「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

世界で一番美しい夜

e0021004_22522910.jpg昨日は『世界で一番美しい夜』公開記念イベントつき試写会で渋谷シネ・アミューズに行ってきました。
コンテストの審査員として、この映画の天願大介監督、主演の田口トモロヲさん、月船さららさんがいらっしゃいました。

えーっと、私のような乙女が口にするにはちょっと憚られるようなイベントでございまして(赤面)・・・。
詳しくは、こんなページに載っていました。
記事その1
記事その2

月船さららさんは、セクシーなドレスでいらっしゃって、恥ずかしそうに「エアセッ・・・」と言いよどんでいたのが印象的でした。元タカラジェンヌということを、その時知りました。
田口トモロヲさんは、髪型と眼鏡が決まっていて、声も素敵だし、コメントもかっこいいし、生で拝見できて良かったです。

さて。
映画は、アニメ?と思わせてそうではなく、ファンタジー?と思わせてそうではなく、サスペンス?と思わせてそうでもなく(しつこいって)、コメディのようであり、ラブストーリーのようであり、成人映画のようであり、いろんな要素を取り入れたから、きっと楽しんでもらえるシーンがどこかにあるはず!な映画でした。
なんてったって160分の映画ですよ。試写会終わったら22時20分!
この長さで眠くなるかと思いきや、見逃せないシーンがてんこもりで、食い入るように見てしまいました。
だって、あの渋い石橋凌さんが、私の脳内イメージより、頭髪の感じとかお腹周りとか顔の大きさなどが微妙に違って登場したまでは想定内ですが、まさかあんなトレーニングをしているなんて!
そして、お上品な月船さららさんの役柄にも衝撃を受けてしまいました。バベル菊地凛子さんのときにも感じた衝撃と同様のものですよ!

かなりヘンテコな村人が多くて、あまりお近づきになりたくないと思うのですが、たまたま大っ嫌いなタイプの人の近くにいたときに媚薬をかがされたら・・・と妄想するだけで、怖いものがあります(何で怖いかは、映画をご覧になってください)。

月船さららさんが押しも押されぬ超売れっ子女優になったとき、この映画に出演したことがなかったことにならないよう、見守りたいと思います。

この試写会は職場の同僚と行きましたが、今日は職場で映画『世界で一番美しい夜』と公開記念イベントの話題がみんなに大受け!
田口トモロヲさんがコメントで「一部の人には大いに気に入ってもらえる映画だと思います。」というようなことをおっしゃっていましたが、その通りだと思います。
[PR]
by km_achin | 2008-05-23 23:08 | 映画・新作