
駅伝で必死に走りながら、しゃべらせるのも違和感があるなぁ。隣で走るライバルとセリフを言いながら、っていうのも、なんだかねぇ。

奈緒子と雄介の、くっつきそうでくっつかない、微妙な距離感がよかったです。ポルノ・グラフティのエンディングもよくて、何回も聴いたくらいです。一般受けしないような気もしますが、私はこの映画、けっこう好きです。
[PR]
by km_achin | 2009-04-14 23:07 | 映画・旧作

グラン・トリノ

e0021004_22292617.jpg今日はヤクルトホールの「グラン・トリノ」の試写会に行ってきました。
半端でない頑固親父のウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)が、だんだん心を開いていくところ、内気な隣人のタオ・ロー(ビー・ヴァン)の心の成長ぶりが、うまーく描かれています。

ウォルトはかなりヨボヨボしていて(私の主観ですが)、若者とやりあったら、一撃(っつーか、ちょっと肩を押しただけ)でノックアウトされてしまいそうなのに、観ているうちに、ものすごく頼れる親父に見えてきます。

ウォルトと理髪店のおやじとのやりとりが笑えるのですが、それにタオが加わったときのやりとりが絶妙です。タオが確実に成長したと感じる一瞬です。

笑えるセリフが随所にちりばめられていて、最後まで飽きさせません。
その地域が抱える問題に、ウォルトがどう立ち向かっていくのか、興味の引っ張り方がうまいです。銃を持ちたい人には、与えてしまうお国柄なので、銃や暴力で悪をねじふせるのか、それとも別のやり方があるのか、気が気じゃありません。

感動するシーンもあり、泣けてしまいました。思い出すと、今でもジーンとしてしまいます。おススメの映画です。
[PR]
by km_achin | 2009-04-11 23:12 | 映画・新作
ゆっくり楽しんだ沖縄旅行も最終日。
長男が一番楽しかったのは「琉球村」で、次男が一番楽しかったのは「沖縄美ら海水族館」。
私はいろいろあって、言い尽くせないなぁ・・・。「タコライス屋しましま」の石焼タコライスはおいしかったし、
e0021004_22393080.jpg「おんなの駅なかゆくい市場」で買ったムール貝のウニソースがけ(写真左)も絶品でした。ウニ嫌いな私もペロリとおいしくいただけました。濃厚なソースで、また食べたいです。ひとつ100円です。
写真右はいもの天ぷらです。沖縄は天ぷらの衣も関東とは違う粉を使っているようで、厚い衣でした(スーパーで沖縄の天ぷら粉が売っていました)。
あぁ、ついつい食べ物の話になってしまう・・・。

e0021004_22311418.jpg <最強食堂>
58号線を走っていると、目に付く黄色のド派手な看板の最強食堂。最終日に寄ってみました。
沖縄チャンポン500円。
沖縄チャンポンというネーミングに惹かれて注文しました。私は「長崎チャンポン」の沖縄バージョンだから、麺だとばかり思っていたら、山盛りご飯の上にカレー&醤油味の野菜炒めがこんもり乗っています。とってもおいしいので、がっつり食べましたが、量がハンパじゃなくて、一人で食べきれず、息子やダンナに手伝ってもらって完食。写真の上部に写っているのは、沖縄そば380円。これは麺が少なめ(長男談)でした。
e0021004_22515035.jpg フーチャンプルー定食500円。
ボリューム満点です。
このお店は地元で働いている人が大勢来ていて、どこかの制服のお姉さんや、営業途中の男性とか、作業着の男性などがいました。味とボリュームで大人気で、満席でした。

楽しい旅でした。また、思い出したことがあったら、記事にしまーす。
[PR]
by km_achin | 2009-04-07 23:05 | 旅行

沖縄旅行・7日目

<宜野座フリーマーケット>
昨日行った宜野湾のフリマが楽しかったので、今日は宜野座フリーマーケットに行ってみました。
9時から開催ですが、出店者が9時に到着して、商品を並べて・・・というペースです。
日曜には90店も出店者がいる、というウワサでしたが、20店くらいで、フリマというより骨董市のような感じ・・・。
昨日宜野湾で出店していた店がこちらでも出店していました。
収穫がなかったので、特産物コーナーで海ぶどうとか、揚げたてのいも天ぷらかぼちゃ天ぷらを購入しました。いも天ぷらは昨日も購入しましたが、柔らかくて甘くておいしいです。

e0021004_1762582.jpg <琉宮城蝶々園>
沖縄美ら海水族館の近くの琉宮城蝶々園
入り口の建物が小さいので、狭い施設なのかと思ったら、思いのほか広い敷地が広がっていました。



e0021004_17141895.jpg蝶々ハウスにはオオゴマダラがいっぱい・・・!
ちなみに造花に蜜をスプレーして、オオゴマダラを寄せ付けています。この花束を手に持って記念撮影ができます。
蝶々ハウスにはオオゴマダラ以外には5種類の蝶々がいますが、天候がイマイチだったので、他の蝶々は一種類しか見られませんでした。
天候がいいと、外の公園にも蝶々が見られるそうです。

e0021004_17184673.jpg <タコライス家 しましま>
TABINCHUという無料情報誌に掲載していて、とても行きたかった タコライス家 しましま
タコライス(600円)はボリュームたっぷり。素敵なお皿で出てきます。



e0021004_17442721.jpge0021004_1745876.jpg







石焼タコライス(700円)はアツアツの石焼鍋に入って出てきて(写真左)、スプーンでかきまぜて(写真右)食べます。
おおっ、タコライスの新しい食べ方!
チーズが全体に混ざって、ピリ辛の味付けがたまらない!
一度食べたら、忘れられないおいしさ。
お店もおしゃれな作りなので、癒されます。

TABINCHUに100円引きクーポンがついています。

<タコライス家 しましま>
国頭郡本部町渡久地1-7
県道84号線を本部大橋向けに。本部マーケット手前の信号を左折、左手
火曜定休
[PR]
by km_achin | 2009-04-05 18:01 | 旅行

沖縄旅行・6日目

e0021004_2194364.jpg <ビオスの丘>
全長2Kmの広大な自然散策路を持つ亜熱帯の森。
色とりどりの花が咲き乱れています。

やぎをお散歩させたり、子供向けのアスレチックや遊具などがあり、楽しめます。
スタンプラリーがあり、広い敷地をくまなく、楽しみながら散策できます。
e0021004_21122373.jpg






e0021004_21143373.jpg







e0021004_21141792.jpg <おんなの駅なかゆくい市場>
恩納村産の野菜や果物、お土産品などが並ぶ市場。
タコライスや沖縄そばとともに、てびちの唐揚げ(2個で480円)を購入。
よく煮込んだてびちを揚げて、あまじょっぱく味付けしてあります。
柔らかくておいしい~。


e0021004_21201028.jpg







e0021004_1628023.jpg <宜野湾フリーマーケット>
いつも土日に開催しているという、宜野湾フリーマーケット。
今日は宜野湾マリーナの道路沿いの並木道での開催(15:00~21:00)。
フリマ好きの私や息子たちは、購入意欲満々でのお買い物~。
これから飛行機で帰るというのに、重いものを買ってしまう私たち。
長男はナイトメアの小物入れとバンダナ(2つで200円)や、漫画本(5冊で100円)を購入。
保温や保冷できるカップ(100円)やペアのビアグラス(200円)など・・・。
出展者が若い家族が多いので、販売しているものもキャラクターものが多くて楽しかったです。
[PR]
by km_achin | 2009-04-04 21:20 | 旅行

沖縄旅行・5日目

e0021004_21282296.jpg <東南植物楽園>
東京ドーム3.5個分の園内に2千種の熱帯・亜熱帯植物が植栽展示されています。
入場料が大人1000円するだけあって、とても細やかな気配りで剪定されています。
はじめて来たのですが、とても気に入りました。

e0021004_21383419.jpgヒスイカズラです。
3~5月が花の時期ですが、すでに散ってしまった部分もあり、これが満開だったらどんなに綺麗だろうかと思います。


e0021004_21414836.jpg


蓮を壷の中で育てていました。
蓮が一面に生えている池がありました。見ごろは6月~10月なので、今は葉っぱだけですが、満開だったらいいなぁ、とここでも思いました。
東南植物楽園のグリーンレイクでは、ナニコレ珍百景に認定された「ひとつのエサに群がる鯉」が見られました。写真も撮ったのですが、あまりにもグロテスクだったので、掲載はやめました。

e0021004_21454858.jpg <山田水車屋>
店のオーナーが手作りした水車のある、沖縄そばのお店。
かわいいマングースが見られたり、パターゴルフで遊べたり、仮眠がとれたりするアイデア満載のお店でした。


e0021004_214916.jpg水車そば・・・500円
とても柔らかい肉と玉子焼きがのっています。お肉はコラーゲンがとれそうなプルンとした部分がついています。おつゆもおいしいです。




e0021004_21531675.jpgジューシー(スープつき)・・・400円
よもぎ(のような葉)が炊き込んであるジューシー。よもぎの味わいで香ばしいです。

<山田水車屋>
恩納村山田1309-1
58号線沿い

e0021004_21582669.jpg <琉球村>
国・登録有形文化財の琉球村です。
古いものでは築200年の家屋が移築されています。
本物ばかりなので、感激してしまいました。


e0021004_2244751.jpg


ちょっとした石垣がいい雰囲気です。





e0021004_2227202.jpg







e0021004_2230828.jpg








e0021004_22301052.jpgJTBのEnjoyフリーパスで入場したので、JTBのお客様のみにお茶とお菓子がいただけました。
はじめて食べたポーポーというお菓子は、黒糖入りの厚めのクレープをクルクル巻いたもので、とても柔らかいです。
息子たちが気に入って、買って帰りました。
[PR]
by km_achin | 2009-04-03 22:05 | 旅行

沖縄旅行・4日目

e0021004_22553443.jpg <ネオパークオキナワ>
フラミンゴやオニオオハシ、リャマなど、鳥や動物と触れ合える場所。
かなり至近距離に鳥が近寄ってくるので、悲鳴を上げる子供たちもいます・・・。
広い敷地のせいか、もう少し手を入れて綺麗にしてみたらどうかな、と思う場所も・・・。特に水中トンネルは窓の汚れがひどく、魚がよく見えません。

e0021004_230357.jpg <ナゴパイナップルパーク>
言わずと知れた、パイナップル食べ放題の観光施設。
沖縄に来たら、ナゴパイナップルパークは必須でしょう、という親子で楽しめる場所です。
パイナップルの形をしたカートで園内をまわったり、パイナップル畑を散策したり、植物園を見たりできます。
去年は蘭が咲き乱れていたのに、今年は見られませんでした。枯れちゃったんでしょうかねぇ。
たらふくパイナップルを食べ、おみやげの試食をし、おみやげもごっそり買ってきました。
恒例となった出口での「もずくうどん」の試食と、大量購入も忘れてはいませんよ。
e0021004_2310272.jpg <ゴーヤーパーク>
入場無料で、ゴーヤー茶工場の見学や、ゴーヤーのビニールハウス内が見学できます。
ここでは、いつもゴーヤーの「うちなーふりかけ」や、ゴーヤー茶、お菓子などを購入しています。
今回はレンタカー屋さんでもらったおみやげチケットを引き換えると、写真のような豪華なセットを4袋もいただきました。
ゴーヤー茶は痩せる効果があるので、うれしい!!

e0021004_23194350.jpg <やんばる亜熱帯園>
去年、この施設に行って、5分で観終わる施設と酷評したのですが、家族の反対を押し切って今年も行ってしまいました。
だって、Enjoyフリーパスの10施設のうちのひとつなんだもん。
今年も5分でまわれました。
自生しているヘゴの原生林の規模が県内一なんだそうです。
手を加えないのもいいとは思うのですが、朽ち果てた小屋みたいのがあったりして、他人の庭に勝手に入ってしまったような居心地の悪さがあります。
e0021004_2329565.jpgアンスリウムが綺麗に咲いていたので撮りました。






e0021004_23364033.jpg <OKINAWAフルーツランド>
OKINAWAフルーツランドはスタッフの施設への愛情が感じられる、素晴らしいところです。
フルーツの生っているところは、わかるように表示していたり、ところどころにテレビが置いてあり、解説していたり。花も至る所で咲いているので、とても癒されます。沖縄に関するクイズの看板があったりして、とても親しめる内容になっていました。


e0021004_23402019.jpgいろいろなところに、小さいものから大きいものまで、シーサーやブタの置物があり、これも和ませてくれました。
売店でも売っていましたが、この置物はOKINAWAフルーツランドのオリジナルなんだそうです。
かわいいですよねぇ。


e0021004_23412679.jpgフルーツや蝶や鳥や植物、いろいろな見所があったのに、置物ばかり写真に撮る私・・・。
でも、置物ひとつにしても、かわいらしく演出していると思いませんか?
おススメの観光スポットです。
[PR]
by km_achin | 2009-04-02 23:05 | 旅行