「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

P.S.アイラヴユー

e0021004_1615129.jpg昨日、東京厚生年金会館の「P.S.アイラヴユー」の試写会に行ってきました。
普通の試写会かと思っていたら、急遽トークショーが決まったとかで、日本版主題歌を歌っている徳永英明さんがゲストでいらっしゃいました。「頑張っている女性のための、応援歌を作ろう」という気持ちで作った曲だそうです。

ヒラリー・スワンクがラブストーリー!?というので、彼女のお顔立ちからして、どうかなぁと心配な面がありました。言っちゃなんだけど、映画の前半を観ているときは、正直キツイなぁと思ったんです。それがジェリー(ジェラルド・バトラー)との回想シーンのカラオケ中の大惨事のあたりで、これはヒラリー・スワンクならではの展開なのでは!と勝手に納得。想い出自体は大喧嘩もあり、下品な話題もあり、最初はうるさいし画面は揺れるしでついていけなかったけど、キレイごとだけじゃなくてヨカッタかも。

ホリー(ヒラリー・スワンク)(←30歳になったばかり)の親友。シャロン(ジーナ・ガーション)はともかくデニース(リサ・クドロー)はまさか30歳の設定じゃないよね・・・と調べたところ、リサ・クドローは1963年7月30日生まれでした。もしや?と思って調べたらジーナ・ガーションは1962年6月10日生まれ。ひぇっ、見えない。もっと若いと思った。とはいえ、デニースのメゲないアプローチには楽しませてもらいました。

今までジェリー以外にはあまりモテていなかったホリー。でも、けっこうモテモテっぽい?
ジェリーや他の男性の告白に、なぜか私がグッときてクラッときました。ジェリーの「キスは男がする」というセリフにもしびれちゃいました。
素敵なラブストーリーじゃないですか?

クスッと笑えるところもいっぱいあるし、後半はホロッときたりして、ラブストーリーにどっぷり浸かれる映画です。

私もこんな風に告白されたいものだわ。
[PR]
by km_achin | 2008-10-03 17:02 | 映画・新作