「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

ファイナル・デッドコースター

e0021004_232444100.jpg<ストーリー>
ハイスクールの卒業イベントで遊園地にやってきたウェンディたち。楽しい一日になるはずだったが、ウェンディはジェットコースターで凄惨な事故の予知夢に襲われ、それが現実のものとなってしまった。事故から間一髪で生き残った10人にも次々に魔の手が忍び寄り、命を奪われていく…。(goo映画より)
(2006年 アメリカ)

WOWOWにて鑑賞。
遅ればせながら、ようやく昨日WOWOWに加入いたしまして、片っ端から映画の録画をしています。 最初のチョイスがこれかよっ!という気がしなくもないのですが、R-15指定のものをDVDのハードにいつまでも寝かせておくのもいかがなものかと、見ちゃいました。

怖かったですよ~。口に手を当てっぱなし。
まず、夜の遊園地が妙におどろおどろしい。来るぞ来るぞ~、とわけもわからず身構えちゃいましたよ。最初はそんなにどうってことないエピソードなんですが。
ハイスクールの生徒たちが、ちょっとスレてて、「そんなことしなければいいのに!」という行動をするがために起こる悲劇です。「注意書きは守りましょう」とか「ゴミはゴミ箱に」とか、ほんのちょっとの注意で防げたことが大事故になっちゃうんです。
悲劇の予告めいた写真もコワ~イ。謎解きが間に合わないんですよ。えっと、えっと~、と考えているうちにキャーーーーーーッ!ってな感じで。

94分というコンパクトな時間でよかった。それ以上は耐えられません。でも怖いだなんだと言いつつ、最後まできっちり見ました。だって、気になるんだもん。

「ファイナル・デスティネーション」「デッドコースター」に続く第3弾がこの映画だということなので、前作はおいおい見たいと思います。WOWOWで。
[PR]
by km_achin | 2008-01-20 23:46 | 映画・旧作