「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

カンフー・ダンク!

e0021004_21471676.jpg昨日はよみうりホールの「カンフー・ダンク!(日本語吹き替え版)」の試写会に行ってきました。

主人公シージエ(ジェイ・チョウ)は、鍋を被っているのかと見まがうほどの髪型(カツラですか?)。吉川晃司や高橋克典を地味目な顔立ちにしたように感じました。でも、笑顔がなかなかよいんですよ。微笑まれると、ちょっとキューンとくるかも(褒めすぎ)。
大学のバスケットのチームメンバーのイケメン二人に触発されて「かっこよく変身~★」てなるのかな?と期待したけど、髪型はあのままでしたねぇ。イケメンはちょっと目の保養になりました。

この映画の公開は8月16日でかなり先なので、詳しいストーリーは言えませんが、奇跡のシンフォニーを彷彿とさせるエピソードもあり、(ほんの)ちょっとホロッときました。

カンフーものだから、「そんなのありえねぇ~」な技が連発で、大笑いできます。ワイヤーアクションもうまく使われていたと思います。
わかりやすい悪役の敵がでてきて、どんどん話に引き込まれるので、試合の場面ではシュートが決まるたび、観客のごとく拍手をしそうになってしまいました。悪役を懲らしめるのも、ユーモアがあっていいですね。

今回は(も)睡眠不足で臨んだ試写会ですが、一回も居眠りせず、最後まで楽しめました。
何も難しいことは考えず、ゲラゲラ笑える映画です。

ジェイ・チョウが人気のようで、会場内の「カンフーダンク!」のサウンドトラックやジェイ・チョウライヴDVDの売り場に人だかりができてました。こんなに人気者の彼に対して、鍋を被っただとかカツラだとか言ってすみません~。
[PR]
by km_achin | 2008-07-24 22:19 | 映画・新作