「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

こわれゆく世界の中で

e0021004_2036541.jpg<ストーリー>
再開発が進むロンドンのキングス・クロス。ウィルとサンディが経営する会社のオフィスに窃盗団が侵入し、コンピューターなどが盗まれてしまった。数日後にも再び盗難に見舞われたウィルは、サンディと共に夜のオフィスを見張ることに。パートナーのリヴ、彼女の娘のビーとの関係がギクシャクしていたウィルにとって、家を離れられるのは救いだった。そしてウィルはオフィスに侵入しようとした少年を発見。彼を追いかけるが……。(goo映画より)
(2006年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
ジュード・ロウ好きなので観たのですが、はっきり言って、この映画のウィル(ジュード・ロウ)は嫌です。
建築家としては成功しているようだけど、どれも中途半端で・・・。
ストーリーも「ええっ!そういう展開かよっ!」の連続。

強盗の犯人がわかったんなら捕まえようよ。と思うのになんで?
もっと違う考えがあって、犯人の家族に接近していると思ったのに、はぁ??
私にはそれほど彼女が魅力的には思えなかったのですが。

ウィルは、強盗に入られないように見張りをしているのにおしゃべりに夢中になっていたり、娘が建築現場の危ない足場のところにいるのによそ見をしていたり。きっと人生でもそういうポカミスを何度もしていそうな感じ。彼にはしたくないなぁ。
あっ、共同経営者にもしたくないかも。事務所を荒らされてるのに、捕まえるどころか、自分もワナに落ちていってないかい?
共同経営者のサンディもえらく寛大な方のように描かれていて、本当だったらひと悶着ありそうなのに。
すっきりしない映画でした。
[PR]
by km_achin | 2008-10-15 20:45 | 映画・旧作