「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

近距離恋愛

e0021004_16204793.jpg昨日は、ニッショーホールで「近距離恋愛」の試写会を観てきました。

私にとっては久々のラブストーリーものです。

感情移入したいところですが、どうもトム(パトリック・デンプシー)のおヒゲの濃さが気になってしまって・・・。剃っても剃っても撮影中に生えてきちゃうのかしら。このトムがモテモテの設定なのよね。どこがそんなに魅力的なの?

ハンナ(ミシェル・モナハン)はいつもトムと一緒にいて、歩くときはトムの腕に手をからめてます。こういう親密な光景は、トムのプレイボーイ生活のじゃまにはならないんでしょうか。
気のせいか、トムはハンナのアッシー君(表現古いですか?)みたいに見えるし。

とはいえ、ハンナの友達(まるでハンナの惹きたて役のようなビジュアル)や、ハンナのおばあちゃんがそこそこ笑いをとってくれたり、飽きない作りになっています。爆笑ほどではないとは思うのですが、会場内ではすごくツボにはまった人がいたらしく、大きな笑い声が響いてました。
音楽がちょっと大げさだったかな。

トムとハンナが大学時代に知り合って、10年後の設定。大学時代のシーンも演じてますが、パトリック・デンプシーは1966年生まれ。ミシェル・モナハンは1976年生まれ。私が違和感を感じたのは、トムがどうみてもハンナと同年代に見えなかったから、のような気も(^^ゞ

片思いをしている人、不完全燃焼の恋が過去にあった人、近々同窓会をひかえている人(「昔、好きだったんだ・・・」なんてコクられたらどうしよう、と思っている人)などが観たら、グッときそうですね。
[PR]
by km_achin | 2008-07-05 17:06 | 映画・新作