「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

<   2005年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

e0021004_1042847.jpg<ストーリー>
1960年代、アメリカの片田舎。チェコからやってきたセルマ(ビョーク)は、女手一つで息子ジーン(ヴラディカ・コスティク)を育てながら工場で働いている。セルマは遺伝性の病気のため視力を失いつつあり、ジーンも手術を受けないと同じ運命をたどるのだが、それを秘密にしつつ、手術費用をこつこつ貯めていた。彼女の生きがいはミュージカル。アマチュア劇団で稽古をしたり、仕事帰りに友人のキャシー(カトリーヌ・ドヌーヴ)とハリウッドのミュージカル映画を観ることを唯一の楽しみとしていた。しかしセルマの視力は日増しに弱くなり、ついには仕事のミスが重なり工場をクビに。しかもジーンの手術代として貯めていた金を、親切にしてくれていたはずの警察官ビル(デイヴィッド・モース)に盗まれてしまう。(goo映画より抜粋)
(2000年 デンマーク)

カメラワークがあまりにも動きすぎるんで、最初から気持ち悪くなってしまいました。酔います。
それでなくてもセルマ(ビョーク)がとても地味な顔立ちで、そのうえ手ぶれのひどい映像を観ていると、素人のドキュメンタリーを観ているような気持ちに・・・。
でも、セルマの歌声はいいですね。高音ののびが気持ちいいです。

セルマは、視力が弱くなってきたというのに、夜勤の仕事を増やします。夜勤初仕事のときに、上司に「給料泥棒は許さないわよ。ちゃんと働いて!」とくぎをさされるし、職場は工場で危ない旋盤がいっぱい。目がよく見えないのに危なくないかしら、って私は最悪のことまで考えて心配したっていうのに、いきなり歌って踊りだすセルマ。しまいには工場の人たちが全員でミュージカル。オイオイ。

このように最初のうちはまだよかったんですが、内容が暗くて、救いようがないんです。感動する映画だと思って観始めたのに、こんなに重い映画だとは・・・。
ちょっと、というかだいぶ苦手な映画でした。
[PR]
by km_achin | 2005-09-30 23:49 | 映画・旧作

阪神優勝!

昨日は素晴らしい日でした。
とうとう阪神が優勝。夢にまで見た岡田監督の胴上げ。

試合の始めから阪神がリードしていて、巨人がまたエラーなどするから痛々しいこと。
選手は顔がほころびそうになるのをグッとガマンして真面目な顔つきにしているのに、金本始終にこにこ。最後も金本のキャッチでスカッと終わってよかったなぁ。

胴上げのあとも選手たちが場内を走り回って、飛び上がってバンザイしてたりして、感動してしまった。

記念すべき試合は録画もしたし、また見返そう。
[PR]
by km_achin | 2005-09-30 08:02 | 阪神タイガース

とうとうマジック1

阪神7―5巨人

とうとうマジックが1になりました~♪

阪神ファンにとっては大事な試合だっていうのに、テレビ放映がないのはどういうこと!!!
読売新聞の木曜日についてくる週間テレビ番組によると、今日はテレビ朝日で阪神戦を放映するはずになっている。がっ!実際にはこの時間は「帰ってきた昭和の名曲 美空ひばり秘蔵VTR&懐かし大ヒット33曲熱唱・・・」が放映されている。
いくら視聴率が悪いから巨人戦の放映を中止する ってなっても、そりゃないんじゃないの?
阪神ファンだけじゃ視聴率に影響しないってか?

同じく週間テレビ番組によると、明日は日本テレビで放送する予定になってるが、どうなることやら。
でも、あしたはBSで放映があるぞー。

もしかして、もしかするかも~♪
[PR]
by km_achin | 2005-09-28 22:20 | 阪神タイガース
e0021004_22353839.jpg<ストーリー>
ヒラリー(レイチェル・グリフィス)ジャクリーヌ(エミリー・ワトソン)の姉妹は幼少の頃から音楽好きの母アイリスによって育てられた。ふたりはそろってパーリーの音楽コンクールに出場するが、そこで絶賛されたことを機にジャクリーヌはチェリストとしての才能を開花させていく。ヒラリーは自分の才能に見切りをつけ、大学の同級生の指揮者キーファと結婚し、平凡な家庭夫人となる道を選ぶ。22歳で天才ピアニストのダニエル・ボレンバイム(ジェームズ・フレイン)と結婚してさらに名声を高めた彼女だが、夫との世界公演は彼女を心身共に疲労させた。(goo映画より)
(1998年 英)

クラシックが好きなので借りてみたのですが、予想以上に感動できるいい映画でした。
仲のいい姉妹で、成人するまでは、親友でもあり、かたい絆でつながっている二人。いつも一緒でけらけら笑っていて、この仲のよさがうらやましいです。
成人してからの出来事は、ヒラリーの視点から見た映像と、ジャクリーヌの視点からの映像と別々になっています。映像を別々にしているので、ヒラリーの話のときはヒラリーに共感するし、ジャクリーヌの話のときはジャクリーヌの気持ちになるので、二人の気持ちがすごく伝わってきます。
ジャクリーヌは体が不自由になってから、「もう一度演奏をしたい」と太鼓の担当で舞台にあがります。子どもの頃、お姉ちゃんの舞台に無理やり太鼓の担当で出て失敗したシーンとオーバーラップしたあたりから、涙なくしては観られませんでした。後半はオーケストラにのせたジャクリーヌのチェロの演奏も迫力があって、感動の後押しをします。

実在したチェロ奏者の短い一生を演じたエミリー・ワトソンの演技に拍手を送りたいです。
[PR]
by km_achin | 2005-09-27 23:24 | 映画・旧作
e0021004_22135243.jpg昨日、ホームセンターに行ったら、資生堂のワゴンがでていて販売員の人が
タイムセール!
と呼び込みをしていた。

気前よくサンプル(ホワイティアの化粧水と乳液8mlの小ビンやunoの整髪料、ヘアリンス40ml)を配ったあとに、 「いい商品があるから紹介させて」と言って説明したのが、資生堂ホワイティアデイプロテクト(薬用日焼け止め美容液)。

いつもの化粧水のあとにコレを塗れば、紫外線をカットするんだって。塗ると、肌の色が明るくなるから、ちょっと近所に行くぐらいならファンデーションなんか塗らなくたって大丈夫だそうだ。
ファンデーションの前の化粧下地としても使えて、化粧くずれもしにくいらしい。確かに、今日化粧下地で使ったら夜まで化粧くずれしなかったな(っていうか、まじまじと顔なんて見てないけど、多分崩れてなかったと思う)。
定価1260円が、このホームセンターでは31%引。
この美容液とファンデーションを購入したら、プレゼントまでもらってしまった。しかもプレゼントの一つはホワイティアアクネホワイトという化粧水50ml。なんと美容液と同じ量だ。他にも浴用石鹸やタオルまで!
浴びるくらい化粧水と美容液使おうかしらっ。

これだけホワイティアを揃えると気分はすっかり松たか子
[PR]
by km_achin | 2005-09-26 22:40 | お気に入り

ムシキングの知育ドリル

e0021004_21485621.jpg春先にムシキングのもじ・かず・ちえあそび という知育ドリルを次男のために買った。迷路やクイズがあって、なかなか楽しい。切ったり貼ったりしてかぶとむしを作る工作などもある。工作はちょっと難しいので長男が担当。
次男がおたふくかぜでずっと家にいたときも、このドリルで遊んで、時間つぶしができた。



e0021004_21491692.jpgそして、第二弾が発売された。ちえあそびプレイブック っていうドリル。今日、買ってきたら次男は早速迷路などをやっている。今回のはテレビアニメのキャラが多く出ている。シールもいっぱいついていて、これまた楽しい。
これでチエがつくのかちょっと疑問だが、虫には詳しくなるかも?
また、家中に虫の工作が増えるなぁ。
[PR]
by km_achin | 2005-09-25 22:12 | ポケモン・ケロロ軍曹・他

アザーズ

e0021004_21265882.jpg<ストーリー>
1945年、第2次世界大戦末期の英国、チャネル諸島のジャージー島。グレース(ニコール・キッドマン)と、アレルギー体質のため太陽光線を浴びることのできない娘アン(アラキナ・マン)と息子ニコラス(ジェームズ・ベントレー)は、広大な屋敷の中で親子3人の閉ざされた日々を送っていた。そんなある日、ミセス・ミルズ(フィオヌラ・フラナガン)と言葉を喋ることのできないリディア(エレーン・キャシディ) 、庭師のミスター・タトル(エリック・サイクス)が、使用人として招き入れられる。まもなく屋敷の中で、他人の足音や話し声が響き渡り、ピアノがひとりでに鳴りだすという怪奇現象が頻繁に起き始める。誰かが勝手に侵入していると怯えるグレースに、アンは一枚の絵を描いてみせる。そこには全く見覚えのない、老婆と男の子とその両親が描かれていた。(goo映画より)
(2001年、アメリカ=スペイン=フランス)

「怖い映画、怖い映画」と期待しながら観ていたのですが、なかなか怖いシーンがないなぁ。びっくりしたのは、最初にグレースが起きぬけに「ア゛ァーーーー」と叫ぶところ。毎朝あんなに叫ばれたら怖いです。

途中から「ひょっとして結末はこうでは?」と思っていたら、そのとおりになりました。最後までみて、「つじつまは合っているのかな」って思いましたけど。

ニコールの美しさを堪能いたしました♪
[PR]
by km_achin | 2005-09-25 21:44 | 映画・旧作

美術館の隣の動物園

e0021004_2322946.jpg<ストーリー>
結婚式のビデオ撮影を仕事にしている女性チュニ(シム・ウナ)は、式場で見かけた代議士の秘書インゴンに恋をしている。そんなある日、彼女がアパートに帰宅すると、部屋には見知らぬ 若い男が。チョルス(イ・ソンジェ)という、この男は兵役休暇中で、チュニの部屋の元住人だった恋人タヘを訪ねてきたのだ。しかしタヘは他の男と婚約。それを知ったチョルスは落ちこんでしまう。気の毒になったチュニは、期限付きで彼をアパートに置くことに。チュニは脚本募集に応募するためのラブストーリーのシナリオを執筆中だったが、恋に臆病なため筆はなかなか進まない。そんな彼女に、チョルスは協力を申し出る。かくして彼らは、インゴンとタヘを主人公にした恋愛劇を共同で書き始めるが…。(ポニーキャニオンHPより)
(1998年 韓国)

胸がキュンとなるラブストーリーでした。
チュニ(シム・ウナ)が思いっきり片思いしているところが、かわいいんです。で、チョルス(イ・ソンジェ)がチュニにアドバイスするんですね。いいなぁ。こんな相談相手がいて。
チョルスの優しさの度合いがだんだん強くなっていくのが、またキュンとなるなぁ。はじめは平田満にしか見えなかったチョルスも、見慣れてくるとイイカンジ。

バスに乗り遅れそうなチュニのために、チョルスがわざとバスの前に車を止めて、通せんぼしたシーンがいいな。
後半、もどかしくて胸がザワザワしっぱなしでしたが、ラストもとってもよかったです。
[PR]
by km_achin | 2005-09-24 00:13 | 映画・旧作

バイオ・ディザスター

e0021004_140149.jpg<ストーリー>
極秘化学兵器による保菌者が、別れた息子に会いたいがために息子の住んでいる土地まで行く途中で知らずにウィルスをばらまく…。ウィリアム・ハートナターシャ・マケルホーン共演による戦慄のバイオパニック。
(2000年 アメリカ)(劇場未公開)

このウィルスは空気感染はしません。握手したり血液がついてしまうと感染します。感染するとすぐにうつされた人が死んでしまいます。死亡に至る時間が短いので、まわりはパニックに。
この保菌者は、直す薬を注射しろっていっても言うことをきかない。とーっても迷惑な人。騒ぎを大きくしまくり。

ナターシャ・マケルホーンが話し好きのとても人懐こいキャラクターで出ているので、ちょっと意外でした。なんで彼女がウィリアム・ハート(この落ち武者みたいな髪型はどうかと思います)のことが好きになったのか、よく理解できないんですが。


なかなかおもしろく観ました。
[PR]
by km_achin | 2005-09-23 14:23 | 映画・旧作

プルーフ・オブ・ライフ

e0021004_0563422.jpg<ストーリー>
国際的な人質事件を専門に扱うプロの交渉人テリー(ラッセル・クロウ)は、会社の要請で南米の国テカラへ飛び、反政府ゲリラに誘拐されたアメリカ人技師ピーター(デイヴィッド・モース)に関する事件を扱うことになる。だが身代金の交渉を進める前に、経営危機に陥ったピーターの会社が保険をキャンセルしていたことが発覚。テリーはいったん事件を離れるが、ピーターの妻アリス(メグ・ライアン)の哀願に心を動かされ、交渉人仲間のディーノ(デイヴィッド・カルーソー)と共にピーターを救い出すと誓う。そして無線による身代金の交渉が始まった。持久戦が続く中、やがてテリーとアリスの間に愛が芽生えはじめる。むろんそれは許されない感情。燃え上がる恋の情熱をストイックに抑えながら、テリーは不屈の粘り強さで人質交渉にあたり、自らの責任をまっとうするのだった。(goo映画より)
(2000年 アメリカ)

先日シンデレラマンを観たので、ラッセル・クロウの出ている作品でも観ようかな、と借りてきた。

なぜ交渉人の仕事がキャンセルになったのに、アリスのところに戻って仕事を引き受けたのか、ずっと疑問。2,3日で解決する仕事ならともかく、100日以上もかかり、本来の仕事は休みっぱなしでいいの? と思ったらどうやら会社を辞めてきたらしい。
ずっと一緒にいるうちにテリーとアリスには愛が芽生えるのだが、ドロドロしてなくてよかった。さらっと別れるのがかえっていい感じに思えた。
誘拐犯との交渉は知的な感じでよかったし、後半の救出大作戦はかっこよかったなぁ。人質を救出するために仲間が殺害されたらどうしようと心配しどうしだったけど。

メグ・ライアンは自分が納得できる役にするために、アリスの性格など脚本を変えさせたようですね。さすが大女優。

実際の誘拐などを参考に作っただけあってリアルで、引き込まれる映画でした。
[PR]
by km_achin | 2005-09-23 01:50 | 映画・旧作