「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

<   2006年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

<あらすじ>
2003年3月、アメリカ軍の空爆が始まる前のバグダッド。人々は普通に生活し、子どもたちは微笑んでいる。そして開戦。爆弾は民家をも襲った。病院に血まみれの人々が運び込まれる。その中に、目の前で3人の子どもを失った父親アリがいた。米軍がバグダッドへ入城するが、それを冷ややかに見つめる市民たち。クラスター爆弾で右手を失った少年アフマド、右目を負傷した少女ハディールなど、戦争被害にあった子どもたちをカメラは追う。一方、子どもを失ったアリは米軍への怒りを隠せなかった。
(goo映画より)
(2005年 日本)


2月24日、イイノホールにて開催された「毎日映画コンクール」上映会で「Little Birds-イラク戦火の家族たち」(ドキュメンタリー映画賞受賞作品)を鑑賞。

映画上映の前に、この映画の撮影・監督をした綿井健陽氏のトークショーがありました。内容抜粋・・・封切りから1年経って、47都道府県で上映されました。上映会では途中で気分の悪くなる人も出ることもありましたが、どうか最後まで観て、日本の今の立ち位置を考えて欲しいそうです。人間の死にはフィクションはない、戦争による理不尽な死や絶対的な事実を受け止めて欲しいとおっしゃっていました。

アメリカ軍のバクダッドへの空爆、罪のない市民が大勢巻き込まれている姿が映されています。フセインからイラクの人々を解放するための空爆といいながら、戦争の「せ」の字も知らない子ども達が亡くなったり、大怪我をしたりしているのです。綿井監督が、アメリカ兵に「これは虐殺じゃないのか」と問いかけるのに、アメリカ兵はノーコメントを通します。映画の中には出てきませんが、テレビではアメリカ兵による捕虜への虐待も明らかになっているのですから、この戦争における功罪は大きいと思います。
空爆を受けて、家族を亡くしたり、住む家がなくなって、仕事も見つからないのに何の保証もされません。
理不尽なことばかりのイラクの人たちの映像の次に、日本の自衛隊がが映りました。イラクに派遣され、マスコミの前でにっこりと笑って昼食を食べるパフォーマンスをしていました。その映像のギャップに唖然としてしまいました。

日本のやっていること、っていうか、国が考えているイラク支援って違うところ向いているんじゃないの?とつくづく思いました。
[PR]
by km_achin | 2006-02-28 22:21 | 映画・旧作

キリン ノアレプラス

先月、「キリン ノアレプラス」が当選して毎日摂取していたら、お通じもいいし、花粉症の症状も軽いので、続けて購入することにしました。

e0021004_11554448.jpg30日分は2500円、90日分は6000円ですが、2月28日まで90日分が5000円で購入できるキャンペーンをしているというので、ついついこんなに購入してしまいました(一箱は友人の分だけど)。

毎年、花粉症対策でいろいろな食品を試していますが(甜茶、じゃばら、ヨーグルトなど)、今年は「キリン ノアレプラス」で乗り切るつもりです。


★お得なお知らせ★

ただいまノアレプラス6粒を毎週5000名に、10週連続総計50,000名にプレゼントというキャンペーンをやっています。
[PR]
by km_achin | 2006-02-27 23:16 | 食べ物・飲料
e0021004_2147447.jpg2月24日、イイノホールにて開催された「毎日映画コンクール」上映会で「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」(TSUTAYAファン賞・外国映画部門受賞作品)を鑑賞。

平日の昼間から長丁場の上映会とあって、客層は年配の方々が多かったです。

「スター・ウォーズ」のシリーズはうちの子ども達が好きで、しょっちゅうDVDを観ているのですが、いつも私は途中で寝てしまうんです。だから、あんまり内容を把握していません。予習もしないまま観ていいんだろうか、とちょっと心配だったんです・・・案の定、日頃の疲れからか、つい、うとうととしてしまいました・・・。ほんの2~3秒ですよ。・・・多分。

オープニングやエンディングで聴き慣れた「スター・ウォーズのテーマ」が流れると、さすがに感慨深いものがありますね。中学の吹奏楽部で「スター・ウォーズのテーマ」を演奏したような記憶があります。

R2がガソリンを撒いて火をつけたりして大活躍するシーンは子どもが喜びそうです。
オビ=ワンとアナキンがエレベーターに乗っているときにかけあいで観客を笑わせようとしているようなんですが、ベタすぎてそれほど笑えなかったです。

アナキンがオビ=ワンとの戦いであんな痛々しい姿になるなんて!そういえば「シンシティ」の映画を観たあとに、いろいろなブログを覗いたら、「イライジャ・ウッドもアナキンも痛々しい姿になって、ファンにはつらいだろう」という記述があったことを思い出しました。「スター・ウォーズ」は子どもと一緒に楽しむ映画だという認識があったので、ちょっとショックでした。

はじめてじっくり「スター・ウォーズ」を観たので、また「スター・ウォーズ4」から観直そうかな。
[PR]
by km_achin | 2006-02-27 22:24 | 映画・旧作
e0021004_1071113.jpg我が家の子ども達(8歳と6歳)は絵本が大好き。
図書館を利用しているので、もう何百冊という絵本を読んでいますが(一回に14冊借りて2週間で返してます)、その中で私が気に入って購入までしたのが、この「マルかってなんだ?」という絵本(作: おのやすこ、絵: あべ まれこ)です。


学校帰りに、門に「か」と書いた丸いシールが貼られているのを見つけたぼく。
「か」ってなんだ?門のすきまからのぞいてみると……かっぱがいたんだ!
かっぱは、この家にすむおじいさんの家族になりたいと言うけれど……。
あっと驚く結末が楽しい絵本です。
(BL出版の内容紹介による)


子ども達に絵本を読み聞かせていて、不覚にも涙がでてしまうくらい温かくて、とってもやさしい気持ちになれる本です。読み終わったあと、自分の大事な人をギュッと抱きしめたくなります。
かっぱの気持ちとおじいさんの気持ちの両方に感情移入してしまって、何度読んでも涙が出ます。
なんてうまくできたストーリーなんでしょう。作者のおのやすこさんは天才だと思いました。

この本は第18回「ニッサン童話と絵本のグランプリ」童話大賞受賞作品(2002年)でもあるので、知っている方も多いかもしれませんね。

本屋で立ち読みしようとしているあなた!
泣かないように気をつけてくださいね。


★お得なお知らせ★

ヤシノミ洗剤でただいま手肌と心にやさしい ヤシノミ洗剤ブログキャンペーンをやっております。
今、募集しているテーマは「”やさしい”気もちになれる、おススメの映画・音楽・本を教えてください」です。このテーマは3月7日が締め切りです。なんと、グランプリを受賞すると5万円(!!!!!)の商品券がいただけます。想像しただけでクラクラしてしまいます。
映画好き、音楽好き、本好きのみなさん、ぜひ応募してみてくださいね。

・・・あっ、応募が増えると私の受賞がますます遠ざかってしまう・・・
[PR]
by km_achin | 2006-02-24 10:25 |

明日は映画三昧なのだ

毎日新聞で主催された「第60回毎日映画コンクール」の受賞作品の鑑賞会がイイノホールで明日行われます。
午前中は「劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」(アニメーション映画賞受賞作品)などが上映され、午後は「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」(TSUTAYAファン賞・外国映画部門受賞作品)、「Little Birds-イラク戦火の家族たち」(ドキュメンタリー映画賞受賞作品)、「パッチギ!」(日本映画大賞受賞作品)が上映されます。
午前の部と午後の部とに分かれていて、この鑑賞会に応募したところ、みごと午後の部当選

あしたは、豪華3本立ての映画鑑賞。
週末は用事が立てこんでいるので、記事は遅くなりそうですが、楽しんできまーす。
[PR]
by km_achin | 2006-02-23 22:09 | 懸賞

ガトーショコラノアール

e0021004_11563374.jpg今日はとってもうれしい当選品の届け物がありました。
マキシム・ド・パリの「ガトーショコラノアール」です。
エンジ色の箱を開けると、赤いかわいらしい包装で覆われた焼菓子が出てきました。
大きさはショートケーキ位なんですが、ずっしりと重い(170g)です。
この大きさって一人には多いけど、二人では足りないような・・・。
日持ち(90日)がするので、休日のおやつに一人で(!)食べようっと。
[PR]
by km_achin | 2006-02-22 23:37 | 懸賞
e0021004_22553527.jpg<ストーリー>
プリンストン大学大学院の数学科から優秀な成績でウィーラー研究所に進んだナッシュ(ラッセル・クロウ)は、周りに変人扱いされながらも数学の研究に没頭。ある時、諜報員パーチャー(エド・ハリス)にソ連の暗号解読を依頼される。世界の危機を救うことに喜びを感じ、密かにスパイ活動を続けるナッシュ。そんな彼にとって講師の仕事はつまらないものだったが、聴講生のアリシア(ジェニファー・コネリー)と愛を交わすようになり、2人は結婚する。結婚後も極秘でスパイの任務は続いていたが、プレッシャーは大きくなり、命の危険を感じる出来事も重なる。やがてナッシュは幻覚に悩まされるようになった。
(goo映画より)
(2001年 アメリカ)

TV放映にて鑑賞。

何の予備知識もなく観たところ、感動してしまいました。
ラッセル・クロウが、おどおどしたような、ちょっと変人っぽい役を実にうまく演じていて、引き込まれました。
諜報員パーチャー(エド・ハリス)にソ連の暗号解読を依頼されてからというもの、ハラハラするような事件にまで発展し、とても面白いです。

大学時代からの親友とその姪に決別しようとするあたりから泣けてきました。あの親友は、いつでもそばにいて、ナッシュを励まし続けてきたんですもの。

年老いたナッシュとアリシアの役は別の人に頼んでもよかったのでは、と特殊メイクの不気味さを見て思いました・・・。ちょっと怖かったなぁ。
[PR]
by km_achin | 2006-02-21 23:00 | 映画・旧作
e0021004_21243328.jpg<ストーリー>
20世紀初め、モンタナの牧場。元騎兵隊大佐のウィリアム・ラドロー(アンソニー・ホプキンス)は、戦いの記憶から逃れるため、この地に定住して3人の息子たちの成長を見守る。中でも狩りを好む野性児の次男トリスタン(ブラッド・ピット)に、ことのほか愛情を注いだ。ウィリアムの妻イザベルは、過酷な自然環境に耐えられず彼と別居して街に住んでいた。時は流れ、ハーバード大で学んでいた末っ子サミュエル(ヘンリー・トーマス)が、婚約者スザンナ(ジュリア・オーモンド)を連れて帰郷した。
やがて第一次大戦が勃発し、3兄弟はヨーロッパ戦線に出征するが、サミュエルは戦闘中に死亡する。
(goo映画より)
(1995年 アメリカ)

TV放映にて鑑賞。

ブラピが出ているんなら、と観始めたら戦争になっちゃって、「苦手分野だぁ。もう、観るのやめようかな。」と正直思いました。でも、結局、最後まで観ちゃった。
顔をしかめながら。残酷なんですよ。

ヒロインのスザンナ(ジュリア・オーモンド)がそれほど魅力的じゃなくて(兄弟3人に愛されているというのに)、さらにトリスタン(ブラッド・ピット)がなんでイザベル(カリーナ・ロンバード)と結婚したのか腑に落ちない。でも、トリスタンはかなり愛していたようだけど。

いろいろなことが起こった人生を走馬灯のように見せられたような感じです。トリスタンの最後って、「ええーっ」という終わり方(宿敵の熊に襲われる)でびっくりしたんですが、さらにナレーションで「トリスタンは『よい死』でした。」って流れたので絶句。
本当に熊に襲われた死が「よい」と思いますか?
[PR]
by km_achin | 2006-02-20 21:30 | 映画・旧作
e0021004_19225959.jpg<ストーリー>
大富豪パリッシュ(アンソニー・ホプキンス)のもとに突如客がやって来た。ジョー・ブラック(ブラッド・ピット)と名乗る彼、実はパリッシュを迎えに来た死神で、ついでにパリッシュを案内人にして人間の世界を見に来たのだった。娘のスーザン(クレア・フォラーニ)は彼の姿を一目見るなり驚く。ジョーは街で意気投合した青年にそっくりだったからだ。それもそのはずジョーは死んだその青年の肉体を借りてこの世界に降りてきたのだ。
(goo映画より)
(1998年 アメリカ)

TV放送にて鑑賞。


ジョー・ブラック(ブラッド・ピット)がチューリップの花束を持ってスーザン(クレア・フォラーニ)に逢いにきたときの表情がキュート!

最初は説明っぽくてダレるなぁ、と思ったけど、だんだん引き込まれていきました。
いいじゃない?ラブストーリー。
口下手なジョー・ブラックがやけにかわいく思えてしまうのだ。

それにしてもクレア・フォラーニの眉間とおでこの縦じわがどうも気になって・・・。観ているこちらも眉間にしわが・・・。

かわいいブラピを繰り返し観たい映画ですね。
[PR]
by km_achin | 2006-02-19 19:25 | 映画・旧作

最後の恋,初めての恋

e0021004_19104440.jpg<ストーリー>
2003年、上海。日本の自動車メーカーの東京本社から上海支社に転任してきた早瀬高志(渡部篤郎)には、辛い過去があった。婚約者が自分の親友の滝本司(松岡俊介)の車に同乗中に、事故死したのだ。愛と友情に同時に裏切られた早瀬の傷口は、半年経っても無残に開いたままだった。歓迎会の席でもほとんど口をきかない早瀬を、心配そうに見守る支社長の恩田聡(石橋凌)。早瀬は黙って先に帰り、路地のバーで一人グラスを空け続けた。会社が用意した五つ星ホテルにたどり着いた早瀬は、かなり酔っていた。心配そうに様子をうかがうフロント係のファン・ミン(シュー・ジンレイ)。部屋に入り、酒と一緒に無造作に睡眠薬を飲み下す早瀬が床に倒れた時、ちょうどドアの外にミンが立っていた。
(goo映画より)
(2003年 日本、中国)

TV放映にて鑑賞。

早瀬高志(渡部篤郎)が上海に転任になったところからストーリーが始まりますが、かなりふてくされているように見えて、「そんなに左遷が気に食わないのか!」と思っちゃいました。それじゃ、上海で働く他のスタッフに失礼じゃないか!
と憤っていたところ、左遷でもなければ仕事が気に食わないわけでもなかったんですね。
それにしても、転任してきて、挨拶もろくにせず、よくまわりが許すなぁ、と思いました。

恋するファン・リン(ドン・ジエ)の明るさがかわいらしいこと。また、姉の妹を思いやる心がよかったですね。

明るくなった早瀬が花壇に水をあげているシーンが好きです。
[PR]
by km_achin | 2006-02-18 19:16 | 映画・旧作