「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

<   2007年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ナンバー23

e0021004_16475263.jpg妄想というのはなかなか楽しいもので、友人と妄想話で盛り上がるときは爆笑しちゃうのですが、こういった被害妄想はつらそうです。

物語の最初にネッドという犬に噛まれるシーンがあり、私の頭の中では「狂犬病では?狂犬病では・・・?狂犬病は大丈夫なのぅ?」と心配がうずまいてしまいました。物語が進むにつれて、「まさかオチは狂犬病では?・・・それとも犬の呪い?」と(狂犬病がどういう症状なのか知らないけど)なおさら思いました。
いろいろな場面で23という数字が・・・あるんですね。元大統領のクリントンもブッシュ大統領の名前も23だそうで、何が23なんだか忘れてしまいましたが、へぇ~って。でも映画と関係ないし。アルファベットのAを1、Bを2・・・というように数字であらわして足したり割ったりこじつけることも、この映画ではよく出てきます。そんなことを考え始めたら、なんでも23になるのでは・・・。しかも32という答えが出たら、「ひっくりかえすと23!」って、どうよ。

e0021004_1649281.jpgアメリカでは壁にメモとかするのは普通なんですか?映画でたまに見かけるんですが。自分で壁塗りをするから、汚しても平気なんでしょうか。

R-15指定だけあって残酷なシーンなどもあり、背中が緊張してしまったのですが、最後まで謎をひっぱりました。
ジム・キャリーはヒゲなどをはやしていて、むさ苦しかったです。
[PR]
by km_achin | 2007-11-27 16:54 | 映画・新作

虹の女神 Rainbow Song

e0021004_22581446.jpg<ストーリー>
小さな映像制作会社にようやく就職し、日々苛酷な労働を強いられている岸田智也(市原隼人)に、友人であり会社の同僚でもあった佐藤あおい(上野樹里)、映画研究会に智也を引きずり込み、監督作「THE END OF THE WORLD」に主演させたのだった。卒業後、定職に就けないでいた智也に今の仕事を世話したあおいはひとり渡米する。
(goo映画より)
(2006年 日本)

期待せずに観たせいか、よかったです。うるうるしました。つい2回観てしまいました(2回目はさらに胸がキュンとしてうるうる度が増しました)。
登場人物がスレてなくて、いい人ばかりで、自分がその時代にその年齢でいたかのような気持ちで感情移入しちゃいました。お互い好きなのに、ここで告白すれば!という大事なシーンでついつい冗談めかしちゃって、というすれ違いがリアリティがあってよかったなぁ。あおい役の上野樹里が、そんな女の子にぴったりでした。自然体のセリフがよかったし、面白かったです。智也(市原隼人)は、かなりの優柔不断で、女の子の気持ちなんてさっぱりわかってなくて、でも強気で攻めてくる女性には流される、という優しい男の子という設定に合ってました。千鶴(相田翔子)のアプローチがかなりブキミで、いずれこれもストーカー事件に???と心配されるような予感を感じさせましたが、あっさりでしたね。

しかし、智也って仕事ができなくて、それで職場でいじめられて、なんだか痛々しかったです。
いい子なんだけどねぇ。不器用すぎるな。

クスッと笑える小ネタもあるし、切ないラブストーリーも堪能できて、よい映画でした。
[PR]
by km_achin | 2007-11-24 00:00 | 映画・旧作

フライ・ダディ

e0021004_1532547.jpg<内容>
金城一紀原作、岡田准一×堤真一主演で映画化された「フライ,ダディ,フライ」の韓国リメイク版。襲われた娘を守るため強くなりたいと願った中年サラリーマン、チャン・ガピル。愛に飢えた孤独な過去を背負う高校生、コ・スンソク。偶然出会った二人は師匠と弟子の関係を結び、過酷で非情な40日間の特訓を始めた…。「王の男」イ・ジュンギ×「公共の敵」イ・ムンシク主演で贈る青春ドラマ。(goo映画より)
(2006年 韓国)

友人のおススメでDVD観ました。
「フライ,ダディ,フライ」を観ていないので比較はできないんですが、韓国版よかったですよ。
中年サラリーマン役のイ・ムンシクがちょっとラサール石井似で、最初のイケテナイ感じもいいし、なにより無邪気な笑顔がよかった。黄色いトレーニング用のスーツを見せびらかすときの笑顔は最高です。
メタボまではいかないけど、弱っちいサラリーマンが特訓を受けて引き締まった体になり、体力がついていく様は観ていて元気をもらいました。
トレーニングするサラリーマンをネタに賭け事をする高校生たちも、ただ悪いヤツラじゃなくて、実は・・・ってところが泣かせますよ。

ビジュアル的にイ・ジュンギは受け入れられないなぁ(特に目のあたりが無理)、と今まで思っていたのですが、この映画ではOKでした。髪型に隠されたから・・・?
[PR]
by km_achin | 2007-11-23 15:17 | 映画・旧作

雪の結晶のピアス

e0021004_20553325.jpgひさびさにピアスの新作。
街で見かけた雪の結晶のモチーフを使ったピアスがかわいかったので、作ってみました(写真中)。
写真の左と右はチェーンをつけてみました。
[PR]
by km_achin | 2007-11-20 20:59 | 手作り
e0021004_1718329.jpg新製品が試せるモラタメで今回は株式会社カタライズ「光ミストAS」を送料関係費630円で試してみました。
実売価格2,499円(税込)というちょっとお高めの消臭スプレー。身の回りの繊維製品に使えます。
今まで使っていた消臭スプレーは粒子が大きいので、スプレーした後、布や床が濡れてしまったのですが、この「光ミストAS」は粒子が細かく広がるので、布や床が濡れずに快適です。
無臭なので、消臭したことも他の人に悟られないのもいいかも。
スプレーしたあと太陽光や蛍光灯の光があたると、光触媒がしつこい臭いを分解してくれるそうです。
臭いのもととなりそうなカーテンやらラグやら座布団など、思いつくところいろいろにスプレーしてみました。うちは、このところ玄関がじめっと重苦しい臭いがしていたのですが、この「光ミストAS」を玄関マットにスプレーしたら、帰宅時の臭いがなくなったように思います。一回スプレーすると効果が長持ちするというのがいいですね。
[PR]
by km_achin | 2007-11-17 17:33 | モラタメ

まくべす

e0021004_22241041.jpg新聞の懸賞でバレエ
「ABC・FACTORY Vol.8 まくべす」のチケットが当選したので、池袋の東京芸術劇場で鑑賞してきました。
新聞では確かバレエとだけあったので、チュチュとか着てクルクルまわるのかな?と勝手に解釈していたのですが、まったく違いました。
和装をアレンジした衣装で、かなり大勢が舞台狭しと踊り、気迫ある舞いがかっこよかったです。音楽と踊りでストーリーをあらわすって感心しちゃいました。
なかなかバレエを観劇する機会がないので、貴重な体験でした。
[PR]
by km_achin | 2007-11-14 22:33 | 懸賞
e0021004_15213346.jpg<ストーリー>
2007年、日本。800兆円の借金をかかえ破綻の危機に瀕した日本を救うため、財務省大臣官房経済政策課・下川路は、ある仰天プランを進めていた。それは過去にタイムスリップし“バブル崩壊”を止め、歴史を作り変えるというものだった…。(goo映画より)
(2006年 日本)

タイムマシンものと広末が苦手なのでロードショーでは観なかったのですが、1990年代の懐かしい映像が楽しみでDVDを友達に借りて観ました。
当時のディスコの名前も思い出せなかったのに、映画で実際にロゴを見ると「そうだった!よく行ったな。」としみじみ。お姉ちゃんの服装やら髪型は、今でもドラマの再放送だと見かけるので、そうビックリもしないんですが、男性のあの髪型(テクノカットか?)が懐かしい~。かっこよかったんだよね。
飯島愛ちゃんや飯島直子ちゃんがそのままの役柄で出てくるのに感激しました。特に、飯島愛ちゃん。久しぶりに会ったような錯覚が。。。(引退してからそんなに経たないのに)。
ホイチョイプロダクションの久しぶりの作品ということで、小ネタもきいてました。ストーリーは、まぁ・・・ドタバタだし・・・おいおい、歴史変えちゃっていいのかよ・・・と苦手な部分もあるんですが、懐かしさを堪能する作品としていいかな。
[PR]
by km_achin | 2007-11-13 15:24 | 映画・旧作
e0021004_071218.jpg<ストーリー>
ラクーンシティの地下深くに隠された巨大企業アンブレラ社の巨大研究所から“T-ウィルス"が漏洩され、感染し死亡した研究員は生ける屍“アンデッド"となった。あれから36時間、街は感染しつくしていた…。今やアンデッドの街と化したラクーンシティで、アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、数少ない生存者と行動を共にしていた。そこへ、1本の電話が入る。全ての元凶“T-ウィルス"を発明した、アシュフォード博士からだ。彼は、アンブレラ社が“事実"を隠蔽するために街に核爆弾を投下すると告げた。(goo映画より)
(2004年 アメリカ)

TV放映にて鑑賞。ネタバレしてます。
「バイオハザードIII」の鑑賞よりも後になっちゃいました。

「バイオハザード」のラストとつながっているので、「おおーっ、待ってました!」という感じです。
この映画でもアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)のかっこいいこと。ジル(シエンナ・ギロリー)も強ぇ~!かっこいいなぁ。

何が変身すると、あの怪物になるのかと思ったら、なんと!
ゾンビの怪物だから心は通わないのかと思っていたので、なかなかいい展開。
アンブレラ社の偉そうなヤツラを退治すれば丸く収まるのかと思ったら、まだまだ戦う敵はいるのねぇ。先は長い。

気になるのはラスト。あの黒塗りの車はどこへ行くのだ?
ヘリの事故で、てっきりみんなダメになったかと思ったよ。アリスはアンブレラ社の手厚い治療で復活するにしても、他の人たちは本物?ロボット?なかなか含みを持たせた終わりではあるが、「バイオハザードIII」で解決したかというと、これまた微妙・・・。
[PR]
by km_achin | 2007-11-10 00:10 | 映画・旧作

真夜中の贅沢

e0021004_2140442.jpgコンビニでアイスクリームを買ってきました。
エスキモーの「真夜中の贅沢」です。
お風呂あがりに食べようとしたところ、パッケージに「21時過ぎても食べたい人へ」と書いてあるのに気づいてしまった! 私のことではないか。
ミルクティーという味に惹かれて買ったのが、実はローカロリーだったとは。1個139kcal。
これはブログに載せなければ!と写真を撮りました。

カロリーが低いのに濃厚なのね。紅茶の味もしっかりあるので、大満足。
189円なり。
[PR]
by km_achin | 2007-11-08 21:42 | 食べ物・飲料

大丸のお菓子福袋~♪

今日、大丸東京店がリニューアルオープンしました。
見違えるようにフロアがおしゃれになって、とても若返ったような感じです。
洋服やらアクセサリーなどを見てまわったあと、食料品売り場へ。
e0021004_14122359.jpgなんの情報もチェックせずに来たんですが、なんと各店で福袋が!
まず、東京ひよ子で1050円のセット。「2000円相当入っていますよ」というセリフと「残りわずか」に惹かれて購入。
ひよ子サブレー6枚、ひよ子プチっとタルト5個、人形焼10個、ひよ子2個。
息子たちが喜びそうなセットです。

e0021004_1418103.jpgお次は坂角総本舗(1050円)。
1500円相当です。
えびせんべい10枚、個袋の煎餅(3種×3)。





e0021004_1421322.jpgぶらーっと見ていたら、鼓月を発見!
近いところでは銀座松屋に行かないと買えなかったのに、今回から大丸でも出店してるんですって!
おいしいヴァッフェルが入っている~♪
ということで、こちらもお買い上げ。
2100円なり。3000円相当って言っていました。
ヴァッフェル6枚、最中・万都の葉2個、京ぜんざい1個、生菓子10個詰め合わせ。

フェスティバロでも唐芋ポテトを大量購入したらおまけしてくれたし、大満足ぅ。
他にもおいしそうなお店がいっぱいあったのに、見るたび買いたくなってしまうので、今日は後ろ髪をひかれながらも、帰ってきました。

食料品(しかも菓子)だけで1万円以上買ってしまった。
これが、全部胃袋に入ると思うと・・・
[PR]
by km_achin | 2007-11-06 14:37 | 食べ物・飲料