「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

e0021004_1463215.jpg1月29日、MOVIXの一斉試写会で「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を観てきました。

とーってもいい映画でした。超オススメです。
80代で生まれ、そこから若返っていくという内容をどう映像化していくのか、興味があったのですが、さすがハリウッド!素晴らしい映像技術で、何の違和感もありません。

ベンジャミン(ブラッド・ピット)がどんどん若返っていくのが、もう、たまらなく素敵です。おじいちゃんの時も可愛らしいのですが、それがだんだん髪の毛もフサフサになり、若くなるにつれ、あまりのかっこよさにホレボレ。ブラピファンじゃなくても、この映画を観たらホレてしまうんじゃないかしら。いつもどこか寂しそうな表情で、キューンとなってしまいました。
デイジー(ケイト・ブランシェット)もだんだん年老いていくのを、顔も体もとてもリアルに表現されていました。

この二人の切ないやりとりにウルウルっとなってしまうんですよねぇ。「あぁ、ここでこうすればよいのに。」と私なんて単純に思ってしまうのですが、後々「そうだったのか。」と納得できる選択だったりして、深いです。

ベンジャミンのママの優しさにも、グッときます。長い人生を送ってきた人々の哲学的なセリフにも、なるほどとうなずけるものがありました。
音楽もよかったです。
長い上映時間ですが、いろいろなエピソードが盛り込まれ、それぞれが無駄のない深みのあるテーマだったと思います。
あぁ、また思い出して切なくなってしまいました。

この映画、ぜひ劇場で観てくださいね。
[PR]
by km_achin | 2009-01-31 14:30 | 映画・新作