「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

絶対の愛

e0021004_20532690.jpg<ストーリー>
交際を始めて2年になる男性ジウを深く愛しながらも、彼に飽きられてしまうのではないかと不安に思っているセヒ。彼女は顔を整形する事を決意、突如ジウの前から姿を消す。セヒを忘れられず苦悩していたジウは、何人かの女性と肉体関係を持とうとするが、その都度何者かに邪魔をされる。そして半年後、以前セヒとよく行った喫茶店で魅力的なウェイトレスに出会う。彼女の名はスェヒ。次第にジウは彼女に惹かれてゆくのだったが…。
(goo映画より)
(2006年 韓国=日本)

WOWOWにて鑑賞。
あ~、コワかった。
整形する女性の話っていうから、先日観て面白かった「カンナさん大成功です!」の軽~いノリで観たところ、なんて重いの。
重いだけじゃなく、実際の整形手術の映像がモザイクなしで流れて、それの怖いこと。こんなに切ったり繋げたりしてたんだぁ。。。
みんな綺麗な仕上がりなので、実際どんなことやってるか想像つかなかったのですが、これを観るとヒキます。かなりヒキます。
それだけでも相当怖いのに、主役のセヒのストーカーぶりや逆ギレ、泣き叫び、奇行など、怖いもののオンパレード!
お面を被って喫茶店にいるのは、あきらかに怪しいですから。サングラス、マスク、鼻に包帯もマイケル・ジャ○○ンみたいで、人目をひきます。顔がまるっきり隠れちゃってる人(セヒ)に向かって、初対面なのに「写真撮ってもいいですか?」と聞くジウもどうかと思います。
ジウが自分の前にまた現れないかと心待ちにしているセヒは、かわいらしい部分や可哀想なところもあり、同情もしたくなります(ほんのちょっとだけ)。どうかハッピーエンドにならないものか、とも(一瞬)思うのですが、やっぱりコワイ性格を知ってしまうと、関わらないほうがよいかも。

セヒはスタイルが良いのですが、走り方がぎこちなかったです。なんじゃ、そりゃって走り方でよく走ってました。

思い出したら夢でうなされてしまいそうな映画です。インパクトあります。いろんな残像が脳裏に残ります。ホラーじゃないけどコワイものを観てみたい方はどうぞ。
[PR]
by km_achin | 2008-05-12 20:56 | 映画・旧作