「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

バンテージ・ポイント

e0021004_17153447.jpg今日はレディースディだったので、「バンテージ・ポイント」を鑑賞してきました。90分と短い上映時間ながら、期待通り見応えのある面白い映画でした。

12時からの演説の最中にアシュトン米大統領が何者かに狙撃される事件を、その事件に関わる様々な人を主役に見立てて違う角度からの映像を何本も見せてくれます。1本目の映像で「なぜ?」と思ったところをあとの映像で答えが出てくる方法が私にはとても新鮮でした。

バーンズ(デニス・クエイド)がトラウマを抱えながら、任務についているという姿や、機転のきくところがなかなかよかったです。これがトム・クルーズとかだと「オレ様ぶり」が鼻につくんでしょうが、デニス・クエイドだと、「がんばれー、バーンズ!」と応援したくなります。なんだか疲れた中年男性に勇気を与えてくれるような活躍です。例えその不死身ぶり(車がクラッシュして、中から綺麗なスーツで現れたり)に「おまえは引田天功かっ!」とツッコミを入れたくなったとしても、いいんです。
がんばって欲しいんです。
ええ、ワタクシ勇気をいただきました。

チェックのシャツを着ていた大柄な男性も、大活躍でした。あの優しさにウルッとしてしまいました。まさか、この映画で泣けるところが用意されているとは思わなかったので、それもよかったです。

何度も流れる広場の爆発シーンで、その都度椅子から飛び上がった私です。
迫力のある面白い映画なので、ぜひ劇場で見て欲しいおススメの映画です。
[PR]
by km_achin | 2008-03-12 17:20 | 映画・新作