「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

ビッグ・ダディ

e0021004_20571134.jpg<ストーリー>
無職男ソニー(アダム・サンドラー)はバイトとテレビ鑑賞の毎日。ある日彼のルームメイトで学生時代からの親友ケヴィン(ジョン・スチュワート)が中国へ出張、入れ替わりに彼の息子という幼い男の子ジュリアン(コール&ディラン・スプラウス)がやってきた。ソニーは振られた彼女を見返すため、ジュリアンの父親になろうと決意。ケヴィンになりすまして福祉課で引き取るが、腕白ぶりに悪戦苦闘。(goo映画より)
(1999年 アメリカ)

今日は仕事始めでした。
いつもだと午後から睡魔が襲ってくるのですが、今日は違いました。
というのも、職場の同僚から、映画&海外ドラマのDVDをごっそり借りたから、うれしさでニヤニヤしちゃって、睡魔が来るどころではなかったんですよ。仕事は忙しかったんですけどね。
借りた海外ドラマはプリズンブレイクのシーズン1と2、映画もかなりあって、その数70枚以上!!
他の同僚からもツインピークスを借りているしで、当分DVD漬けになる予定。
ブログの更新が滞ったときは、海外ドラマを観まくっている時だと思ってください。

というわけで、仕事から帰ると早速DVD鑑賞。子どもたちが一緒に観る時間帯はコメディがよいかな、と本日チョイスしたのが、「ビッグ・ダディ」

ひょんなことから5歳の男の子と一緒に暮らすようになったお話なんですが、子どもと暮らしたことのないソニー(アダム・サンドラー)が、おねしょやらゲロやら牛乳ブチマケなどにあいながら、とても寛大なのが印象的でした。子どものやらかすことは、ときに額の血管がブチ切れそうになるようなことがありますが、ソニーはえらいっ!子どもを相棒として対等に扱っていて、子どもは、とてもうれしいでしょうね。

結末がわかるような展開ではありますが、ジュリアン(コール&ディラン・スプラウスの双子ちゃんかな?)の愛らしさに涙が出ます。差し出す手がかわいらしいのです。
ソニーの潜水服姿もウルウルします。

脇役陣もいい人たちばかりで、子どもと一緒に楽しめる映画でした。
[PR]
by km_achin | 2008-01-04 21:23 | 映画・旧作