「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

<   2007年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

王の男

e0021004_20305036.jpg<ストーリー>
16世紀初頭、漢陽にやってきた旅芸人チャンセンと相棒の女形コンギル。都で時の王ヨンサングンが、妓生上がりの官女と日夜遊び呆けている噂を聞きつけた2人は、芸人仲間と宮廷を皮肉った芝居を始める。興行は人気を博すものの、一座は侮辱罪で逮捕されてしまう。重臣に「王を笑わせることができれば、侮辱ではない」と反論したチャンセンたちは、死をかけて王の前で芸を披露する。彼らの芸は王を魅了することができるのか…。(goo映画より)
(2006年 韓国)

コンギル(イ・ジュンギ)もよかったけど、チャンセン(カム・ウソン)がよかったなぁ。コンギルとチャンセンの心のつながりを二人がよく演じていて、ちょっと感情移入してウルウルしてしまいました。チャンセンはなかなかよい顔立ちをしているのに、薄汚れたメイクとぼさぼさ髪でイケてない芸人(でも芸はピカ一)に見えて、コンギルとの対比がよかったです。コンギルの危機のときは、いつも救いの手を伸ばしてくれる、頼りがいがある人情に厚い人でした。言っていることも含蓄がありました。
DVDのメイキング映像で観ましたが、二人とも綱渡りをよくマスターしたなぁと感心しました。

観ているうちに、王の悪人ぶりがだんだん憎らしくなり、誰か王の座から引きずりおろしてくれ~と思わずにはいられません。

コンギル、チャンセン、王、官女、それぞれの想いがよくわかり、いい映画です。
[PR]
by km_achin | 2007-12-29 20:56 | 映画・旧作

暗いところで待ち合わせ

e0021004_16103965.jpg<ストーリー>
交通事故が原因で視力を失ったミチルは、父親と二人暮し。しかしその父が死に、ミチルは親類の反対をよそに一人暮しを始める。彼女の家の下は駅のホームだ。ある日、一人の男がそのホームから転落し、入って来た列車にはねられて死亡する事件が起きた。その直後、一人の青年がミチルの家に忍び込む。やがて青年は彼女に気づかれないように息をひそめて居間で暮らし始めた。彼は死んだ男の同僚で、駅から逃走して殺人の容疑をかけられているアキヒロだった。
(goo映画より)
(2006年 日本)

TV放映にて鑑賞。
それほど期待していなかったんですが、なかなかよかった作品です。そして、これもクリスマスの頃のお話ですね。

一人暮らしの部屋に他人が入り込んだら、何か臭いとかでバレたりしないんでしょうか。特に何日もお風呂に入れない状況だろうし・・・。
なぁんて疑問もわきますが、土鍋が落ちてきてミチルの体にあわや・・・となったときのアキヒロの対応、そのあとのミチルの言葉で、うるうるきてしまいました。それまで、意地悪な人ばかり出てきて(通りすがりの人々もことごとく弱者につらくあたる)、かなり重~い映画だな、と思っていたので、なおさらです。

これは、ミチルとアキヒロの交流を描いた映画かと思っていたら、サスペンス映画の要素もあり、最後まで飽きさせませんでした。
[PR]
by km_achin | 2007-12-26 16:27 | 映画・旧作

大停電の夜に

e0021004_17532357.jpg<ストーリー>
イルミネーションに彩られた東京のクリスマス・イヴ。そのとき突然街から光が消え、東京がかつてない暗闇に沈んだ。ラジオでは、緊急ニュースを伝えるアナウンサーの声が流れる「12月24日午後5時過ぎ、首都圏全域が大規模な停電に見舞われました」。
(goo映画より)
(2005年 日本)

TV放映にて鑑賞。
今日もクリスマス気分を味わうために「大停電の夜に」を観ました。
昨日観た「7月24日通りのクリスマス」はドタバタぶりがハナについたんですが、この「大停電の夜に」は、豪華なキャストが真面目に演技していて、それはもう好感が持てます。

特にイチオシなのが大鳥銀次(吉川晃司)。気が短いんですけど、筋が通っていて、カッコイイ!吉川晃司は歌手で大ブレイクしていた時もファンだったんですが、この映画でもいいです~。

私のツボだったのは、回転寿司で、いざ目指すネタに手を伸ばそうとしたところに、ベルトコンベアーが止まってしまうところ。
停電になっても、みんな大人の対応でしたね。
「うちにはロウソクなんかないだろ?」と買ってきた遼太郎(田口トモロヲ)。ここで妻の静江(原田知世)が「あるわ。」なんて披露宴のときの大きいウエディングキャンドルを取り出す・・・なあんて勝手に想像してしまいましたが、ありませんでしたね。あれは、収納に困るしろものですが、災害時には威力を発揮しそうです。
[PR]
by km_achin | 2007-12-24 17:56 | 映画・旧作

7月24日通りのクリスマス

e0021004_0393862.jpg<ストーリー>
市役所勤めのサユリ(中谷美紀)は、地味で平凡な自分へのコンプレックスからか、生まれ育った長崎をポルトガルのリスボンであるかのような妄想にふけることも日常茶飯事で、愛読する少女漫画に登場する王子様を理想に掲げ、現実の恋愛になんぞ興味なしを装っている。しかし、心の中では大学時代の憧れの先輩・聡史(大沢たかお)のことが忘れられずいるのだった。クリスマスまで後1ヶ月に迫ったある日、サユリは路面電車の中で思いがけず聡と再会する。
(goo映画より)
(2006年 日本)

TV放映にて鑑賞。
クリスマス気分に浸ろうかと、「7月24日通りのクリスマス」を観ました。
女性版「電車男」かぁ。「電車男」の映画の村上正典監督と脚本の金子さんがまたもや手がけた作品だそうで。「電車男」でも角砂糖を積み上げるシーンがありましたが、「7月24日通りのクリスマス」でも出てきますよ。

演技が舞台っぽく大げさです(こういうの、ちょっと苦手です)。石畳をサユリ(中谷美紀)聡史(大沢たかお)が踊りながら登っていくのは、さながらミュージカルのようなんですが、散歩の途中であんなカップルを見かけたらドン引きするでしょう。

ドジでオドオドしていて、痛々しいサユリが、化粧とファッションを研究して美しく変身した結果、憧れの聡史ともスラスラとしゃべれるようになるって、あまりにも変わりすぎじゃないですか?あ、でも変身後の前髪がうっとうしいです。そしてモテ期に突入。いいな。王子様とうまくいけば言うことなしですが、近くにいる佐藤隆太だって、優しくていいじゃないですか?パラパラ漫画、よかったですよ。この映画で唯一褒めるところはパラパラ漫画かも~。

私も「今週の王子様ランキング」つけようかな♪
この映画、クリスマス気分になりましたよ。
[PR]
by km_achin | 2007-12-23 23:43 | 映画・旧作

ルイスと未来泥棒

e0021004_21323537.jpg試写会にて鑑賞。
ルイス少年が母親に捨てられるところから物語が始まるので、子どもたちはどんな思いで観ているのだろうと心配になってしまいました。ルイスは頭がよく(設計図の絵がうますぎないか?)、でも発明は失敗ばかりでドタバタ(大げさすぎるほど)なのは、以前観たチキンリトルを思い出しました。
途中、退屈になってしまい眠気が襲ってきました・・・。
笑わせようとしているな、というシーンはあるものの、すぐにシーンが切り替わり、笑うスキを与えないのが眠気の原因かしら。。。
登場人物の自己紹介も早いので覚えられないです。理解できればもっと楽しめるかも。
[PR]
by km_achin | 2007-12-21 21:35 | 映画・新作

アイ・アム・レジェンド

e0021004_1554468.jpg年の暮れになって公開する映画の中で、かなり期待度の大きかった「アイ・アム・レジェンド」
映画館もいつもより混んでいて、手ごたえを感じたんですが・・・

こういう展開かよ!
・・・・・

ウィル・スミスかっこよかったわぁ。足は長いし、鍛えられたマッチョな体。
演技もよかったし。ストーリーがどうこうっていうよりウィル・スミスの演技力に拍手~な映画です。
中だるみして、時折睡魔が襲いそうになると、大きな音で驚かせるので、びっくりして起きてしまいます。

草ぼーぼーのニューヨークをどうやって撮影したのかしら、と気になりました。そして、なぜシカが大発生?なぜスポーツカーでハンターを?

どうして、あんなウィルスが広まったのか、説明が弱いような気がします。
銃を乱射する映画を作りたいから、こんな映画にしたのかなぁ。最近、日本でも銃による悲劇が続いているので、あまり受け入れられませんでした。
[PR]
by km_achin | 2007-12-19 15:36 | 映画・新作
e0021004_213658100.jpg<解説>
「純情きらり」「ただ、君を愛してる」の主演で新世代の国民的人気女優の地位を確立した“宮崎あおい”、「ホテルビーナス」で注目され「王の男」で韓国一美しい男を演じた人気スター“イ・ジュンギ”共演で贈る、京都に住む少女と韓国からの転校生の一途で切ないとびきりピュアな恋を描いたラブストーリー。
(goo映画より)
(2006年 日本・韓国)

あちゃー。
イ・ジュンギ主演です。なんで彼が韓国一美しいとされているのか・・・。この映画でもさっぱり理解できませんでした。
細い目にマッチョな体・・・合いません。
ビジュアル面はおいておくとしても、あの過剰な演技は受け入れられないなぁ。動作も表情も作りすぎだろ!
そういえば私、韓国ドラマの演技過剰なところが受け入れられないのよねぇ。
教室の七重(宮崎あおい)に向かって、ストーカーまがいに派手なアクションでアピールするミン(イ・ジュンギ)。てっきり「うっとうしいから、つきまとわないでっ!」と啖呵のひとつでも切るのかと思ったら、あっけなく恋に落ちました。
・・・どこがよかったんですか?
塩谷瞬がストーリーにもっと関わってくるのかと思ったんですが、そうでもなかったのが残念です。きっと塩谷瞬がかっこよすぎて、イ・ジュンギが霞んでしまうからだと思います(キッパリ!)。私だったら塩谷瞬を選びます。

初雪の日にデートすると・・・というメルヘンチックなことを言っていましたが、初雪って気づかないことが多い私。
夜のニュースで「今日、東京に初雪が・・・」なんて言われて、「ええーっ、降ったのぉ?どこに?」みたいな。
東京って言ったって寒いところもあれば、そうでもないところもあり。
初雪の日にデートするのは難しそうです。
[PR]
by km_achin | 2007-12-17 21:46 | 映画・旧作
e0021004_17173472.jpgお友達のお誘いでタリーズコーヒーで開催されているコーヒースクールに行ってきました。
我が家で淹れるコーヒーがまずいので、どうしたものかと思っていたのですが、何点か気をつけるだけで、とってもおいしいコーヒーが淹れられるんですね。
お湯も沸かしすぎのものはNGで、90度くらいになったものを細く注ぎ、最初は蒸らしたり、コーヒーのアクを入れないようにしたりとポイントがあります。

コーヒーをおいしく淹れられたら、次にアレンジメニューも教えてもらいました。
コーヒーにシロップを入れたのですが、シロップもヘーゼルナッツシロップにすると、甘い香りとまろやかさが楽しめました。
コーヒー+チョコレート+泡だったミルク=モカ
にしてみたり、
アイスクリームに濃い目のコーヒーをかけたり
おいしいコーヒーの飲み方を体験できるスクールでした。

e0021004_172616100.jpgおみやげで、ブレンドのレギュラーコーヒーとクッキーとヘーゼルナッツシロップをいただきました。
ヘーゼルナッツシロップはスクールを受けながら「欲しいなぁ」と思っていただけに感激です。

タリーズコーヒーを何杯も飲みましたが、とてもおいしかったです。サイドメニューもおいしそうだったなぁ。これからタリーズコーヒーがひいきになりそうです。
[PR]
by km_achin | 2007-12-16 17:39 | 食べ物・飲料

サーフズ・アップ

e0021004_23115763.jpg親子試写会にて鑑賞。
小ネタがちりばめられていて、楽しい映画です。ちょっとシュールすぎないか?という字幕もあるけど、それは大人向けの小ネタなのかな?
私はコディのお父さんの写真のあとにでる字幕で笑っちゃったんですが。
痛々しいネタがやけに多い(特にチキンジョーの扱いがなんとも)のですが、子供達が笑う笑う。

ペンギンたちのぽってりとしたおなかのあたりの質感といい、海の鮮やかさといい、目の保養になります。絵葉書のような美しさです。ペンギンたちの模様もそれぞれ違って、キャラクターがわかりやすいです。ペンギンの子供達もなかなかキュートでしたよ。

短い上映時間なのが惜しいです。もっと観たかったな。
[PR]
by km_achin | 2007-12-14 23:13 | 映画・新作

スクール・オブ・ロック

e0021004_16231833.jpg<ストーリー>
デューイ(ジャック・ブラック)は、ロック・バンドのメンバーとしてワイルドに生きている男。だが、代用教員の親友ネッド(マイク・ホワイト)のアパートに居候している彼は、多額の家賃滞納によりネッドの恋人パティ(サラ・シルヴァーマン)を激怒させ、アパートから追い出すと宣告される。バンド・バトルで優勝すれば賞金で家賃を払えると考えるが、破天荒な態度が問題となりバンドをクビになってしまった。途方に暮れた彼は、名門小学校からネッドにかかってきた仕事の依頼の電話を受け取る。デューイはネッドになりすまして、この学校の代用教員になることにする。(goo映画より)
(2003年 アメリカ)

TV放映にて鑑賞。
濃いなぁ!とにかくデューイ(ジャック・ブラック)が濃すぎます!
顔も濃ければ、体型も濃い。あんなにメタボなのに、ロックをやるのがサマになっています。ウマイです。
子どもたちは小学5年生。おぉ、うちの息子と同じだ。でも、勉強もできれば、勉強に対する意欲、規律を守ろうという姿勢も並半端ではなく、日本でいえばお受験を勝ち抜いた私立の小学生(しかもお金持ち)みたいな感じなので、うちの息子とは大違い。この子どもたちに勉強を教えないで、ダマしてロックをやらせていていいのか?とちょっと親の気持ちも入って観ていましたが、うちの小5の息子は「おもしろい~」と楽しんで観ていました。やっぱり、自分と同じ年代の子どものサクセスストーリー(サクセスか??)は共感が得られるようで。
子供たちのそれぞれの得意分野に合わせて役割が与えられて、大人顔負けの演奏や演出ができるっていうのは、見ていてもスカッとしますね。
[PR]
by km_achin | 2007-12-09 16:26 | 映画・旧作