「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

ボーン・アルティメイタム

e0021004_19281160.jpg友達からのお誘いで10月18日に「ボーン・アルティメイタム」のジャパンプレミアに行ってきました。レッドカーペットは残念ながら行けませんでしたが、TOHOシネマズ六本木ヒルズの試写会でマット・デイモンの舞台挨拶が見られました。

スーツ姿のマット・デイモン。バリッとしていてかっこいい!そして顔デカッ!
始終にこにこして観客に手を振ってくれて、なんて愛想がいいのかしら。一気にファンになる私。

舞台挨拶のあと本編上映。
実は第1章『ボーン・アイデンティティー』、第2章『ボーン・スプレマシー』とも観ていないんです。だから、ちょっと内容がわかりづらいところも。
舞台挨拶のときに聞いたのですが、普通のアクション映画だと3000カット~3500カットぐらいだそうなんですが、「ボーン・アルティメイタム」は4000カット以上使っているんだそうで。だから、バシバシ画面が切り替わって、目が疲れます。派手なカーアクションも近距離でドカン、グシャンとぶつかるぶつかるぅ~。なんだか自分も一緒に乗っている様な気分に襲われ、私がムチウチになるのでは?という心配が・・・。
目のためにも首のためにも、できれば、後方の席での鑑賞をおススメします。

e0021004_19283788.jpgカーアクションのほかにもバイクのシーン、すごかったですねぇ。あれはマット本人が乗ってるの?すごいわぁ。マットのワイルドさを堪能いたしました!

[追記]
先日、TV放送された『ボーン・アイデンティティー』を観たら、既に観たことのある映画だということが判明。この忘れっぽさ、何とかならないものかしら・・・。
[PR]
by km_achin | 2007-10-19 19:34 | 映画・新作