「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

e0021004_204882.jpg昨日はテレビ東京主催の「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」試写会でニッショーホールに行って来ました。

まぁぁぁぁぁっ!マーリーのやんちゃなこと!
テレビの動物番組ではどんなにやんちゃな犬でも、よき指導者のもと、訓練すればとてもおりこうな犬になるんですが、マーリーは手ごわいですよ~。
ナイスタイミングでマーリーのいたずらシーンが出てくるので、随所で笑えます。
マーリーの成長物語だけでなく、ジョン(オーウェン・ウィルソン)の仕事の葛藤や、キャリアを捨てて子育てを選んだジェニー(ジェニファー・アニストン)の不安定な気持ちなども深く掘り下げてあって、共感できる部分がいろいろとあります。ジョンの上司のアドバイスもいけてました。

難点を言えば白っぽい画面に字幕が白くて、わかりづらいです。途中、すごく早い画面の移り変わりにナレーションが入りますが、字幕を速読なみに読まなければならないので、映像が目に入りませんでした。吹き替えだったら映像も楽しめたのに・・・。

e0021004_2036241.jpg予告編では、かわいいマーリーや、泣きそうな男の子などが出てくるので、小学生の息子と一緒にこの映画を観ようと思っていました。でも、実際には下ネタもあるし、セクシーネタもあるので、小さい子供と一緒に観ると「どういう意味?」と質問攻めにあいそうです。

小ネタ満載で、とても楽しめる映画です。犬好きの人だと泣けちゃうかも。
[PR]
by km_achin | 2009-03-24 20:37 | 映画・新作