「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

蛇にピアス

e0021004_22373284.jpgGyaO「蛇にピアス」の劇場鑑賞券が当たったので、観に行ってきました。私の好きな分野ではない映画だけど、スプリットタンがどんななのかとても興味があったんですよね。

「蛇にピアス」の原作は読んだことはあります。芥川賞受賞作ということで話題になりましたから。読んだけれど、何も心に残らず。芥川賞の審査基準と私の感性は違うんだなぁ、ってことですね。だから、内容はほとんど覚えていません。

私は本より、映画のほうが理解できたかも。
それにしても、舌に穴開けたり、舌の先が割れていたり(スプリットタン)、刺青彫ったり、どこまでリアルでどこからCG?
気になって眠れない~。そのうち撮影秘話をネットで探そうと思います。

あんなにかわいらしい女の子の背中に龍と麒麟が~!!
私、すっかり親の目線で観てますから。「そんな子に育てた覚えはないっ!」と。
映画を観終わって、若い子を見る目がすっかり変わってしまいました。

グロテスクになりそうな描写も主演のルイ(吉高由里子)の美しさで芸術的に見せていたと思います。ルイの刺青は綺麗だったけど、シバの刺青はどうよ。

とりとめのない感想になってしまいましたが、最後に一言。
唐沢寿明は浮いていたと思います。
[PR]
by km_achin | 2008-09-25 23:00 | 映画・新作