「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

ライトアップ! イルミネーション大戦争

e0021004_15273716.jpg<ストーリー>
アメリカ北東部、ニューイングランド地方の小さな田舎町。クリスマスも間近に迫ったある日、スティーブ(マシュー・ブロデリック)の家の向かいにバディ(ダニー・デヴィート)一家が引っ越してきた。そして、インターネット上で宇宙衛星からの地球画像を見ていた娘たちから、自宅が小さくて確認できない、と言われたバディは、宇宙からでも見える我が家を目指して派手なクリスマス・イルミネーションに取り掛かる。しかし、その飾り付けと音が日に日に過激になり、ついに堪忍袋の緒が切れたスティーブはあらゆる手段で妨害工作を開始。彼らの意地の張り合いはエスカレートしていき、周囲まで巻き込んでいくのだが…。(allcinemaより)
(2006年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
クリスマスイブに放映していました。
大人気ないっちゃあ、大人気ないんですが、隣人との争いをコミカルに描いていて大いに笑えます。数分に一回のペースで笑えるので、とても楽しい気持ちになれるクリスマス映画です。

クリスマスのライトアップが綺麗で、これは劇場で観たら圧倒されそうです。
だんだんクリスマスのライトアップというより、ただの電飾ハウスになっていくのですが・・・。
あれだけ電気を使うと電気代がとーっても心配になりますが、バディはちゃっかりしているんですよねぇ。
宇宙から自分の家がわかるようにしたい、という視点はいまどきのネット事情を反映している映画だな、と思います。

家族の心が離れそうになるのを、なんとかしよう、というエピソードはホロッとするので、クリスマスの時期に機会があれば観てくださいね。
[PR]
by km_achin | 2008-12-28 15:45 | 映画・旧作