「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

「歩いても歩いても」プレミア試写会

e0021004_205575.jpg昨日、C.C.Lemonホールの「歩いても歩いても」プレミア試写会に行ってきました。
招待ハガキには、阿部寛さんが舞台挨拶されると書いてあったので、もう何日も前からワクワクしていました。

当日の舞台挨拶は、昭和の雰囲気をかもし出している部屋のセットに、阿部寛さん 、 夏川結衣さん 、 YOUさん 、 樹木希林さん、是枝裕和監督が座って、お茶を飲み、すいかを食べ、という和やかなシチュエーションで進行しました。
夏川さんの髪の毛がサラサラのストレートヘアで、小顔でとってもかわいいんです。まるで20歳くらいに見えるので、「何の役だろう。誰かのお嬢さん役?」なんて思ったら、阿部ちゃんの奥さん役でした。びっくりです。本編の映画は違和感なかったですが。
撮影は去年の8月だったそうで、久しぶりにみなさんが集まったそうです。

樹木希林さんは、「是枝監督が撮るとみんないい役者に見えるのよ。」と言っていましたが、実際に映画をみたら、本当にみんないい役者に見えました。子役も自然でとてもよかったです。


母(樹木希林)娘(YOU)の会話が妙に笑えました。父(原田芳雄)はただの頑固なおやじかと思わせておいて、意外とかわいい部分もあったりして、みんながトゲのある言葉を言いながらも憎めない人たちばかりでした。
「こんなこと我が家にもあるよなぁ」という日常を切り取っているので、共感できる箇所がどこかにあるはず。親にしてみれば、年に少なくとも二度くらいは帰省してもらいたいのに、子どもは「当分行かなくてもいいや。」と思うものなんですよね。

久しぶりの大家族になった夏の一日。母と娘がずーっと料理をしていて、とてもおいしそう。ごはんに枝豆とみょうがの千切りを混ぜてましたが、あれは何の料理だったんでしょう。

娘一家が冷蔵庫を開けたままでグビグヒ麦茶を飲むシーンがあり、ずうずうしさを現したのかと思いますが、「エコに反する~!!」とイラッとしたのは、私だけではないハズ。

良多(阿部寛)の義理の息子アツシが優等生っぽくて、ぜんぜん打ち解けないのが、だんだん笑みがこぼれるようになる過程がよかったですね。ベタなんだけど、演技のうまさで、いい感じでした。将来の夢を語ったりして、どんな青年になるのかしら、楽しみ~、と思ったんですが、ちょっと意外なビジュアルになったりして・・・。ふふ。

ほんわかとした作品でした。何が言いたかったのか?と聞かれると、「なにげない日常」・・・ですか?
[PR]
by km_achin | 2008-06-25 21:44 | 映画・新作