「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

最高の人生の見つけ方

e0021004_2092230.jpg昨日、ニッショーホールで「最高の人生の見つけ方」の試写会を観てきました。

泣けて笑えて、いい映画でしたよ。

過酷でつらい治療を同室で耐えた二人だからこそ、同士になれたんでしょうねぇ。普通の生活をしていたら、友達になどなれなかったであろう二人。二人がサーキットでレースをするシーンがあるのですが、それが心底楽しそうなんです。私のことを思い返せば、「自分たちはこれから何でもできる」と希望にみちている頃(高校生くらいかな)は、何をしてもこんな楽しく、大笑いしながら過ごしていたなぁ、としみじみしてしまいました。あの頃と同じ無邪気さのある笑顔なんですよね。
この映画を観ていたら、歳を重ねるのもいいなと思えます。

男二人で勝手に旅に出ちゃって、残された奥さんの気持ちはどうなるの?と心配になりますが、その辺もちゃんとフォローされていて、とても後味のよい映画です。

二人のたてた計画の中で「世界一の美女にキスをする」という一文があって、「えー、ソレはあんまり観たくないなぁ」と勝手に想像を膨らましてしまったのですが、いいシーンになっていました。
「赤の他人に親切にする」や「壮厳な景色を見る」・・・ひとつひとつの目標をクリアするごとに斜線で消していくところが、泣けたり笑えたり。

自分の残りの人生を最高にするために観て欲しい映画です。人生はこれからだわ。
[PR]
by km_achin | 2008-05-08 20:27 | 映画・新作