「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

<   2008年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

幸福のスイッチ

e0021004_21164029.jpg<ストーリー>
“お客様第一”をモットーに電気屋を営む父・誠一郎(沢田研二)とソリの合わない次女の怜(上野樹里)は実家を離れ、東京のデザイン会社に就職するも上司と衝突し、会社を辞めてしまう。そんな時、妹から姉が倒れたと知らせが届き実家へ帰ると、入院したのは姉ではく父だった。まんまと店を手伝わされる羽目になった怜だったが、次第に家族の絆や愛情に気づいていく…。(goo映画より)
(2006年 日本)

WOWOWにて鑑賞。
主演・上野樹里です。あぁ~、いいなぁ、樹里ちゃん。この映画は爆笑ってほどではないものの、くすっと笑えていい味出してます。
お父さん役の沢田研二も、怒鳴ってばかりいうものの、柔らかい言葉なので、暖かいです。

大型電器店の進出で、小さい電器店はお客さんが来なくて大変そうです。うちの近所にも電器店があるけれど、ひっそりしているし。一対一の買い物って、「やっぱりいらないです(高いから)・・・」ってなかなか言い出せない雰囲気あるもんねぇ。大型電器店だったら、「他のお店も見てみよう」って出てこられるし、安いものね。
この電器店は、近所のおじさんたちの喫茶店がわりに使われていて、にぎやかでしたね。帰ったあとの怜のつぶやきがおかしいです。
商売よりサービス優先の父のやり方に対し、サービス=時給換算で考える怜との対立、どちらの気持ちもよくわかります。怜がだんだん電器店の仕事になじんでいく過程がよかったですね。

電球って割って捨てるんだ・・・。
[PR]
by km_achin | 2008-01-31 21:18 | 映画・旧作

ブラックブック

e0021004_17403067.jpg<ストーリー>
1944年、ナチス占領下のオランダ。美しいユダヤ人歌手のラヘルは、南部へ逃亡する途中、ドイツ軍により家族を殺されてしまう。レジスタンスに救われたラヘルは、エリス(カリス・ファン・ハウテン)と名を変え、髪をブロンドに染めレジスタンス運動に参加する。彼女はその美貌を武器にスパイとしてドイツ人将校ムンツェ(セバスチャン・コッホ)に近づいていくが、その優しさに触れ、次第にムンツェを愛するようになってしまう。一方、レジスタンス内では裏切り者の存在が浮かび上がる。(goo映画より)
(2006年 オランダ・独・英・ベルギー)

WOWOWにて鑑賞。
見ごたえのある映画でした!
エリス(カリス・ファン・ハウテン)の美しさに魅了され、毅然と立ち向かう姿に感動。「風とともに去りぬ」のスカーレットみたいに、かっこいいです。迫真の演技でした。
最初はムンツェ(セバスチャン・コッホ)がただのスケベ親爺に見えたのですが、いい人らしいというのがわかってくると、かっこいいんじゃない?と思えてくるのが不思議。

虐殺や略奪でかなり暗い内容ですが、エリスの機転の利くところ、友人の助けなどがあり、それほど暗い気持ちにはなりません。むしろ悪者が退治(っていうのか?)されるのでスカッとします。
そして誰が裏切り者なのか、という謎解きも楽しめていい映画です。おススメです。
[PR]
by km_achin | 2008-01-30 17:41 | 映画・旧作

インサイド・マン

e0021004_20255730.jpg<ストーリー>
白昼、NYマンハッタンのど真ん中で銀行強盗事件が発生。早速、敏腕捜査官のフレイジャー(デンゼル・ワシントン)らNY市警の連中が現場に駆けつけて銀行を包囲し、人質を取って中に立て籠った武装犯人グループと交渉を始めたものの、敵のリーダー、ダルトン(クライヴ・オーウェン)の巧みな計略のせいで行内の様子は一向に掴めず、対応に苦慮させられる。膠着状態のまま時が空しく過ぎ、事態は次第に不条理劇の様相を呈し始める。そのうえ、警察とは別個に、同銀行の会長ケイスから直々指名を受けた女性弁護士ホワイト(ジョディ・フォスター)が犯人グループとの交渉役として現場に姿を現わし、フレイジャーたちを余計に苛立たせることとなり…。(WOWOWより)
(2006年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
公開当時、観たいなと思っていた映画です。

冒頭、高層ビルの上部を描いた絵画が、下に画面をずらしていくと実際の街になっているのが新鮮でした。

この強盗は悪人なのか?と思わせていながら、人質(子供)がやっているゲームの内容がよくない、と諭します。そのゲームっていうのが殺人をするとポイントが上がる、というヒドイ内容だったんですよ。こんなゲームをやってたら、ろくな大人にならんぞ。

ホワイト(ジョディ・フォスター)の登場シーンがもっと多いのかと思っていたのですが、そうでもなかったですね。「あなたの給料では私を雇えなくてよ。おーっほっほっほっ。」(イメージ)みたいに言うシーンがあり、なんて高飛車なのかしら!!と思いました。その割には、この映画でそれほど有能だとは思えなかったんですが。

ちょっと都合良過ぎではないか?とも思ったけど、悪者が誰なのか、殺人犯の他にも悪いやつがいるのかな?と謎解きが楽しめた映画でした。
[PR]
by km_achin | 2008-01-29 20:32 | 映画・旧作
<ストーリー>
学校の課題で文通を始めたジーナ(マーラ・ソコロフ)セス(パトリック・J・アダムス)。2人のやり取りは手紙をeメールに変えながらも13年間続いていた。そんなある日、大人になった2人は仕事の関係からついに顔を合わせることになる。だが、ジーナには大きな問題があった。まさか彼と直接会うとは思わなかった彼女は、実は子供の頃から、美人の親友エレン(リンディ・ブース)の写真を自分だと偽ってセスに送り続けていたのだ。一方、セスも同じ悩みを抱えていた。さえない少年だった彼は、人気者の親友マット(ジョナサン・チェリー)の写真をジーナに渡し続けていたのだ。今さらウソとは言えない2人は、それぞれの親友に1日だけの代役を頼むのだが…。
(WOWOWより)
(2005年 アメリカ/カナダ)

WOWOWでクリスマスの映画をやっていたので観ました。
文通で長いつきあいをしていて、対面するときに代役を頼む・・・こんな設定の本を、つい2週間くらい前に図書館で借りて読んだのですが、題名すら忘れてしまいました(-.-;)

ばれないものなんでしょうかねぇ。代役の二人はちらちらメモを見ながら会話していましたが・・・。女のカンっていうのも働かないのかな。仕事で来ているのに展示会をほったらかしてデートしている、という時点でバレそうなものだけど。

e0021004_18433094.jpgそれにしても、「かわいい」というエレン(リンディ・ブース)ですが、キャメロン・ディアスに似ているものの、この映画では目の下のシャドウが濃いので、パンクかスウィーニー・トッドのミセス・ラペットか?というメイク。さらに眉毛がほとんどなくて怖いんですけど。

マット(ジョナサン・チェリー)は微妙に女たらしキャラが見え隠れしつつ、かっこよかったです。

e0021004_1840366.jpgそして主役のセス(パトリック・J・アダムス)。さわやかだったですね。早く告白しちゃえばいいのに!と思わせますが、ひっぱりましたね。

夢見る世代の人たちが見るにはいい映画かも。
[PR]
by km_achin | 2008-01-27 18:12 | 映画・旧作
e0021004_13531679.jpgR-15指定だけあって血なまぐさいシーン続出で、観ていて体が硬直しますが、とても面白く引き込まれる映画でした。

冒頭から流れるオーケストラの曲も迫力があって私好み。劇場で観る価値ありだわぁ~と感激。そして、スウィーニー・トッド(ジョニー・デップ)の歌声も素敵! それだけでもウットリと聞き惚れてしまいます。

ミセス・ラペット(ヘレナ・ボナム=カーター)も高い歌声で、トッドとの歌声とよくあっていました。ラペットの、トッドを諭しているんだか、たきつけているんだかわからないセリフが妙にツボにきて笑えました。

暗い映像の多い中、ラペットのあこがれの生活の妄想シーンが、明るい映像でとても引き立っていました。海辺のトッドのシマシマの服・・・笑えます。ラペットのうれしそうな顔と対照的なトッドのテンションの低い顔といったら・・・プププ。

子どもの歌声もよかったですね。つらい生活を強いられていた彼がラペットを慕って歌うシーンはウルウルきました。

想像していたストーリーと違う展開もあり、緊張しつつ最後まで楽しめる映画でした。
[PR]
by km_achin | 2008-01-26 14:12 | 映画・新作
このところ、急に寒くなって近所でも風邪をひいたり、インフルエンザに罹る人が増えてきました。冬のはじめに我が家の子供達に「インフルエンザの予防接種しよっか?」と問いかけたところ、「注射いや~!!気合いでインフルエンザ罹らないもんっ!!」と答える子供達。
気合いって言ってもねぇ。。。
というわけで、予防接種をしないうちに1月も後半。
「外から帰ったら手洗いとうがいはするのよ!」と子供達に言っても、水だけの手洗いだと、指の先だけちょこっと濡らすぐらいで済ませてしまうんですよね。だから、タオルがやけに汚れる。
そこで、殺菌力のありそうなハンドソープを使ってみました。

牛乳石鹸のハンドソープ「TWO'S(ツーズ)」です。
白いパッケージが清潔そうでしょ。

e0021004_11482775.jpg次男が使っているところです。
プッシュすると泡で出てくるので、手の全体が洗いやすいのです。
子供達も簡単に手に広げられるところがお気に入り。
泡切れもいいし、肌に残る香りもほのかなのでよかったです。
肌にもよい成分(ヒアルロン酸・甘草由来成分配合)が入っているそうです。

これで寒い冬を乗り切ろうと思っていま~す。
[PR]
by km_achin | 2008-01-26 12:14 | お気に入り
e0021004_20564535.jpg<ストーリー>
エディ(ジョン・キューザック)グウェン(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は、映画スター同士の大物カップル。しかし1年半前、グウェンとスペイン人俳優ヘクター(ハンク・アザリア)の浮気が発覚してから、仲は冷えきっていた。そんなある時、グウェンの付き人をしている妹のキキ(ジュリア・ロバーツ)のもとに、映画宣伝マンのリー(ビリー・クリスタル)から、エディとグウェンの最後の共演作『時を超えて』のプレス・ジャンケットに、グウェンが出席するよう説得してほしいという電話が入る。(goo映画より)
(2001年 アメリカ)

TV放映にて鑑賞。
こういうノリのコメディ映画は大好きです。
インタビューを受けているエディ(ジョン・キューザック)のコメントが笑えます。インタビュアーの表情も見ものです。サボテンネタでも笑いましたが。
映画を宣伝するためには、エディのスクープも積極的にマスコミに流そうとするリーのやり方も笑えます。守ってあげるんじゃなかったのー?という意外性がなんとも。みんな、悪意のない行動なので、安心して観られますね。

素のときの高飛車なグウェン(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)が、カメラの前でニッコリすると、ものすごい存在感です。これぞスターって感じです。きっとこのくらい表裏のあるタレントさんっていっぱいいるんだろうなぁ。

小ネタが散りばめられていて笑えるので、何回も観たい映画です。
[PR]
by km_achin | 2008-01-23 21:02 | 映画・旧作

枯れない蘭?

e0021004_1941518.jpg今日はお友達が講師となって、色画用紙で作る蘭を教えてもらいました。

色画用紙を花の形に切り抜いたり、ボンドでぺたぺた貼ったり。
細かい作業で目と指先が疲れます。。。

あまり綺麗な出来栄えではありませんが、枯れない蘭というのは、うれしいです。


e0021004_19451982.jpg今日は鯛料理をごちそうになりました。
料理も勉強になります。
[PR]
by km_achin | 2008-01-22 19:51 | 手作り

アバウト・ア・ボーイ

e0021004_23571272.jpg<ストーリー>
ノース・ロンドンに住む38歳のウィル・フリーマン(ヒュー・グラント)は、亡き父がヒットさせたクリスマス・ソングの印税のおかげで仕事をせずに暮らしている。そんな彼は頑なに独身主義を貫いていたが、シングル・マザーをナンパしようとして知り合った、学校でいじめられている12歳の少年マーカス(ニコラス・ホルト)に頼られるようになる。やがてマーカスと同じ学校の12歳の息子を持つシングル・マザー、レイチェル(レイチェル・ワイズ)に恋してしまったウィルは、彼女の勘違いに合わせ、マーカスを息子として扱うことに。(goo映画より)
(2002年 アメリカ)

TV放映にて鑑賞。
ヒュー・グラント目当てで見たのですが、この映画のヒュー様は、行き当たりばったりのウソばかりついていて、定職にもつかず、どうも受け入れられません。ウソがバレていく過程が痛々しいし。
そして、なにより、マーカス(ニコラス・ホルト)の髪型がヘルメットを被っているみたいで、変です。だから、子どもとの友情などが題材になっている映画のお涙ちょーだいにドップリはまる私でも、この映画ではヘルメットがジャマして、無理でした。

なにげなく有名な女優さんが出ているにもかかわらず、マーカスのお母さんフィオナがトニ・コレットだとは気づきませんでした。病んでいる役がとてもうまいんです。さすがの演技力だと思いました。

ヒュー様の歌うシーン。「ラブソングができるまで」の彼にはシビレましたが(褒めすぎ)、この映画ではドン引きです。イタイ!まぁ、この映画ではあまりかっこよくやっちゃぁいけないんですものね。しょうがないか。
[PR]
by km_achin | 2008-01-21 00:17 | 映画・旧作
e0021004_232444100.jpg<ストーリー>
ハイスクールの卒業イベントで遊園地にやってきたウェンディたち。楽しい一日になるはずだったが、ウェンディはジェットコースターで凄惨な事故の予知夢に襲われ、それが現実のものとなってしまった。事故から間一髪で生き残った10人にも次々に魔の手が忍び寄り、命を奪われていく…。(goo映画より)
(2006年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
遅ればせながら、ようやく昨日WOWOWに加入いたしまして、片っ端から映画の録画をしています。 最初のチョイスがこれかよっ!という気がしなくもないのですが、R-15指定のものをDVDのハードにいつまでも寝かせておくのもいかがなものかと、見ちゃいました。

怖かったですよ~。口に手を当てっぱなし。
まず、夜の遊園地が妙におどろおどろしい。来るぞ来るぞ~、とわけもわからず身構えちゃいましたよ。最初はそんなにどうってことないエピソードなんですが。
ハイスクールの生徒たちが、ちょっとスレてて、「そんなことしなければいいのに!」という行動をするがために起こる悲劇です。「注意書きは守りましょう」とか「ゴミはゴミ箱に」とか、ほんのちょっとの注意で防げたことが大事故になっちゃうんです。
悲劇の予告めいた写真もコワ~イ。謎解きが間に合わないんですよ。えっと、えっと~、と考えているうちにキャーーーーーーッ!ってな感じで。

94分というコンパクトな時間でよかった。それ以上は耐えられません。でも怖いだなんだと言いつつ、最後まできっちり見ました。だって、気になるんだもん。

「ファイナル・デスティネーション」「デッドコースター」に続く第3弾がこの映画だということなので、前作はおいおい見たいと思います。WOWOWで。
[PR]
by km_achin | 2008-01-20 23:46 | 映画・旧作