「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

バイオハザードII アポカリプス

e0021004_071218.jpg<ストーリー>
ラクーンシティの地下深くに隠された巨大企業アンブレラ社の巨大研究所から“T-ウィルス"が漏洩され、感染し死亡した研究員は生ける屍“アンデッド"となった。あれから36時間、街は感染しつくしていた…。今やアンデッドの街と化したラクーンシティで、アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、数少ない生存者と行動を共にしていた。そこへ、1本の電話が入る。全ての元凶“T-ウィルス"を発明した、アシュフォード博士からだ。彼は、アンブレラ社が“事実"を隠蔽するために街に核爆弾を投下すると告げた。(goo映画より)
(2004年 アメリカ)

TV放映にて鑑賞。ネタバレしてます。
「バイオハザードIII」の鑑賞よりも後になっちゃいました。

「バイオハザード」のラストとつながっているので、「おおーっ、待ってました!」という感じです。
この映画でもアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)のかっこいいこと。ジル(シエンナ・ギロリー)も強ぇ~!かっこいいなぁ。

何が変身すると、あの怪物になるのかと思ったら、なんと!
ゾンビの怪物だから心は通わないのかと思っていたので、なかなかいい展開。
アンブレラ社の偉そうなヤツラを退治すれば丸く収まるのかと思ったら、まだまだ戦う敵はいるのねぇ。先は長い。

気になるのはラスト。あの黒塗りの車はどこへ行くのだ?
ヘリの事故で、てっきりみんなダメになったかと思ったよ。アリスはアンブレラ社の手厚い治療で復活するにしても、他の人たちは本物?ロボット?なかなか含みを持たせた終わりではあるが、「バイオハザードIII」で解決したかというと、これまた微妙・・・。
[PR]
by km_achin | 2007-11-10 00:10 | 映画・旧作