「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

大停電の夜に

e0021004_17532357.jpg<ストーリー>
イルミネーションに彩られた東京のクリスマス・イヴ。そのとき突然街から光が消え、東京がかつてない暗闇に沈んだ。ラジオでは、緊急ニュースを伝えるアナウンサーの声が流れる「12月24日午後5時過ぎ、首都圏全域が大規模な停電に見舞われました」。
(goo映画より)
(2005年 日本)

TV放映にて鑑賞。
今日もクリスマス気分を味わうために「大停電の夜に」を観ました。
昨日観た「7月24日通りのクリスマス」はドタバタぶりがハナについたんですが、この「大停電の夜に」は、豪華なキャストが真面目に演技していて、それはもう好感が持てます。

特にイチオシなのが大鳥銀次(吉川晃司)。気が短いんですけど、筋が通っていて、カッコイイ!吉川晃司は歌手で大ブレイクしていた時もファンだったんですが、この映画でもいいです~。

私のツボだったのは、回転寿司で、いざ目指すネタに手を伸ばそうとしたところに、ベルトコンベアーが止まってしまうところ。
停電になっても、みんな大人の対応でしたね。
「うちにはロウソクなんかないだろ?」と買ってきた遼太郎(田口トモロヲ)。ここで妻の静江(原田知世)が「あるわ。」なんて披露宴のときの大きいウエディングキャンドルを取り出す・・・なあんて勝手に想像してしまいましたが、ありませんでしたね。あれは、収納に困るしろものですが、災害時には威力を発揮しそうです。
[PR]
by km_achin | 2007-12-24 17:56 | 映画・旧作