「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

亀は意外と速く泳ぐ

e0021004_2234277.jpg<ストーリー>
片倉スズメ(上野樹里)は平凡な主婦である。夫は海外赴任中で、定期的に電話はくれるが、話すのはペットの亀の心配ばかりである。毎日は恐ろしく単調に過ぎていき、トイレに行けば自分の存在を無視するかのようにおばさんがオナラをし、夫さえ時々自分のことを忘れているようだ。久しぶりに待ち合わせをした幼なじみのクジャク(蒼井優)には、2時間も待たされてしまう始末(クジャクとスズメは同じ日に同じ場所で生まれたのだが、クジャクはスズメとは正反対にスケールの大きな女である)。…このまま年をとり、死んでいくのか?そう思うと恐ろしい。(goo映画より)
(2005年 日本)

TV放映にて鑑賞。
邦画でありがちなドタバタして笑いをとる手法は嫌いなんですが、テレビで観ているっていうこともあるのか、大いに笑っちゃいました。
特に憧れの加東先輩(要潤)の登場シーンがことごとく秀逸。イケメンで素敵な学生時代から時を経て、風貌が変わっているというのは、あり得る話だし、彼の連れがビミョーな奥さんとビミョーな子どもだったりすると尚更。今、思い出してもニヤニヤしちゃうなぁ。しかも私、要潤のルックスが好きなので、笑いも2倍。

かなりくだらないし、なんで500万円?というあまりにも突拍子もない出来事続きなんですが、いろいろな笑いを散りばめているので、一家団欒のひととき、こんな映画で家族で大笑いするのもいいかも。うちも息子たち、大爆笑でした。
[PR]
by km_achin | 2007-11-04 22:36 | 映画・旧作