「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

カテゴリ:ドラマ( 8 )

e0021004_23234986.jpg今日は恵比寿ガーデンホールでのWOWOW連続ドラマW「空飛ぶタイヤ」舞台挨拶付き試写イベントに行ってまいりました。
今回のイベントは主要キャストの登壇あり!ということで気合十分でWOWOW連続ドラマW「空飛ぶタイヤ」の試写会に臨んだのですが、私の期待通り、仲村トオルさん、田辺誠一さん、萩原聖人さん、水野美紀さん、國村隼さんの5名が登壇されました。しかも、私の席が前の方だったため、かなり至近距離で!通常の舞台挨拶だと報道関係の方たちが座るような席でした。
みなさん素敵で、夢心地でした~。

~『空飛ぶタイヤ』ストーリー~
小さな運送会社を経営する赤松(仲村トオル)に事故の連絡が入る。会社のトレーラーのタイヤが外れて母子にぶつかり事故を起こしたというのだ。
整備不良が原因と決め付けられ、刑事(遠藤憲一)からの執拗な捜査を受け、一気に信用を失ってしまうが、専務の宮代(大杉漣)や門田(柄本佑)、妻(戸田菜穂)に励まされ、赤松は事故の原因を突き止めるべく巨大組織への戦いを決意する。


今日の試写会は全5話のうちの第1話でしたが、とても面白かったです。
キャストの方々が骨太のドラマだとおっしゃっていましたが、実際に起こりえるエピソードが盛りだくさんで、良質の映画を観ているように、グイグイと話に引き込まれました。
大企業のリコール隠しが、今後どういう問題に発展するのか?
大企業の中にある小さな声が、組織の中でどう響いていくのか?
弱者である中小企業が大企業に踏み潰されないか?そして倒産の危機にどう立ち向かっていくのか?
見所をあげたらキリがないほど、楽しめる内容でした。

舞台挨拶の時にはとてもシャイで、しじゅう伏し目がちな仲村トオルさんが、ドラマでは従業員50名とその家族を守る熱血社長で、巨悪に立ち向かっていく姿がホントにカッコイイです!
こんな社長についていきたい~。髪の毛サラサラだし(って、何の関係が?)。

大企業ホープ自動車のクレーム担当の沢田(田辺誠一)赤松社長(仲村トオル)の敵のまま突っ走るのか、それとも赤松社長と手を組むなんてことがあり得るのか・・・。田辺さんの素敵な素顔を見た後なので、どうか、いい人でありますように!と願ってやみません。田辺さんが「民放では放送できないテーマ」とおっしゃっていましたが、かなり踏み込んだ内容のストーリーなので、かゆいところに手が届くように思いました。

週刊誌の記者役の水野美紀さんが、カッコよくて、デキル女性なので、スクープをものにして~!と大声援を送りたくなります。水野さんが舞台挨拶で「萩原さんとのやりとりのシーンではセリフの量の違いに注目してください」とおっしゃっていて、萩原さんは「僕の『・・・』の演技に注目してください」とおっしゃっていました。

お世辞ぬきで、とても面白い社会派ヒューマンサスペンスです。第一話を見て、続きが気になってしかたがありません。映画で例えると、クライマーズ・ハイを観たときの興奮といいましょうか。

3/29(日)22:00スタートのWOWOW連続ドラマW「空飛ぶタイヤ」は第一話無料放送なので、デジタルTVを観られる環境にある方は、必見です!
演技の素晴らしい俳優陣揃いで、見ごたえ十分です。萩原さんの言葉を借りると「スキのない演出とキャスティング」です。

私は全5話ガッツリ観ますよ~。
[PR]
by km_achin | 2009-03-17 23:57 | ドラマ

誰も守れない

先日、試写会で観た「誰も守ってくれない」の序章である「誰も守れない」がフジテレビで放映していたので、じっくり観ちゃいました。

映画と連動しているドラマって、興味のある映画だとうれしいですねぇ。
映画がとてもヨカッタので、期待して観ましたヨ。
映画でも流れたテーマ曲(リベラ「あなたがいるから」)が使われていて、一体感がありました。
勝浦(佐藤浩市)の渋さと愛嬌のあるセリフも映画とそのままだし、三島(松田龍平)のおチャメなキャラクターもいいわぁ。松田龍平の出ている映画って今まで4本くらいしか観てないけど、この刑事役が一番ハマり役のような気がします。

「空へ-救いの翼 Resucue Wings-」でも感じたけれど、木村佳乃の演技って、ちょっと浮くような気がするんですよねぇ。現実味がないというか・・・。
ドラマは木村佳乃の出番が多いけれど、映画版はここまで出ずっぱりじゃなくて、緊張感のある内容になっていますよ(どういう意味だって?)。
[PR]
by km_achin | 2009-01-25 00:02 | ドラマ
e0021004_2046473.jpgWOWOWで10月13日(月・祝)に全6話を一挙放送するドラマ「ロスト・ルーム」の試写会に、シネトレさんのご招待で行って来ました。

今回はアキバシアターという音響設備の整っているゆったりとした空間で第1話と第2話を鑑賞。

「ロスト・ルーム」はサスペンス要素がたっぷり。そして不思議な力を持つ「オブジェクト」が次々に出現し、ファンタジーっぽくもあります。ファンタジーといっても、焼死体とかが何回も出てくるので、かなり覚悟はいりますが。
ふとしたきっかけで「鍵」を手にしたジョー(ピーター・クラウス)。「鍵」はアイデア次第でいろんなことができちゃうのですが、持っていると身辺に悪いことが起こってしまうのです。ジョーは「鍵」を手放してもいいと思っているものの、行方不明になった娘アンナ(エル・ファニング)を探すには「鍵」と他の「オブジェクト」を組み合わせなければならないんです。「オブジェクト」は誰が持っていて、どんな使い方をするんだろう?という謎解きが面白いです!
ハマっちゃいました。

私の観た1話・2話ともイタチ(ロジャー・バート)がかなり重要な役柄で出ています。私の大好きな海外ドラマ「デスパレートな妻たち」のブリーの浮気相手の薬剤師さんですね。
もともと気持ち悪いビジュアルなうえに不精ヒゲ!ゾゾゾ~ッ
インパクトあります。

とても面白い作品です。大人向けの絵本みたいなところもあるかな。「ロスト・ルーム」を観ながら、「ミッケ!」という絵本を思い浮かべましたもの。「ミッケ!」も「鍵はどこかな?」とか「時計が4つあるよ」とか探させる絵本なんですよ。

全6話なので、一日で一気に観られて一気に解決という潔さがマルです。私も残りの4話が気になって気になって・・・。はやく放映日にならないかな。

2008年10月13日(月・祝)、午後1:00~WOWOWにて放送(全6話)

(C) MMVI Motel Man Productions Inc. All Rights Reserved.
画像はシネトレさんの提供です。
[PR]
by km_achin | 2008-09-27 21:24 | ドラマ
e0021004_1143329.jpg友人から、海外TVドラマの第一話だけを収録したお宝DVD(お台場で無料で配っていたらしい)を借りました。

LOST」はあまり興味をひかなかったのですが、「エイリアス」は映画を観ているようなわくわく感があります。あまり美人だとは感じられなかった主人公のシドニーが化粧によって凄い美人になって、頼もしく任務をこなしていくのがかっこいいです。

グレイズ・アナトミー」は病院が舞台のインターンの成長物語です。インターンとはいえ、かなりレベルの高い知識があり、応援したくなります。彫りが深い美女たちの中で一人、東洋系の(それもかなりのっぺりした顔立ちの)クリスティーナの動向が気になります。メレディスの上司のイケメン、ヒゲがうっとうしいから、剃ってほしいなぁ。

そして、今回一番楽しみにしていた「デスパレートな妻たち」。面白いとウワサでは聞いていたものの、こんなに面白いとは!
声を出して笑っちゃいました。スーザンが恋人にと狙う独身のマイクのところへ行くと、必ずイーディがいるのがツボです。第2話以降を友人に借りる予定なので、とても楽しみ。
シーズン2(9月3日深夜より)とシーズン3(10月3日より)もNHK-BSで放送されるらしいので要チェックです。
[PR]
by km_achin | 2007-08-21 12:20 | ドラマ

天使の梯子

映画「天使の卵」の続編だというので、ドラマ「天使の梯子」を見てみました。「天使の卵」は観に行く予定ではないのですが。

あまり感情移入ができなかったなぁ。夏姫の年下の彼、慎一の髪型が変なんだもん。
サッカーの北澤 豪さんを思い出してしまった。
しかも、動揺するという演技ではベタなドジばかりしていて、痛い!
夏姫(ミムラ)の演技もあまりうまくなかったなぁ。

慎一の祖母の葬儀の日(らしい)の夜に夏姫のところに行っているが、大事な日にフラフラしていてよいのだろうか。号泣シーンも、セリフを絶叫しているみたいだったもの。

ところどころ挟み込まれれる「天使の卵」のシーンは、「若い人たちの切ない恋」という感じでなかなか良さそうでした。

でも、ドラマと映画のコラボってどうなんでしょうね。
私は、映画はドラマとは別格だと思っているので、コラボにより価値が下がるような気がしました。
このドラマを見て、感動もしなかったし、「天使の卵」を観たくもならなかったし。

いまいち。
[PR]
by km_achin | 2006-10-24 00:39 | ドラマ

喰いタン

「喰いタン」第1回を長男が観て、「おもしろい」と言っていたので、2回以降を録画していたのを、ようやく一気に観た。

ずっと食べつづけるシーンが続いても下品にならない人を選んだというだけあって、喰いタン「東紀之」の上品な食べっぷり!
かっこいいし、笑えるしで私もお気に入りのドラマとなった。
事件解決はかなりトホホな展開だが、それもあまり気にならない。

子ども達も大笑いだ。子供と私の笑いのツボはどうやら違うところにあるようだが。
オープニングのヒガシが箸を持って踊る影絵が子ども達のお気に入り。
「この人、ホントにダンスが上手なんだよ」と教えると、「ほんとに~?」
ふっふっふっ、君たちは少年隊のスゴサを知らないな。今度、少年隊のビデオを見せてあげよう(って、持ってないけど)。
[PR]
by km_achin | 2006-02-05 15:48 | ドラマ

ドラゴン桜 最終回

この時期唯一観ていたドラマ「ドラゴン桜」が終わった。
第一話から中盤までは、なかなか面白かったな。
勉強法とかも参考になったし(って今から勉強するわけじゃないが)。

英語の川口先生(金田明夫)とか、国語の芥山先生(寺田 農)は、原作の漫画とそっくりな先生で笑えた。

先週と今週(最終回)は、すごーく急いで受験と発表までいっちゃったので、なんだか無理が・・・。この暑い中、冬の装いの撮影ご苦労様でしたって感じですな。
合格発表のシーンのタメが長いし。
みのもんたは友情出演?

桜木先生の今後の仕事が心配。貧乏なままで、一年過ぎたのでは・・・。次の仕事も決まってないようだし。あんな終わり方でよかったの?
[PR]
by km_achin | 2005-09-16 23:31 | ドラマ

「ドラゴン桜」第5回

この夏のドラマで唯一ずっと観つづけているのが「ドラゴン桜」。
いいねぇ、阿部ちゃん。これを参考に受験勉強したくなっちゃいましたよ(ウソウソ)。
毎回、決め台詞をかっこよく言うので「スカッ」とします。

今日は刑事に対し、弁護士バッチを見せて「弁護士として5分面会させてもらいます」(スカッ
面会のシーンで井野先生(長谷川京子)がぐだぐだ言っている時に「おまえはオウムかっ」(スカッ
そしてそして双子の一郎と次郎に演説っ!(スカッ、スカッ、スカッ

桜木センセイ(阿部寛)は教員免許も持っているんですか?
まあ、それは置いといて

英喜(小池徹平)がかわいいですね。目がくりくりっとして。
「ごくせん」もかわいかったなぁ。
今回の素直な役柄もいいですね。

ちょっと授業が物足りないですが・・・こんなにゆっくり授業やってていいの?なーんてね。

いまさらながら漫画の「ドラゴン桜」も読んでるところでーす。
[PR]
by km_achin | 2005-08-05 23:05 | ドラマ