「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

「はなうた日和」と「空中ブランコ 」

e0021004_1232269.jpgはなうた日和
山本 幸久 (著)

装丁がかわいらしいので、読んでみました。
8つの短編からできています。それぞれちょっと笑わせながら、意外な展開で話が進んでいくのが面白いです。

特に「犬が笑う」という短編は気に入りました。
陸子は会社の上司ソラヲと不倫していたんだけど、ソラヲが会社の自分宛にラブレターを出してくれっていうんですね。取引先の広告代理店の封筒を使って。で、いつもこの切手を使ってくれと「みかんの花咲く丘」のシートを手渡されます。48通出したところでソラヲは病死。しばらくして、ソラヲの妻が尋ねてきます。封筒の束を持って。「ソラヲは陸子の他に11人も付き合っていたんだ」と言います。「全ての人にラブレターを書かせていたんだ、それぞれ違う切手で。ミッフィーとか世界遺産とか花とか・・・。」
というあらすじです。発想がいいなぁ、思いつかないもの。
他の短編は出てくる人物がつっこみを入れたりして楽しいんですが、読んでいるうちに、「空中ブランコ」と通じる面白さがあるな、と思いました。

e0021004_1234330.jpg空中ブランコ
奥田 英朗 (著)

この本はずいぶん前に小堺一機の「ごきげんよう」というテレビ番組で、ゲストが「今、読んでる本」ということで紹介したとき、小堺一機が「僕も読みましたよ。面白いですよね」と言ったので、流行ってるのかな、と思い読んでみました。
こういうつっこみ満載の小説は大好き。伊良部医師がいい。我が道を行くで、他人がどう思ってるかなんて、まるで考えてなく、極端なポジティブ人間。伊良部っていう名前だから、勝手に野球の伊良部みたいなおっさんを想像していたんですが、テレビドラマ「空中ブランコ」阿部寛が演じ、映画「イン・ザ・プール」松尾スズキが演じていました。
テレビドラマは阿部ちゃんの怪演と看護婦の釈由美子のコンビが楽しかったです。
映画「イン・ザ・プール」は観てないのよね。観たいなぁ。
[PR]
by km_achin | 2005-09-03 12:38 |