「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

e0021004_212575.jpg昨日、「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」を鑑賞してきました。

えっと~、これは何を言いたい映画なんでしょう???
豪華キャストにつられて鑑賞しに行ったものの、想定外の内容でした。
どれだけ相手を傷つけられる言葉を怒鳴れるか選手権みたいでした。
まるで私がフランク(レオナルド・ディカプリオ)に怒鳴られ、エイプリル(ケイト・ウィンスレット)に怒鳴られ、ジョンにまで怒鳴られているような気分になり、とても苦痛です。なんでお金を払って、こんな嫌な気分にならなければならんのじゃ。挙句の果てに大音響でのエイプリルの悲鳴。だんだん私の精神状態も怪しくなってきます。

それに、シェップ(デヴィッド・ハーバー・・・ミリーの夫のエイプリルを見つめる舐めるような視線に「きもっ」と嫌悪感を感じていたのに、さらに「きもっ」と思わせる展開が・・・。

誰にも感情移入ができませんでした。フランクも優しいところはあって、たまに「いい男じゃないか」と思うのですが、怒鳴れるか選手権になると、「あ~あ、言っちまったよ」とこちらが引いてしまうようなことまで言ってしまうんですよねぇ。

昔のことなので仕方がないかもしれませんが、みんなが昼間から酒をガブガフ飲むし、煙草もスパスパ吸うし、知的にはとても見えなかったです。そんなヘビースモーカーで秘書なんて勤まるのかしら、などと思いました。

ちょっと微妙な映画でした。
[PR]
by km_achin | 2009-02-05 21:27 | 映画・新作