「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

11:14<惨劇の11時14分>

e0021004_1725131.jpg<ストーリー>
青年ジャックは、“鹿に注意”と標識も出ている田舎町の道を飲酒運転で飛ばしていた。午後11時14分、彼は強い衝撃を感じて車を急停止する。鹿を撥ねたかと思って外に出た彼が見たものは、無惨に顔が潰れた死体だった……。(WOWOWより)
(2003年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
これはもう見逃せません!面白かったですよ。
出演者の中で私が知っているのはヒラリー・スワンクぐらいで、地味に思ったのですが。ヒラリー・スワンクが主演とあるけど、あまり主演っていう感じではなかったな。
5つの事件性のあるエピソードがそれぞれ深く関わっていき、「そうだったのか!」という驚きの連続です。なんだ、悪いヤツばっかじゃん!という作りがまた面白くて。事件を隠そう隠そうとするばっかりにもっと取り返しのつかない深みに陥るところがなかなか巧妙です。
かなりグロいんですが、そう感じさせないストーリーの高度な出来栄え。
犯人が主役だったりすると、感情移入しづらくて、観るのが嫌になったりしますが、この映画は感情移入するまでもなく、サクッと11時14分に至るまでのそれぞれの企みが明らかにされるところがよかったですね。
おすすめです。
[PR]
by km_achin | 2008-04-29 17:18 | 映画・旧作