「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

フォーガットン

e0021004_1129956.jpg<ストーリー>
テリー(ジュリアン・ムーア)が、9歳の一人息子サムを飛行機事故で失ってから14カ月。失意の日々を過ごす彼女の周りで、異変が静かに始まった。夫ジム(アンソニー・エドワーズ)と家族3人で撮った記念写真からはサムの姿だけが消えており、ジムは元々息子など存在しないと言う。精神科医マンス(ゲイリー・シニーズ)は、テリーは流産し、そのショックの余り想像上の息子を創り出したのだと説明する。すべてが妄想だと決めつけられ、慌てたテリーは、同じ飛行機事故で娘ローレンを失った元プロ・ホッケー選手のアッシュ(ドミニク・ウェスト)を訪ねる。最初は自分に娘などいないと言っていたアッシュだが、やがて記憶が戻る。(goo映画より)
(2004年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
ちまたで評価の低い映画のとき「まるでフォーガットンのような結末」というフレーズをよく耳にしていたので、いつかは観たいと思っていた映画です。
もとからハードルを低くして鑑賞に臨んでいたので、どんな結末になろうと受け入れるつもりで・・・。

ネタバレしちゃうかもしれませんが、
サスペンスだと思わせておいて、そっちかよ!
という展開は大好きです(劇場でお金を払っている場合は怒りますが・・・)。
つっこみどころ満載の映画バンザイ!です。あのストーリーながら、みなさん素晴らしい演技をされていましたからねぇ。私も今後「まるでフォーガットンのような結末」というフレーズを使わせていただきます。
欲を言えば、敵の目標としている理由がもう少し説得力があれば、もっとよかったと思いますが。
なんならスゴイ化け物を出してもらってもよいです。

ストーリーの途中まで、「これはこういうことではないか?」と一人推理してみる過程が楽しかったですね。

ところで、昨日のフジテレビでアジア最強マジシャンリュー・チェンがマジックを披露していて、我が家の息子たち(マジック好きで各種マジックの道具を揃えています)はどんなトリックなのか、しきりに考えていました。でも私は思います。きっと彼はマジックではなく、宇宙人に特殊な力を授けられたのだと・・・。
[PR]
by km_achin | 2008-12-23 11:45 | 映画・旧作