「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

フリーダム・ライターズ

e0021004_16591445.jpg<ストーリー>
1994年、ロドニー・キング事件を機に起きたロス暴動直後のロサンゼルス郊外にある、ロングビーチのウィルソン高校に赴任してきた英語教師エリン(ヒラリー・スワンク)は、問題が多く、基本的な学習能力さえない生徒たちを担当することになる。しかも、生徒たちの間では人種間の対立が激化し、むなしい争いが繰り広げられていた。(シネマトゥデイ)
(2007年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
見ごたえのある映画でした。新任教師が一癖も二癖もある生徒たちをどうまとめていくのか、それぞれの生徒が抱える重すぎる現実をどう受け止めるのか、感動しながら見ていました。
エリンが若いのに生徒の心をまるごと受け止められるところがすごいですねぇ。生徒も生半可な先生だったら、あんなに心を開かなかったはず。
生徒のために土日をバイトに費やして、一年中生徒のことを一番に考えているエリン。夢をあきらめてしまった夫に愛想をつかすんじゃなくて、夫のほうが逃げ出してしまうなんて。
生徒それぞれのエピソードも胸にずしんときます。

あとあと考えさせられるいい映画です。
[PR]
by km_achin | 2008-08-31 17:15 | 映画・旧作