「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

カテゴリ:映画・旧作( 334 )

e0021004_21182036.gif<ストーリー>
全米の若者の間でカリスマ的人気を誇るダニエル・クロウズの新感覚コミックを「アメリカン・ビューティー」のソーラ・バーチ主演で映画化したおしゃれでキッチュでとびきり切ない青春ストーリー。イーニドとレベッカは高校を卒業した今も進路も決めないまま好きなことだけしてフラフラする毎日。ある日、二人は新聞の出会い系の広告に載っていた中年男をダイナーに呼び出し、待ちぼうけを食っている惨めな姿を見て暇を潰すのだったが……。 (Yahoo!ムービーより)
(2001年 アメリカ)

イーニド(ソーラ・バーチ)とレベッカ(スカーレット・ヨハンスン)のファッションがかわいい!
コーディネート数はなんと50種以上だそうだ。衣装を見ているはずが、どうしても二人の大きなバストとふくよかな腹部に目がいってしまう・・・。ただいま公開中の「アイランド」ではスタイル抜群のスカーレット・ヨハンスンだが、この映画では、ちょっとイケテナイ感じで、「こんな時もあったのね」と妙な親近感が・・・。

二人がいつもいたずらを企てているところなんか、懐かしいなぁ。私もそんな時があったなぁ、と(遠い目・・・)

中年男シーモア(スティーヴ・ブシェミ)の優しいサエナイ男ぶりも、なかなか惹かれるものが・・・。

イーニドの描く絵がわりと好きだなぁ。最後のシーモアのイラストもぐっときた。うまいんだもん。イケテナイぶりがね。
[PR]
by km_achin | 2005-08-24 22:51 | 映画・旧作
全盛期を過ぎた大リーグの投手(ケビン・コスナー)が、球団からトレードを言い渡され、恋人(ケリー・プレストン)からは別れを告げられる。最後の登板で、今までにない完全試合をやってのけるストーリー。(99年、アメリカ)

最後の登板で3振を次々と打ち取っていくチャペル(ケビン・コスナー)。試合のシーンの合間に恋人ジェーンとの出会いから別れまでのエピソードの回想シーンが盛り込まれる。試合中に、恋人とのことを思い起こしていくうちに、自分が恋人に対してどんなひどいことを言ったか気が付く。

ストーリーはなんとなく予想がつくけど、ハッピーエンドの楽しい映画だった。ケビン・コスナーもかっこよかったし。
チャペルが右手を大怪我して、病院でなかなか治療してもらえないとき、恋人が「あなたたち、アメリカ人でしょ。野球は好きじゃないの!?」と医師につめよるところがかっこよかった。
完全試合を決めたときもよかったなぁ。

ケビン・コスナーにあんなふうに告白されちゃあなぁ・・・恋愛映画の王道ってやつですか。
めでたし、めでたし。
[PR]
by km_achin | 2005-08-23 14:40 | 映画・旧作
無名時代のシュワルツェネガーが主演した日本未公開のアクション・コメディ。(70年、アメリカ)
現代(といっても70年代)のニューヨークに、ギリシャ神話の英雄ヘラクレスがやってきて、超人的な力を発揮する話です。

初々しいシュワルツェネガーです。ムキムキの体がYシャツからはちきれそう。
オープニングの音楽も、作品中に流れているのも、マンドリンか何かのシンプルな曲です。どちらかといえば、ほのぼのしたような曲です。アクションシーンになっても、このほのぼのした曲が流れるので、まるで危機感がありません。

テレビ朝日で深夜に放送していたので、観ました。
[PR]
by km_achin | 2005-08-23 11:45 | 映画・旧作

6デイズ/7ナイツ

今、フジテレビのプレミアステージで6デイズ/7ナイツを観終わったところです。

よかった、劇場で見なくて。

無人島で異性と二人きりになって、そんなバストがはっきりくっきりわかる服を着ちゃうんですか。女の私でさえ、一点に視線が集中ですよ。何着か衣装を持ってきていたようですが、その都度、視線が胸元に・・・。

ハリソン・フォードもなんだか冴えなかったです。あぁ、年をとったのねと。

アン・ヘッシュの婚約者役も、のっけから「振られるぞ」オーラが出ていました。
なんとなくチャー○ズ皇太子に似ているような。

ラブ・コメディに分類されるみたいですが、どこで笑えと
[PR]
by km_achin | 2005-08-06 23:26 | 映画・旧作