「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

奇跡のシンフォニー

e0021004_2033496.jpg昨日、有楽町朝日ホールの「奇跡のシンフォニー」の試写会に行ってきました。

11歳のエヴァン(フレディ・ハイモア)が一度も会ったことのない両親を探す・・・こんなに広い国で手がかりもなく探せるのかしら?と心配になりますが(ツッコミたいところ)、どんな展開になろうとも許せてしまうような音楽に、すっかり魅了されてしまいました。
エヴァンがはじめて街に出て、感じる音・・・これが騒音で、大音響で聴かされるので閉口してしまいましたが、それもちょっとの間だけです。エヴァンが触れる楽器は素晴らしい音楽を奏ではじめ、聴く人がみんな彼のファンになってしまいます。エヴァンは順調に人間関係を築いていくと思いきや、利用しようとする人もいるわけで、映画「フランシスコの2人の息子」(2005年ブラジル)を思い出しました。

エヴァンのつむぎだす音楽も楽しめますが、ラブストーリーの要素もあってよかったです。
エヴァンの涙にもライラの涙にも、もらい泣き・・・うぅっ。
ライラの美しさにも魅了されました。

何度でも繰り返し観たい映画です。オススメです。
[PR]
by km_achin | 2008-06-07 20:57 | 映画・新作