「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

バッテリー

e0021004_21465813.jpg<ストーリー>
中学入学直前の春休みに、岡山県に越してきた原田巧。少年野球のスター選手だった彼は、ピッチャーとしての才能に絶大な自信を持っているが、母親が病弱で弟・青波にかかりきりだったためか、他人を寄せ付けない孤独さを漂わせていた。そんな彼が、同級生の永倉豪と出会う。巧の天才的投球に惚れた豪の希望で、二人はバッテリーを組むことに。入学した中学でさっそく野球部に入った二人は、順調に絆を深めていくが…。(goo映画より)
(2007年 日本)

WOWOWにて鑑賞。
・・・泣けちゃった。これが劇場だったらもっと泣いてたな。

「うわっ、悪いヤツ」と思わせといて、いや、実はいいヤツなのよ。っていう人が大勢出てきましたね。これが悪い人ばっかりだと、気が滅入るので途中で観るの止めちゃうところですが、それぞれ救いがありました。後味がいいかも。

子どもたちが輝いていました。原田 巧(林遣都)の表情がよかった~。目が大きいから、気持ちの変化が視線ひとつで現せるんですね。また、永倉 豪(山田健太)の笑顔もたまらなくいいです。他の子どもたちもそれぞれいい味を出していました。
戸村 真(萩原聖人)も、イヤなヤツ・・・と思わせといて生徒思いのいい教師だったりして。とてもかっこいいです。おいしい役どころじゃないですか。

野球部必見!
うちの次男はサッカー部ですが、スポーツをやるのに見習いたい精神が感じられましたね。

受験のために部活をやっている人もいて、最近の受験事情もきっちり盛り込まれています。

さわやかなバッテリー王子たちをぜひご鑑賞ください。
[PR]
by km_achin | 2008-03-30 22:03 | 映画・旧作