「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

キサラギ

e0021004_2136291.jpg<ストーリー>
知る人ぞ知るアイドル如月ミキが自殺をして一年が経ち、一周忌追悼会に集まった5人の男たち―家元、オダユージ、スネーク、安男、イチゴ娘。ファンサイトの常連である彼らはそこで初めて顔を合わせた。それぞれオタク心を通わせながら、彼女の思い出話に花を咲かせる。誰しもが「自殺なんかする娘じゃない」と思っていた。そして誰かが「彼女は殺されたんだ」と。この発言をきっかけに、男たちの侃々諤々の推理が始まった…。(goo映画より)
(2007年 日本)

TV放映にて鑑賞。
つい先日ロードショーだと思っていたのに、もう民放で放映されたんですね。
ウワサどおり、楽しい映画でした。

「えっ、あなたが○○~!?」な展開が次々と出てきて、その意外性が面白いのです。
まさか安男がねぇ・・・。
ユースケのオダユージというハンドルネームもアレからきていましたか。なかなか遊び心のある内容ですよね。

如月ミキがびっくりするほど音痴でした。音痴だろうと、それに合わせて踊って応援する喪服の男5人にウルッときてしまいました。家元(小栗旬)のスネたところとか、新事実が発覚して「オレ?」と気づくところもなかなかイイです。

すべてを把握した上で、もう一度はじめから見ても楽しい映画かも。
[PR]
by km_achin | 2008-08-15 22:04 | 映画・旧作