「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

アサシン

e0021004_10572269.jpg<ストーリー>
警察殺しの重罪で死刑の判決が下ったマギー(ブリジット・フォンダ)。彼女は政府秘密組織の一員ボブ(ガブリエル・バーン)から、生きて国の秘密工作員になるか、死ぬかという選択を迫られる。その日から暗殺者になるための厳しい訓練が始まった。情緒不安定で暴力的なマギーに、情操教育係のアマンダ(アン・バンクロフト)は微笑むことから教え始める。そして2年数カ月後、見事に美しく変身したマギーは、ボブに伴われてディナーに出かける。久々に味わう外気にマギーの心は浮き立つが、ボブからプレゼントされた箱の中身は装填済みの短銃だった。(goo映画より抜粋)
(1993年 アメリカ)

「ニキータ」のハリウッド版リメイクで、マギー(ブリジット・フォンダ)がかっこいー。
最初は野蛮すぎて、かなりひいてしまったんですが、教育されて綺麗な女性になった途端、もうマギーの味方です。何を着てもかっこいいし、顔はりりしいしで、同じ女性ながら、うっとりしてしまいました。
この映画では、かっこいいブリジット・フォンダが観られて良かったということに尽きます。(←簡単すぎ?)
[PR]
by km_achin | 2005-09-06 23:38 | 映画・旧作