「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

余命

e0021004_19453971.jpg1月28日の一ツ橋ホールの「余命」の試写会に行ってきました。

・・・なんだかリアリティーの薄~い映画のような気がしました。

以下ネタバレをしているので、これから観る人は読み飛ばしてください。
滴(松雪泰子)がどんなときにも美しいんですよねぇ。病魔と闘おうが、長時間かけて出産しようが、赤ちゃんの世話をしようが・・・。綺麗なシーンだけを取り上げているので、「女性は乳がんの検査を今すぐした方がよい!」というメッセージがまったく伝わってきません。
この選択肢で良かったのだろうか?と疑問を投げかけるような、衝撃的なシーンもなければ、と思いました。
また、早めに生まれたはずなのに赤ちゃんのサイズがでかっ!何ヶ月の赤ちゃんだろう?そんなに大きいのに今命名ですか???じゃ生後14日にも満たないのぉ???とツッコミどころが満載。赤ちゃんも静かによく寝ていて、手のかからない子でしたね。赤ちゃんのかわりに人形を使って撮影しているのではないかと疑わしいところも・・・。テレビ番組の再現シーンを撮影しているのではないんだから、映画らしいクオリティは欲しいです。
妊娠後の定期健診は通常、血液検査やら尿検査などをしますが、数値が異常だとか産婦人科医に指摘されたりしないのかしら?私は心電図も測りましたが、医師に乳がんを気づかれずにいられるものでしょうか?それとも定期健診は一回も受けなかったんでしょうかねぇ。

エンディングの曲もあまり上手ではなくて、ちょっと苦痛でした。
全体的にウ~ムという出来でした。
[PR]
by km_achin | 2009-01-30 19:39 | 映画・新作