「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

<   2008年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

しあわせのかおり

e0021004_13141749.jpg先日、有楽町朝日ホールの「しあわせのかおり」の試写会に行ってきました。シネスイッチ銀座で映画を観たときに「しあわせのかおり」の予告編が流れていて、ちょっとホロッときそうな予感がして、楽しみにしていました。

この映画は、お料理シーンが満載です。中華なべでジュワーッとおいしそうに炒められる具材、皿に盛り付けられるときに油がパチパチする音、毎日変わる定食のメニューの豊富さ。
こんなにおいしそうな料理が食べられるのなら、私も毎日“小上海飯店”に通いつめたいと思わせます。

試写会で配られたアンケートに「ズバリ泣けましたか?」という質問があったように、泣かせるように作られた映画のようです。でも、私は全然泣けませんでした。けっこう涙腺は弱めなんですけど。
何が涙の後押しをしてくれないかと考えると、貴子(中谷美紀)の演技過剰な表情が私には受け付けられなかったです。顔がとても痩せてしまっていて、貴子が食べていてもおいしそうに見えないです。
もぎたてのトマトを貴子が食べるシーンがあるのですが、トマト嫌いな人が申し訳程度にかじっている姿にしか見えません。もっと豪快に食べんかいっ!

貴子に思いを寄せる(らしい)男性の出現もありますが、「なんで?」。いらなくない?

e0021004_13372768.jpg今回の試写会はなんとおみやげつき。
おいしい「森のたまご」。映画で出てきた「トマトと卵の炒めもの」「サンラータン」「フルーツカスタード春巻」のレシピ付き。
おみやげをもらった映画なのに、こんなにケナシちゃ申し訳ないっ!
ってことで、
久しぶりに観た藤竜也さん、素敵でしたぁ~。頑固おやじとしても、目じりのさがった優しい表情のときも。藤竜也さんが堪能できる映画です。王(藤竜也)さんが社長(八千草薫)に「今でも」と言うシーンにグッときます(私だけかも?)。

今日は「トマトと卵の炒めもの」を作ろうかな。
[PR]
by km_achin | 2008-09-28 13:52 | 映画・新作
e0021004_2046473.jpgWOWOWで10月13日(月・祝)に全6話を一挙放送するドラマ「ロスト・ルーム」の試写会に、シネトレさんのご招待で行って来ました。

今回はアキバシアターという音響設備の整っているゆったりとした空間で第1話と第2話を鑑賞。

「ロスト・ルーム」はサスペンス要素がたっぷり。そして不思議な力を持つ「オブジェクト」が次々に出現し、ファンタジーっぽくもあります。ファンタジーといっても、焼死体とかが何回も出てくるので、かなり覚悟はいりますが。
ふとしたきっかけで「鍵」を手にしたジョー(ピーター・クラウス)。「鍵」はアイデア次第でいろんなことができちゃうのですが、持っていると身辺に悪いことが起こってしまうのです。ジョーは「鍵」を手放してもいいと思っているものの、行方不明になった娘アンナ(エル・ファニング)を探すには「鍵」と他の「オブジェクト」を組み合わせなければならないんです。「オブジェクト」は誰が持っていて、どんな使い方をするんだろう?という謎解きが面白いです!
ハマっちゃいました。

私の観た1話・2話ともイタチ(ロジャー・バート)がかなり重要な役柄で出ています。私の大好きな海外ドラマ「デスパレートな妻たち」のブリーの浮気相手の薬剤師さんですね。
もともと気持ち悪いビジュアルなうえに不精ヒゲ!ゾゾゾ~ッ
インパクトあります。

とても面白い作品です。大人向けの絵本みたいなところもあるかな。「ロスト・ルーム」を観ながら、「ミッケ!」という絵本を思い浮かべましたもの。「ミッケ!」も「鍵はどこかな?」とか「時計が4つあるよ」とか探させる絵本なんですよ。

全6話なので、一日で一気に観られて一気に解決という潔さがマルです。私も残りの4話が気になって気になって・・・。はやく放映日にならないかな。

2008年10月13日(月・祝)、午後1:00~WOWOWにて放送(全6話)

(C) MMVI Motel Man Productions Inc. All Rights Reserved.
画像はシネトレさんの提供です。
[PR]
by km_achin | 2008-09-27 21:24 | ドラマ

蛇にピアス

e0021004_22373284.jpgGyaO「蛇にピアス」の劇場鑑賞券が当たったので、観に行ってきました。私の好きな分野ではない映画だけど、スプリットタンがどんななのかとても興味があったんですよね。

「蛇にピアス」の原作は読んだことはあります。芥川賞受賞作ということで話題になりましたから。読んだけれど、何も心に残らず。芥川賞の審査基準と私の感性は違うんだなぁ、ってことですね。だから、内容はほとんど覚えていません。

私は本より、映画のほうが理解できたかも。
それにしても、舌に穴開けたり、舌の先が割れていたり(スプリットタン)、刺青彫ったり、どこまでリアルでどこからCG?
気になって眠れない~。そのうち撮影秘話をネットで探そうと思います。

あんなにかわいらしい女の子の背中に龍と麒麟が~!!
私、すっかり親の目線で観てますから。「そんな子に育てた覚えはないっ!」と。
映画を観終わって、若い子を見る目がすっかり変わってしまいました。

グロテスクになりそうな描写も主演のルイ(吉高由里子)の美しさで芸術的に見せていたと思います。ルイの刺青は綺麗だったけど、シバの刺青はどうよ。

とりとめのない感想になってしまいましたが、最後に一言。
唐沢寿明は浮いていたと思います。
[PR]
by km_achin | 2008-09-25 23:00 | 映画・新作

幸せの1ページ

e0021004_16455553.jpg「幸せの1ページ」は試写会が当たっていたのに、別の試写会と日程が重なってしまったので、泣く泣くお友達に観にいってもらった作品です。
ようやく観にいってきました。

この映画、チラシのイラストがとても美人な若い姉さんアビゲイルちゃんだったのよ。この若い姉さんは誰?と思っていたら、ナント!ジョディ姐さん
イラストの女性と映画の中の彼女とのギャップが・・・。

とはいえ、いつも隙のない化粧をしているイメージのジョディ姐さんが、顔の小じわ(大じわ)も隠さず、やけに不器用な女性を演じていて、とーってもかわいらしかったの。
冒険小説の作家らしく何かよいアイデアをひねり出すのかと思ったのですが、そう役に立つわけでもなく。ネットの情報に頼っているようじゃ、仕方がないかもしれませんね。
でも、アレクサンドラ(ジョディ・フォスター)の「独りぼっちなのかい?」という問いかけには、ちょっとウルッとしてしまいました。

ニム(アビゲイル・ブレスリン)と仲間たちは大活躍でしたね。ニムと仲間たちの連携プレー(?)、そしてニムのパパのサバイバル能力をしっかりと見せられた映画です。

子供と一緒に観ると楽しめそうですね。動物たちもかわいらしいし。ツッコミどころがありますが、子供向けと思ったら気にならないし。私も楽しめましたよ。童心にかえって。
[PR]
by km_achin | 2008-09-21 17:25 | 映画・新作
e0021004_20473792.jpg7月29日に「パコと魔法の絵本」完成披露試写会に行ったのですが、もう一度劇場で観たいのと、息子たちにもぜひ観せたくて、今日また「パコと魔法の絵本」を観に行ってきました~。同じ映画を2度も劇場で観るのは初めて。それだけこの映画を気に入っているのです。

私、「パコと魔法の絵本」がこんなに混んでいるなんて思いもしませんでした。1時間半前に着いたらほぼ満席で家族4人バラバラに座るか、4時間先の回にするかと問われ・・・4人バラバラを選びました。せっかく一緒に行ったのにねぇ。

試写会のときは大人が多かったから、みんなズルズル鼻をすすったりしていましたが、今日は子供が多く、鼻すすり度は少なかったような。泣き叫ぶ幼児や、ポップコーンを床にぶちまける子供、「まだ、終わらない?」と問いかける子供の声が、静かないいシーンで響き渡り・・・。

2回目鑑賞でも、また泣けちゃいました。
いろんな意味で弱い人間が集まっている病院。「俺は弱い人間だったのかな?」と問いかける大貫(役所広司)に「強くなきゃいけないんですか?」と言う浅野先生(上川隆也)。いいこと言うじゃん、浅野~!ただのピーターパンのコスプレ王子じゃなかったのね。それでまた「思いっきり泣けばいいんですよ。」とたたみかけるのよ。
泣かせる音楽とともに言われると、こちらも思い切り泣いちゃいます。ううっ。

e0021004_21342485.jpgパコのかわいらしい声の音読も、大貫のめりはりのある音読もよかったです。何度同じところを聞かされても、嫌にならないんですよね。



e0021004_2116153.jpg
どのキャストのキャラクターも大好き。それぞれのエピソードに無駄がないというか。タマ子(土屋アンナ)の怒鳴る声には愛情がたっぷりあって、意外に照れ屋なところがかわいい。
木之元(國村隼)のウワサ話にみんな(私も)すっかりだまされるけど、憎めない間違いなのよ。そして彼女のテーマ音楽はなぜか「魅せられて」。とーっても懐かしいんですけど♪
阪神ファンを彷彿とさせる龍門寺(山内圭哉)のティンカーベルはかなりツボです。

遊び心いっぱいで、泣けて笑えていい映画です。綺麗な色使いが、どのシーンも絵本のよう。ぜひ大画面で堪能してほしいです(って、私は宣伝マンかっ!)
我が家の息子たちも「面白かった~!」と大満足です。「あのボタン欲しい~」と言ってました。
[PR]
by km_achin | 2008-09-20 21:42 | 映画・新作

リプリー

e0021004_21475470.jpg<解説>
「太陽がいっぱい」として映画化されたパトリシア・ハイスミスの原作を「イングリッシュ・ペイシェント」のアンソニー・ミンゲラが映画化。アメリカ人の富豪から、ヨーロッパで放蕩三昧の息子ディッキーを連れ戻してほしいと頼まれたトム・リプリー。彼は大学時代の友人と偽りディッキーに近づくが、次第に彼の魅力に惹かれていく。だがバカンスは永遠には続かない。ディッキーの本心を知ったリプリーは、やがて彼に成り代わろうと考えた……。(allcinema ONLINE)
(1999年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
放蕩息子ディッキー役のジュード・ロウ。ステキ~!キャーッ!
遊びなれた粋な青年。視線の持っていき方がジェームス・ディーンを彷彿とさせるわぁ。最近の彼は頭髪のあたりがあれっ?て感じですが、10年前の作品でも剃りこみ入っちゃってるんですねぇ。でも、金髪の前髪がくるりーんとしてキュート、っていうか、すべてがかっこいい。思ったより胸毛がぼーぼーでびっくりしたけど、ヨシとします(ってエラそうですか?)。
しばらくジュード・ロウのプロモーションフィルムかと思っていたら、だんだんストーリーがたいへんな方向へ!

主人公のトム・リプリー(マット・デイモン)。そうです。主人公はジュード・ロウではないのです!
以下、チョットネタバレ。
なんだか垢抜けない、きっと同じクラスにいても印象に残らないタイプのトム。オドオドした感じの彼が、ディッキーと一緒に過ごすうちに変わっていくんですよ。多少変わるのはアリだとは思いますが、あそこまで変わる?てかディッキーになりすます?似てないだろー?

ストーリーがトム目線なものだから、どうしてもトムの気持ちで映画を観るようになりますが、絶対絶命のピンチ(隠し事がバレそう)になるたびに短絡的にトムが起こす行動に、「もう隠せないから打ち明けようよ」との思いがどんどん強くなり、すごーくストレスがたまってしまいました。それに、なんで逃げない?逃げようよ。自分とディッキーのことを知っている人がウヨウヨしている街になぜずっと?
隠し事と犯罪のストレスが私に伝染している~。あぁ、立ち直れない。

なんだかんだ言いつつ楽しめた、最後まで目が離せない展開の映画でした。
[PR]
by km_achin | 2008-09-17 22:17 | 映画・旧作
e0021004_13115621.jpg浅草橋のお気に入りのビーズ屋さん
Parts Club」が2周年イベントで9月11日から13日までダブルポイントもらえたり、2100円以上のお買い上げでエコバックがもらえます。
そして、私の期待する福袋の販売がありました~。福袋は2016円か3129円の二種類があり、私は3129円を買いました(友達に買ってきてもらいました)。
見てみて~(^o^)
いったいいくら分入っているのかと思ったら、9810円分(子供に計算させました)。
中でも高額なのは6mmのトルコ石20cm(1365円)、淡水パール40cm(956円)。
フルーツストラップのキット(1365円)はちょっと微妙なデザインですが、ちゃんと本物のスワロが入っているので好感がもてます。キットのものって安い素材でぜんぜん綺麗じゃないときがあるんですよね。

果たしてこれだけの素材を使いきれるのか?という疑問もあるものの、いつもは買わないちょっとお高めの素材を、どう生かそうかと創作意欲まんまんであります!
[PR]
by km_achin | 2008-09-13 13:40 | お気に入り

おくりびと

e0021004_23325346.jpgニッショーホールで「おくりびと」の試写会を観てきました。

今まで知らなかった職業「納棺師」。小林(本木雅弘)が納棺師の会社に転職して、仕事のプロになる姿を描いた映画だと思って観にいったところ、それだけではなく、とても深~い映画でした。

前半は小林がたまたま面接に行った「旅のお手伝い」の会社でのやりとりで、絶妙な間といい、セリフといい、クスクス笑いが絶えませんでした。
さんざん観客を笑わせておいて、小林がさまざまな死に係わっていくうちに、親子の愛や、亡くなってから気づく大切なことなどがじんわりと表現され、涙が止まらなくなってしまいました。
音楽が久石譲さんなので、ますます泣けます。一回泣いてしまうと、同じフレーズの音楽が流れるたびに号泣です。ううっ。

いつも銭湯で将棋を指しているおじさん(笹野高史)。この映画では銭湯につかっているだけの役かなぁ、などと思っていたら、後半から本領発揮。またまたこの人の言葉に泣かされました。まったく、いつもおいしいところを持っていく役者さんですね。大好きです。

小林の納棺師の仕事は芸術的です。ご遺体に最後の着物を着せてくれる姿のりりしく、美しいこと。劇中、納棺師の仕事を蔑むような発言をする人たちが出てきますが、一度小林の仕事を見たらそんなことは言えなくなります。自分の最後を、あんなに大事に綺麗にしてくれるなんて!
この映画を観た後は、みんなが彼に送ってほしいと思うことでしょう。納棺のほかにチェロの演奏もよろしくお願いします。

親子の関係をもう一度考えたくなる素敵な映画です。タオルとティッシュはお忘れなく。

ところで奥さん、タコはNGでニワトリはOKですか?・・・私はタコはOKですがニワトリはちょっと・・・。
[PR]
by km_achin | 2008-09-09 23:53 | 映画・新作

ザ・ワイルド

e0021004_222137.jpg<ストーリー>
極寒のアラスカで二人の男が繰り広げる決死のサバイバルを描くサスペンス・アクション。チャールズ(アンソニー・ホプキンス)は、莫大な富を有する初老の富豪。彼は、カメラマンのロバートが自分の若妻と不倫していると疑惑を抱く。ある日、二人が乗った飛行機が事故で墜落、彼らはアラスカの原生林に投げ出される。お互いに疑惑と殺意を抱きながらも、仕方なく協力して脱出を目指す二人。だが、彼らの前に凶暴な人食い熊が立ちはだかる。(Yahoo!映画より)
(1997年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
チャールズ(アンソニー・ホプキンス)のサバイバルの知識に脱帽。大富豪って人に命令はすれど、わがままで何にもできないのかと思ったら、いえいえ、どこでそんな知識を身につけたの?と驚きの連続。そして一緒にアラスカに取り残された二人が、かなりの足手まといなのにも拘らず、ちゃんと仕事を与え、説明をし、素晴らしいリーダーシップなんです。上に立つ人はこうでなくちゃ、という鏡のような人です。チャールズの言うことを聞いていれば、もっと早く救助されただろうに(発炎筒の使い方とかね)、そうはいかないのがドラマなんです。

食べるものがないから、熊は食べるだろうな、とは思っていましたが、熊のコートまで出来上がっているのには驚き。あれは皮膚からペロッとはげるものなんですか?
暖かそうでした。生臭そうですが。

見ごたえのある映画です。今度、山の中でどちらが北か当ててみたいと思いました。
[PR]
by km_achin | 2008-09-08 22:16 | 映画・旧作
e0021004_22543616.jpg<ストーリー>
ロンドン郊外の中学校で歴史を教える初老のバーバラ(ジュディ・デンチ)は、若く美しい新任の美術教師シーバ(ケイト・ブランシェット)に興味を抱く。家族も親しい友人もおらず、飼っている猫だけが心のよりどころだったバーバラは、シーバとの友情に固執するようになる。しかし、ある日、シーバの秘密を知り……。(シネマトゥデイ)
(2006年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
なんだか覗き見しているような気分になりました。

以下ネタバレあり。
シーバ(ケイト・ブランシェット)が中学校の教え子と禁断の仲になっちゃうわけですよ。でもってシーバ自身も学生時代の教師と結婚したということがあるんです。うわぁ、ワイドショーで取り上げそうな感じですねぇ。たまにワイドショーで「女性教諭が教え子と逃避行」なぁんて事件が取り上げられると、気になっちゃって。どんな容姿の先生なんだろうか?やっぱり色っぽいのか?・・・かわいいorかっこいい生徒はいるだろうが、手を出しちゃまずいだろ・・・とか、妄想で頭がいっぱいに。
「あるスキャンダルの覚え書き」のシーバは美しく、とても若く見えます。とても子供がいるようには見えないです。事件が発覚したあと、シーバが自分の娘に「私の彼より年下の男と!」とブチ切れられていたので、娘は高校生くらいなのかな?

シーバのことが気になって、私はバーバラ(ジュディ・デンチ)をあまり注意して見ていなかったんですが、思い返すと気色悪いことばかり。
ずーっとしたためている日記は、自分が興味を惹いた女性のことをつづっていて、ひとつの恋(のようなもの)が終わると新しい日記帳にしているもよう。本棚にぎっしりと並べてあった日記帳。そして、バーバラがお風呂に入っているときに「今まで誰も私に触れなかった」というようなことを言っていたということは、全部片思い?
考えれば考えるほど気持ち悪い~。ある意味とてもインパクトのあるキャラクターでした。
ヘビーな映画でした。
[PR]
by km_achin | 2008-09-06 23:23 | 映画・旧作