「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

オーストラリア

e0021004_22192959.jpg昨日、ウェルシティ東京で「オーストラリア」の試写会を観てきました。

2時間45分の大作です。まさかこんなに長いとは思っていなかったので、会場で上映時間を言われてどよめきました~。

名作『風と共に去りぬ』を意識してる?って感じの強い女性を描いています。
サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は気品があって、とても美しいし、言いたいことをズバッと言うところなんてスカッとします。男勝りなところも観ていて気持ちいいです。
「子供は好きじゃない」と言っていたけれど、ナラとどんどん打ち解けていくところなども、自然でよかったです。

ドローヴァー(ヒュー・ジャックマン)もヒゲ面がワイルドでいいじゃないの~!っていうか、むしろヒゲは剃らないで。詐欺師みたいに見えるから。
こんなにマッチョだったと思わなかったので、お顔の小ささとマッチョさとのバランスに慣れるのに苦労したかも。だからワイルドっぽい服装はOKだけど、正装はやめて~!詐欺師みたいだから(しつこいって?)

オーストラリアの大自然も堪能できました。『アース』を観ているような壮大さ。アボリジニのスピリチュアルな人生観も多少説明っぽく出てきます。
1500頭の牛が駆け抜ける迫力ったらすごいです。椅子が揺れるほどの地響き。ズドドドドドド・・・。牛の群れと走るドローヴァーやサラ(馬に乗ってます)がちょっとCGっぽくて、思わず『PROMISE プロミス』でイノシシみたいな群れが走っていた(あのCGは微妙だったなぁ)のを思い出してプッと笑っちゃいました。

若い子に受けそうなラブストーリーです。あっ、当然私にも受けるラブストーリーでしたよ。
絵になるから雨の中のラブシーンもいれとくか!とか、こんなセリフをドローヴァーに言わせたらグッとくるぞ~!とか製作者の意図が見え隠れ・・・あらあら、私ったらヒネクレた物の見方しかできなくなっちゃったわ。でも映画の中って急に振り出した雨の中でラブシーンをずーっとやってることって多くありませんか?それともお国柄の違いなんでしょうかねぇ。

ラブストーリーだけではなく、日本軍の攻撃なども表現されていて、心が痛みます。

観れば元気の出る映画だと思いますよ。
[PR]
by km_achin | 2009-02-09 23:06 | 映画・新作