「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

ディスタービア

e0021004_15111558.jpg<ストーリー>
父を自動車事故で亡くして自暴自棄になっていたケール(シャイア・ラブーフ)は、学校で暴行事件を起こし、裁判所から3ヵ月の自宅軟禁処分を言い渡された。足首に監視システムを付けられて外出できない彼は、退屈しのぎに近所の覗き見を始める。これが意外と面白く、隣に越してきたアシュリーや親友のロニーも交えて覗きに興じていくようになる。しかしある日、裏手に住むターナー(デヴィッド・モース)が連続行方不明事件の容疑者と同じ車に乗っていることに気づき……。
(goo映画より)
(2007年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
イーグル・アイの予告でシャイア・ラブーフを観て、かっこいいわぁと思いつつ、映画館で観損ねています。WOWOWでイーグル・アイの宣伝も兼ねて(かどうかは知りませんが)ディスタービアを放映していたので、録画して観ました。
この映画ではシャイア・ラブーフは学生という設定なので、とても若く見えます。
イケメンだけど、誠実そうな感じが素敵。教師を殴って3カ月も謹慎だなんて、暴行常習犯ならまだしも、今後悪さをしそうもないのに、厳しいなぁ・・・。でも、監視システムを付けられたことで、面白いストーリーにしてるワケね。

途中までターナー(デヴィッド・モース)が犯罪者なのか、それともケールの思い過ごしなのか、ヤキモキさせます。ニコッと笑うと人のいいおじさんになるから、読めないのよねぇ。でも、スゴまれると、すくみあがってしまいます。怖い~。
にわか探偵団のようなアシュリーとロニーとのコンビも楽しめます。ロニーがいい味出してます。ちょっとクスッと笑えるところもあるので、あまり深刻なサスペンスとならないんですよね。

ただ、後半、画面が暗くて何がなんだか・・・

軽く楽しめる映画ですよ。
[PR]
by km_achin | 2008-11-22 15:48 | 映画・旧作