「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

エクステ

e0021004_1552233.jpg<ストーリー>
美容師の卵・優子(栗山千明)は、ダンサーを夢見る女友達と二人で海の側で暮らしていた。ある日、横浜港に到着した巨大コンテナから膨大な量の毛髪が発見される。その髪の中から見つかる少女の遺体。美しい髪が生え続ける少女の死体からとった髪を美容室に売り歩く奇怪な男(大杉漣)。そこから不気味な事件は動き出し…。(goo映画より)
(2007年 日本)

WOWOWにて鑑賞。
脱力系 コメディ ホラー?
邦画で黒髪のホラーとくれば、リングの貞子とかが思い浮かび、怖いというイメージがあります。この映画は最初はおどろおどろしかったんですが、大杉漣がぶっとんだキャラなもので、おかしくておかしくて・・・。チューリップハットに長髪、星条旗柄の服、ミュージカル調な歌・・・次はどんな展開か?と待ち構えてしまいました。主役は栗山千明ではなく、大杉漣では?というインパクトです。
髪の毛がいろいろなところから生えてくるんですよね。それだけでも気持ち悪いんですが、FAXやエアコンの噴出し口からも髪の毛が出てきたりと、何でもありな状態に。今度、美容院でカットされた髪の毛とか見たら、思い出してしまいそう。

ハリウッドでは日本の映画のリメイクをよくやってますが、この映画もリメイクするんでしょうか?大杉漣の役を誰が演じるのか興味があります。
[PR]
by km_achin | 2008-04-20 15:22 | 映画・旧作