「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

<   2006年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

イナフ

e0021004_22561316.jpg<ストーリー>
優しく裕福な夫ミッチと共に、何不自由ない幸せな結婚生活を送るスリム(ジェニファー・ロペス)。ところが娘が5歳になった頃、夫が変貌し始めた。妻の主張や抗議は全てはねつけ、暴力で家族を従わせようとする支配欲の塊となったのだ。暴力に耐えかねたスリムは娘を連れ逃げ出すが、ミッチは彼女のどんな動きも把握し、執拗に追い詰める。迫りくる恐怖の“愛"から逃げ続けることも限界に達した彼女は、女として母として最後の力を振り絞り、ある決断を下す……。
(goo映画より)
(2002年 アメリカ)

TV放映にて鑑賞。

ミッチ(ビリー・キャンベル)が怖いのよ。何をするか読めない狂気があって。
最初の一時間は「観るのやめちゃおうかな」と思うくらいストレスがたまる展開です。
この気色悪い夫から、どうやって逃げるのか、とそれだけを頼みの綱に最後まで観ました。

子役のテッサ・アレンが小さいのに演技が上手。カーチェイスに巻き込まれて、後部座席で泣き叫ぶところなんて、ほんとに車をがんがんぶつけられてムチウチになっちゃうんじゃないの?と心配になるくらい。

とりあえず、後半はスカッとする展開になってよかった。ジェニロペかっこいいしね。でも、何回も観るパワーはないかも・・・。
[PR]
by km_achin | 2006-03-29 23:01 | 映画・旧作

グッドナイト・ムーン

e0021004_2153915.jpg<ストーリー>
ニューヨーク。売れっ子ファッション・フォトグラファーのイザベル(ジュリア・ロバーツ)は弁護士のルーク(エド・ハリス)と恋に落ち、同居生活を始める。ところが、彼には別れた妻ジャッキー(スーザン・サランドン)になつくふたりの子供、12歳のアンナ(ジェナ・マローン)ベン(リーアム・エイケン)がいた。ジャッキーと交替でふたりの世話を始めるが、子育ての経験もなく、仕事にも追われる身でもあるイザベルは、完壁な母親だったジャッキーとは違って失敗の連続。だが、ジャッキーが実はガンに冒されている身の上だとわかってから、ふたりは打ち解けていく。
(goo映画より)
(1998年 アメリカ)

TV放映にて鑑賞。

最初、イザベル(ジュリア・ロバーツ)ジャッキー(スーザン・サランドン)の関係がわからず、混乱してしまいました。
イザベルはジャッキーの娘なのか?でもイザベルと一緒にいた子ども達はジャッキーを「ママ」って呼んでいるし、おかしいなぁ、と。

なんとなく関係がわかってくると、「これは私の好きな分野の映画かも」と、どんどん引き込まれていきました。
スーザン・サランドンの演技が上手くて、すっかり彼女に感情移入して一緒に泣いてしまいました。
子ども達も愛らしいのよねぇ。アンナ役のジェナ・マローンがキルスティン・ダンストに見えてしょうがなかったんですが、とても可愛いです。弟のベン(リーアム・エイケン)も小さいのによくあんなに素晴らしい演技ができるなぁ。

それにしてもジャッキーに「口がでかい」と悪口を言われたイザベル。それは禁句なのかと思ってました。
[PR]
by km_achin | 2006-03-28 21:57 | 映画・旧作

リトル・ダンサー

e0021004_22394598.jpg<ストーリー>
1984年、ストライキに揺れるイングランド北部の炭坑町。母親を亡くし、父(ゲアリー・ルイス)も兄のトニー(ジェイミー・ドラヴェン)も炭坑労働者のビリー(ジェイミー・ベル)は、ボクシング教室に通っているが、試合に負けてばかりの11歳。そんな時、偶然目にしたウィルキンソン夫人(ジュリー・ウォルターズ)のバレエ教室に強く惹かれ、女の子たちに混じって練習するうちに夢中になっていく。ウィルキンソン先生はどんどん上達するビリーに自分が果たせなかった夢を重ね合わせ、熱心に彼を教える。しかし、家族の金をバレエに使っていたことがバレてしまい、父は激怒。ビリーは悔しさをぶつけるように、一人で踊っていた。だが、ストライキが長引き町中が暗く沈んでいるクリスマスの夜、親友マイケル(ステュアート・ウェルズ)の前で踊るビリーの姿を見て、息子の素晴らしい才能に初めて気づいた父は、彼をロンドンの名門、ロイヤル・バレエ学校に入学させる費用を稼ぐため、スト破りを決意する。
(goo映画より)
(2000年 イギリス)

TV放映にて鑑賞。

いい映画でした。感動します。
ほんの偶然から、バレエを習うことになったビリー(ジェイミー・ベル)。最初の練習で、足をあげててプルプル足先が震えているのもかわいいけど、だんだんバレエにのめりこむようになり、坂道を踊りながら駆けていくのがいいですね。

ウィルキンソン夫人(ジュリー・ウォルターズ)は煙草を吸いながら生徒を指導していて、「こんな先生で大丈夫?」と思ったら、いい先生じゃない。

真面目な映画かと思いきや、たまに笑えるシーンも含まれているので、それもいいな。

親友のマイケル(ステュアート・ウェルズ)がいい味だしてます。ビリーがバレエを習い始めたことを打ち明けると「チュチュを着るの?」と聞きます。「僕は男だから着ないよ」とビリーは答えるのですが、なぜチュチュにあんなにこだわるのか。後半にその意味がわかります。

母親がいなくて、父も頑固で厳しくて、ビリーの前途もかなり危ぶまれるけど、だんだん家族関係が修復されていくのが泣き所です。

後味のとてもいい映画です。
[PR]
by km_achin | 2006-03-27 22:47 | 映画・旧作
e0021004_12121393.jpgWBCの興奮が冷め遣らず、すっかりトリノオリンピックのことは記憶の彼方になっている今日このごろ。
なんと、KIRINさんの「がんばれ!ニッポン!キャンペーン メモリアル乾杯セット」が当選いたしました。
ダンナの好きな一番絞りラガービールが入っていて、満足なこのセット。

何年もビールの懸賞は当たったことがないのに、二日連続で当選して、なんとうれしいことか。

昨日、この記事を載せようと思っていたのに、熱を出してダウンしてました。はじめはダルいなぁ、悪寒がするなぁ、と寝ていたんですが、何時間でも寝ていられるので「なまけ病」になったのかとちょっと心配に。5時間昼寝したところで熱を測ったら38.3℃だったので「なまけ病じゃなくて、熱があったのか」と納得。さらに12時間寝て、やっと復活しました。
風邪じゃないみたいなので、知恵熱かりんご病か・・・りんご病がいま、子ども達の間で大流行です。
[PR]
by km_achin | 2006-03-26 17:35 | 懸賞
e0021004_1213067.jpg昨日、珍しくダンナ宛に宅配便が届きました。

おぉ、サントリーからだわ!

ジョッキ生モニターキャンペーン350mlが2本当選しました。

新製品が試せるってうれしい♪
[PR]
by km_achin | 2006-03-24 22:06 | 懸賞
e0021004_12134689.jpgようやく春めいてきて、お風呂上がりにググッと冷たいものが飲みたくなる今日このごろ。
このググッと冷たいものっていうのが、私の場合、アルコールではなくカルピスウォーターなんですよ。

こんな感じ 

ちなみにこのグラス、2000年にカルピスさんの懸賞で当たったミレニアムグラスなんですよ(プチ自慢)。

この間、ホームページを見ていたら、カルピスウォーターの新CMを発見。
去年に引き続いて、長澤まさみちゃんがかわいく登場。先輩のくまさんにチュッてしてる~。って文章だけだと「毛深く男くさいくまさんというあだなの先輩にチュッてしてる」と誤解されそうなので、まずはCMをお楽しみに(今月22日からOAしてます)。くまさんがかわいいの。いいなぁ、あんなにかわいい子にチュッてされて。あ~あ、わたしも青春に戻りたい。

で、このくまさんは誰なの?
なんとなくかっこよさそうなんだけど。

カルピスウォーターは発売15周年だそうで、「カルピスウォーター」「カルピスソーダ」「フルーツカルピス 桃」についているシールのシリアルナンバーをキャンペーンサイトで入力すると、「ソニーウォークマン&オリジナルケース」や「オリジナルペットボトルホルダー」などが抽選で4,000名様に当たるんですって!
もちろん私も応募しまよ。そのためにせっせと購入しているのです。
[PR]
by km_achin | 2006-03-23 23:10 | 食べ物・飲料
e0021004_1755376.jpg<ストーリー>
エジプト。3000年前の古代、新王朝時代。国王セティ1世の御代、邪悪な力を誇った魔術師にして高僧のイムホテップ(アーノルド・ボスルー)は王の愛人アナクスナムン(パトリシア・ヴェラスケス)と許されざる恋に落ち、王を暗殺。死者の都ハムナプトラで、イムホテップは彼女を生き返らせる儀式を行う寸前に捕らえられ、“ホムダイ"と呼ばれる、ミイラにされ棺の中で永遠に生き続けさせられる究極の極刑を受けた……。
1923年。サハラ砂漠の奥地の伝説の都ハムナプトラに眠るという財宝を探しに、探検隊が来訪。都の場所を知りながら謎の部族の襲撃を受けて身一つで脱出した若き冒険家リック・オコンネル(ブレンダン・フレイザー)は、カイロ刑務所に捕らわれの身となり、処刑されるところを、都に眠る古文書を探す女性科学者エヴリン(レイチェル・ワイズ)によって救われる。財宝を狙う彼女の詐欺師まがいの兄ジョナサン(ジョン・ハナ)が都の場所を知るというリックの噂を聞いて、エヴリンをたきつけ、彼女にこれまた財宝を狙う強欲な刑務所長(オミット・ジャリリ)を説得させたのだ。リックと同じく財宝を追うかつて彼を裏切った狡滑な傭兵ベニ(ケヴィン・J・オコナー)エジプト学者(ジョナサン・ハイド)を擁する別の探検隊一行と鍔ぜり合いを演じ、謎の部族の襲撃を受けたりしながら、ようやくハムナプトラヘたどりつく一行。ところが、そこには“死者の都"を守る秘密結社の一団が待ち構えていた。
(goo映画より)
(1998年 アメリカ)

TV放映にて鑑賞。
このところ、なかなか撮りためた映画を観る時間がなくて、またもやDVDハードディスクがいっぱいになってしまいました。
今日は次男の体調が悪く、保育園を休んで家にいたため、子どもと一緒に観られる映画を録画リストから探したところ、この映画がなかなか良さそう。あまりお色気のあるものとか、残酷なものは避けたいですので。

子どもと一緒に観て、まあまあ楽しめる映画かな。
長男はこういうのは苦手だけど、次男はちょっと怖いのとかでもOKなんです。
途中、私が居眠りしてても、内容を教えてくれるし。

こういったアドベンチャーものは、アクションの得意な主人公が出てくることが多いのですが、この映画は違います。
「よく生き延びましたね」と握手を求めたくなるくらい、アクションが苦手そうなエヴリン(レイチェル・ワイズ)が頑張っています。

気持ち悪い虫がいっぱい出てくるので思わず目を被ってしまいます。あれは、ちょっと苦手・・・。

ところで、秘密結社のリーダー、アーデス・ベイ(オーディド・フェール)は、かっこいいかも。
おいしいとこどり、みたいな。
観終わったあと、主人公に感情移入はしないものの、あの黒い衣装の彼がちょっと気になってしまいました。
[PR]
by km_achin | 2006-03-22 17:18 | 映画・旧作

フリーマーケット

今日は一年以上ぶりのフリーマーケット出店でした。このフリーマーケット会場は以前にもやったことのある場所で、お客さんも多いところのはずが、今日の閑散とした状態はどうしたことか。出展者も少ないし、お客さんも少ないのねぇ。
それでも、子供用自転車とかおもちゃとか売れたので、帰りの荷物はちょっとすっきり。
とはいえ、お客さんが来ないのが響いて、このまま明日もフリマができそうなくらい商品が売れ残ってしまいました~(泣)。
また、今年もフリマをいっぱいやりたいな。

e0021004_12143349.jpg家に帰ると、ビオレのサンプルが当選していました。
ちょっと嗅いでみました。エンジェルローズが好みの香り。
お風呂タイムが楽しみだわ。
[PR]
by km_achin | 2006-03-21 20:16 | 懸賞

あしたは晴れるかな

e0021004_12151447.jpg明日は、久しぶりにフリーマーケットの出店をします。
なかなか準備が進まず今晩バタバターッと用意するので、かなりアセッています。
押し入れから目玉商品(これだけかって?いえいえ、これは子どもの視線を奪う為ですよ)を引っ張り出したところ。

値札とか付けていると必ず子ども達が寄って来て「これ、売っちゃだめー」とか言うので、寝静まった後に荷造りをしよう。
[PR]
by km_achin | 2006-03-20 20:01

バーティカル・リミット

e0021004_2257087.jpg<ストーリー>
3年前、ロッククライミング中に起きた事故で、兄ピーターは妹と自身を救うため、一瞬のうちに父親の命綱を切ることを決断した。妹はそれを許すことができない。兄は苦悩から逃れるために山を拒否し、写真家となる。妹は父親の夢を追って登山家となる。そして今、世界第二位の高峰K2登頂に挑んでいた。だが、事故に遭った妹は標高8,000mでクレパスに閉じ込められてしまう。妹を救うためにピーターは、世界で最も恐れられている山、K2へ向かうことを決意する。
(Yahoo!ムービーより)
(2000年 アメリカ)

TV放映にて鑑賞。

雪山のことについては全く無知なんですが、遭難した方も、救助する方も命がけです。

雪山での救助中、大声で会話しているけど、その大声で雪崩が起きるのでは、と気が気じゃありません。

迫力のあるシーンが満載で、雪山の恐さが伝わってきます。

私、山登りは苦手なんです。高山病になっちゃうんですよ。富士山は7合目で気分が悪くなっちゃいます。足腰も軟弱なので、高山病にならないとしても途中でリタイヤしそうなんですけど。
オーストラリアのエアーズロックも登ろうとしたのですが、途中で気持ちが悪くなっちゃいました。登頂成功の快感を得られないので、とても損した気分です。オーストラリアの中心から世界を見下ろしたかったなぁ。

この映画を観ながら、ついつい「ファイトォー!いっぱーつ!」と気合を入れたくなりました。
[PR]
by km_achin | 2006-03-17 22:59 | 映画・旧作