「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

<   2008年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

インサイダー

e0021004_22263725.jpg<ストーリー>
CBSの人気報道番組『60ミニッツ』のプロデューサー、ローウェル・バーグマン(アル・パチーノ)はタバコ産業の極秘資料を入手。彼は全米第3位の企業ブラウン&ウィリアム(B&W)社の元研究開発部門副社長ジェフリー・ワイガンド(ラッセル・クロウ)と接触。彼はB&W社が利潤追求のためタバコに不正な手段で人体に有害な物質を加えているという秘密を握っていたが、病気の娘の医療手当をはじめ家族の生活を守るため、B&W社の終身守秘契約に同意していた。(goo映画より)
(1999年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
158分と長い映画でした。パソコンやりながら観ていて重要らしき部分をスルーしちゃったり、うっかり居眠りとかしちゃって、「いかん、いかん、面白そうな映画なのに!」と自分を叱咤しながら、何度も頭から見直すこと数回。足掛け3日くらいかけて、ようやく見終わりました。ふーっ。

訴訟とか告発ものの実話はとても興味のある分野です。この映画も、悪者がわかっていて、なんとかガツンと言わせたいところですが、じわじわと脅迫めいたことをされて、ワイガンド(ラッセル・クロウ)が追い詰められていきます。大手の企業が裏であんなコワイ脅しをするなんて!!日本の企業はどうなの!?と心配になります。
マイケルー・ムーア監督のシッコ(SiCKO)でアメリカの医療保険制度の現実を知りましたが、この映画で、ワイガンドが気にしているのはブラウン&ウィリアム(B&W)社が医療保険を継続してくれるということです。アメリカの医療保険の実態を知らなければ、医療保険を打ち切られることに危機感を持っているワイガンドの葛藤もわからなかったかもしれません。

私が期待するようにストーリーはすんなりとは進まず、誰が敵なんだか味方なんだか混乱しながらも、それぞれの名演技を堪能しながら観られる、見応えのある映画でした。

天才を演じるラッセル・クロウって好きかも。以前観た「ビューティフル・マインド」の天才数学者の役も印象的でした。
[PR]
by km_achin | 2008-06-29 22:53 | 映画・旧作

偶然の恋人

e0021004_20214440.jpg<ストーリー>
クリスマスも近いある日。ロサンゼルスの広告代理店に勤めるバディ(ベン・アフレック)は、出張先の空港で飛行機が欠航となり足止めを食らう。その合間、脚本家のグレッグ(トニー・ゴールドウィン)と知り合い意気投合。バディの便はまもなく出発することになるが、家族の元へと急ぐグレッグにチケットを譲るのだった。しかし、その便は墜落事故となりグレッグは死亡。それから数ヵ月後、罪悪感に苛まれたバディは酒に溺れ、アル中になってしまう。リハビリ施設で健康を取り戻したバディは、グレッグの残された家族を訪ねるのだが、二人の子供を抱えながら悲しみを乗り越え生きる彼の妻アビー(グウィネス・パルトロウ)に惹かれ、正体を告げぬまま親密になっていく。(goo映画より)
(2000年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
ストーリーの前半、バディ(ベン・アフレック)がいけすかないヤツなんです。オレさまぶりが鼻につくんですよねぇ。とても彼を応援できません。
そう思っていたのに、中盤から、なんとかうまくいってほしい、と思ってしまうのはナゼなんでしょう。ちょっとは改心したから?

アビーが夫が亡くなったと説明するのが嫌で、「夫とは離婚した」とウソをつく理由に、ジーンときてしまいました。
ただのラブストーリーでなく、大切な人を失った焦燥感とか、自分が悪かったのではないか、といつまでも負い目を感じていたことなどが、うまく表現できていた作品だと思います。
[PR]
by km_achin | 2008-06-26 20:23 | 映画・旧作
e0021004_205575.jpg昨日、C.C.Lemonホールの「歩いても歩いても」プレミア試写会に行ってきました。
招待ハガキには、阿部寛さんが舞台挨拶されると書いてあったので、もう何日も前からワクワクしていました。

当日の舞台挨拶は、昭和の雰囲気をかもし出している部屋のセットに、阿部寛さん 、 夏川結衣さん 、 YOUさん 、 樹木希林さん、是枝裕和監督が座って、お茶を飲み、すいかを食べ、という和やかなシチュエーションで進行しました。
夏川さんの髪の毛がサラサラのストレートヘアで、小顔でとってもかわいいんです。まるで20歳くらいに見えるので、「何の役だろう。誰かのお嬢さん役?」なんて思ったら、阿部ちゃんの奥さん役でした。びっくりです。本編の映画は違和感なかったですが。
撮影は去年の8月だったそうで、久しぶりにみなさんが集まったそうです。

樹木希林さんは、「是枝監督が撮るとみんないい役者に見えるのよ。」と言っていましたが、実際に映画をみたら、本当にみんないい役者に見えました。子役も自然でとてもよかったです。


母(樹木希林)娘(YOU)の会話が妙に笑えました。父(原田芳雄)はただの頑固なおやじかと思わせておいて、意外とかわいい部分もあったりして、みんながトゲのある言葉を言いながらも憎めない人たちばかりでした。
「こんなこと我が家にもあるよなぁ」という日常を切り取っているので、共感できる箇所がどこかにあるはず。親にしてみれば、年に少なくとも二度くらいは帰省してもらいたいのに、子どもは「当分行かなくてもいいや。」と思うものなんですよね。

久しぶりの大家族になった夏の一日。母と娘がずーっと料理をしていて、とてもおいしそう。ごはんに枝豆とみょうがの千切りを混ぜてましたが、あれは何の料理だったんでしょう。

娘一家が冷蔵庫を開けたままでグビグヒ麦茶を飲むシーンがあり、ずうずうしさを現したのかと思いますが、「エコに反する~!!」とイラッとしたのは、私だけではないハズ。

良多(阿部寛)の義理の息子アツシが優等生っぽくて、ぜんぜん打ち解けないのが、だんだん笑みがこぼれるようになる過程がよかったですね。ベタなんだけど、演技のうまさで、いい感じでした。将来の夢を語ったりして、どんな青年になるのかしら、楽しみ~、と思ったんですが、ちょっと意外なビジュアルになったりして・・・。ふふ。

ほんわかとした作品でした。何が言いたかったのか?と聞かれると、「なにげない日常」・・・ですか?
[PR]
by km_achin | 2008-06-25 21:44 | 映画・新作
e0021004_22345959.jpg浅草今半
浅草に行くたび、気になっているお店ではありますが、まだ行ったことありません。

百貨店をブラーッと見ていたら、目についてしまいました。
浅草今半牛肉つくだ煮
炊きたてのご飯にのせて食べるところを思い浮かべて、おもわずのどが鳴っちゃいました。
手始めに牛肉れんこん牛肉ごぼうをお買い上げ~。

e0021004_22483146.jpg牛肉れんこんでーす。
ご飯だけかよっ!と軽くつっこみが入りそうな写真ですが、牛肉れんこんを引き立てるためにあえてシンプルに(苦笑)。
れんこんは歯ごたえがあり、牛肉はやわらかく、お味は上品な甘じょっぱさ。ときおり生姜の味がして、ひきしまります。これでご飯は何杯でもいけます。このつくだ煮さえあれば、他のおかずなどはいらない。はっはっはっ!

e0021004_22572546.jpg拡大写真。
以前いただきもので食べたことがある夫は「前はもっとしょっぱかったような・・・。」と言っていましたが、時代の流れで減塩方向へ行っているってことでしょうか。ちょうどいい塩加減です。食べすぎても、へっちゃらな感じ。
ちなみに私が買った小箱は80g入りで
525円です。

ホームページによると、
・・・浅草で食べる牛鍋は江戸っ子が好む粋な味の代表でした。
この粋な味を「家庭に持ち帰りたい」というお客さまのご要望をヒントに、三代目・髙岡元一が研究に研究を重ね、昭和20年に「牛肉すきやきつくだ煮」が誕生しました。日本古来のつくだ煮という食文化に、浅草今半は「すき焼」のエッセンスを注ぎ込んだのです。・・・


なるほど。由来を知るとますますおいしさが感じられます。我が家で味わえる贅沢ですね。

おいしかったので他の商品も試したいところ。他には牛肉しめじ牛肉しいたけ、、牛肉すきやき牛肉たけのこきゃらぶき牛肉やわらか煮のラインナップがあります。もし、私に何かお礼がしたいという人がいましたら、ぜひ、お好み小箱詰め合わせの4種入り、もしくは6種入りを下さい。
[PR]
by km_achin | 2008-06-23 23:20 | 食べ物・飲料

ザ・マジックアワー

e0021004_1734263.jpg友達から劇場限定の映画チケットをもらったので、「ザ・マジックアワー」を観て来ました。

最初から笑わせてくれるのかと待ち構えていたのですが、はじめは備後(妻夫木聡)マリ(深津絵里)の危機を描いているので、至って真面目でした。

早く笑わせてくれないかな~、と待ちわびていたところ、ボス(西田敏行)村田(佐藤浩市)の初対面のシーンからドッカンドッカン(古いたとえ?)笑いが来ました。「オレがデラ冨樫だ」という自己紹介がおかしいのよぅ。いまだに思い出すと笑いが・・・。

お互い勘違いしたまま、話だけはかみ合っているのは、お笑いのアンジャッシュのコント(大好きなの)を見ているよう。
観客は「いつバレてしまうんだろう。」とヒヤヒヤしているのに当事者はなんのその。

e0021004_17474562.jpg佐藤浩市さんの芸域の広さとユーモアにすっかり魅了されてしまいました。備後にあんなにドツかれていいんですか?と心配になってしまうくらい、売れない役者をみごとに演じていました。
深津絵里さんがとても美しかったです。アンティークな髪型と化粧がとても似合っていました。
妻夫木聡くんは思っていたよりおでこが広いんですね。
戸田恵子さん、いつもより老けてみえました。いろいろな髪型とドレスでおめかししているのに・・・。

涙が出るくらい笑えたし、ちょっとホロッとくるシーンもあり、楽しい映画でした。きっとテレビ放映で観たら、気が散ってそれほど笑えないような気がするので、映画館でぜひ観客一体となって笑って観て欲しい映画です。
[PR]
by km_achin | 2008-06-22 17:54 | 映画・新作
最近テレビでジッタリン・ジン(懐かしい~!)の「夏祭り」をよく聴きます。
「夏だ!祭りだ!SANKYOだ!」のCMなんですが、このナレーションをやっているのが誰か???というクイズをやってるんです。知ってました~?
聞き覚えがあるんだけど、誰かなぁ・・・。

e0021004_229488.jpgパソコンか携帯で答えれば、抽選で
祭りコース:有名ホテルペア宿泊(2泊)
  +JTB旅行券10万円・・・80組160名
夏コース:一日限りの「大夏祭り大会」
  グループご招待券・・・920組3680名

が当たるのです。
(右の写真、キャンペーンとは関係ないけど、宿泊が当たったときのイメージとして昔撮ったものを載せてみました。だって、写真がないと寂しいブログになっちゃうんだもん。)

夏コースの賞品である「大夏祭り大会」(7月21日13時~)は有名芸能人多数参加ミニライブ開催だそうで、なんて魅力的!
有名芸能人って誰かしらぁ~?CMのナレーションをしている彼はきっと来るよね!
7月21日(月)は予定を空けとかなくちゃ!(もう当たったつもり)
私ももちろん応募するけど、友達にも応募するように声をかけなくては!
あ~、わくわくするわぁ。

ホームページでもCMを再生できるので、何回も聞いてます。
でもなかなかコノ人!ってわからないので、ヒントを覗いたりして・・・
あ~わからない・・・もどかしいわぁ。
でも7月4日の締め切りまでヒントが増えていくらしいので、毎日覗こうっと。

パチンコ店で着メロプレゼントカードを無料配布しているんですって!
ジッタリン・ジンの代表曲、夏祭り・プレゼント・エブリデイ・にちようびの4種類がゲットできるそうです。
着メロゲットで懐かしさに浸っちゃおうかしら・・・(遠い目)。
[PR]
by km_achin | 2008-06-18 00:29
e0021004_19315257.jpg今朝、チラシを見ていたら、
な、な、なんですとぉ~!
西友でミロを買うとケロロ軍曹のコップがついてくるのであります!
早速、作戦会議。
そして長男に「学校から帰ったら、おつかいに行ってくること。ミロを2個購入のこと。」と指令を出しました。
ネスレのミロが298円の特売であります!

この間、ディスカウントストアでミロが安かったから8袋も購入したばかりなのだが、ケロロのおまけがついてくるとなれば、買わないわけにはいくまい。

e0021004_1938135.jpgプラスチックのコップなので、すぐに傷ついてしまいそうであるが、息子たちはご満悦。
ケロロ軍曹のフィギュアがコップの下部に収納できるのであります。
かわいいなぁ・・・。
[PR]
by km_achin | 2008-06-16 19:45 | ポケモン・ケロロ軍曹・他

ダブル・ジョパディー

e0021004_19201066.jpg<解説>
身に覚えの無い夫殺しの罪で投獄されてしまったヒロインのリビー(アシュレイ・ジャッド)。実は死んだはずの夫は生きており、彼女は罠にはめられていたのだ。彼女は保護監察官のトラヴィス(トミー・リー・ジョーンズ)と共に、愛する息子を取り戻すべく夫への反撃を開始する。切り札は「同じ人間を2度殺す事はできない」という法律の落とし穴“ダブル・ジョパディー“だ。当初予定されていたジョディ・フォスターに代わってヒロイン役に起用された、アシュレイ・ジャッドの好演が光る。(Yahoo!映画より)
(1999年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
9年前の映画になりますが、WOWOWの番組ガイドを見ていて、面白そうなサスペンスなので録画して観ました。

リビー(アシュレイ・ジャッド)のスッピンの時と、パーティー用のフルメイクの時の差がすごいです。あれだけゴージャスになれば、招待状がなくてもパーティーにもぐりこめてしまいますね。うらやましい~。でも、左眉が上がりすぎてます。指名手配の写真も左眉が上がっていて、ものすごく特徴をとらえています。すぐ捕まってしまいそう。

この映画での収穫は、ほんの脇役かと思っていたトラヴィス(トミー・リー・ジョーンズ)が、しっかり重要な役柄を演じ、意外と(失礼!)かっこよかったところでしょうか。そして、今、ネットでトミー・リー・ジョーンズの略歴を見ていてビックリ驚愕な事実が!
「大学はハーバードの英文学を専攻(ルーム・メイトはゴア元副大統領)。」
缶コーヒーと八代亜紀が好きな宇宙人だと思っていたのに(・・・違うか)。

私にはなじみのないダブル・ジョパディーという法律ですが、最後まで楽しめる映画でした。
[PR]
by km_achin | 2008-06-15 19:41 | 映画・旧作

いま ここにある風景

e0021004_23181935.jpg昨日は、サイエンスホールで「いま ここにある風景」の試写会に行ってきました。
国際的な写真家のエドワード・バーティンスキー氏のトークショー付きです。

中国と言えば、工場から出される煙だとかCO2だとか、空気が悪いイメージがあり、北京オリンピックは健康被害は出ないのだろうか、と漠然と思っていました。
この映画は、中国の発展する産業がもたらしたものを写真や映像で教えてくれました。
e0021004_07446.jpg電子機器のゴミの山、巨大な工場、大地にぽっかりと穴を開けた鉱山、真っ赤に汚染された川・・・。
電子機器からは有害なカドミウム化合物が出て、それが川に流れて汚染されています。子どもたちがゴミの中から売れそうな金属を素手で取り出しています。
日本でも不法投棄などがありますが、中国のスケールの大きさといったら!!
すごい光景です。環境問題のことなど関係のない世界です。

海の向こうだけどとても近い国でたいへんなことが起きています。映画や写真展などで、この事態をみんなで共有して今後どうしたらよいか考えないといけないのでは、と思います。

・・・と危機感を感じながら、映画の最中、睡魔が襲ってきてしまい・・・すみません・・・。
この映画は事実を写真や解説で伝えながらも、結論は言いません。ドキュメンタリー映画ではマイケル・ムーア監督のように「悪いものは悪い」とバッサリ結論づけてくれるものが好きなので、淡々と映像を流される映画だとついつい睡魔が。
音楽が心地よいものではなく、どちらかというと神経を逆なでするタイプの音源を利用したようなもので、好みではないです。
また、都市化が進む上海の映像のひとつでディスコを映しますが、点滅がずーっと続きクラクラしてしまい、字幕が読めません。そういえば、下部分は英語の字幕、右側に日本語字幕になると、白い背景に白い字幕だったりして、これも読めませんでした。

7月12日(土)より全国順次ロードショー。
[PR]
by km_achin | 2008-06-13 23:57 | 映画・新作

クライマーズ・ハイ

e0021004_23145792.jpg昨日、九段会館の「クライマーズ・ハイ」の試写会に行ってきました。
原作者の横山秀夫氏が日航機の墜落現場を取材して書いた作品だという情報しか知らずに試写会に行ったので、すっかり全部実話だと思ってしまいました。フィクションだったんですね。臨場感あふれるカメラワークで、私も北関東新聞社の一記者になったような気持ちで観てしまいました。

悠木(堤真一)が采配をまかされて、キビキビと仕事をこなすところはかっこよかったですねぇ。
オンとオフの対比がうまかったです。
新聞社の他の社員のキャラクターがはっきりしていて、悠木支持派と不支持派の戦いが見応えありました。先日、試写会「世界で一番美しい夜」のゲストとして田口トモロヲさんを生で見て以来、彼の役柄が非常に気になってしまうのですが、今回は悠木支持派でいい感じでした。対立する不支持派は、いつもガムをクチャクチャしているヤツや、文筆を生業にしているから人をやりこめる言葉がすらすら出てくるようなヤツだったりします。なんとか成敗できないものか、と悠木をひたすら応援してしまいました。

新聞紙面をつくる現場はこうなのかと、とても興味深く観ました。
残念なのは、セリフが聞き取れなかったことが多いことです。
それと海外ロケはいらないような・・・せっかくいい邦画をみせてもらったなぁ、と思っているところへ、英語と字幕はとても違和感がありました。

役者のみなさんの真面目な演技が光る映画でした。
また、泣けちゃった・・・。
[PR]
by km_achin | 2008-06-12 23:45 | 映画・新作