「ほっ」と。キャンペーン

「なにやってんだか」という日常生活や映画の感想などを書いてます。


by km_achin

ラフ ROUGH

e0021004_11513611.jpg<ストーリー>
実家の和菓子屋が昔からライバル同士のため、亜美(長澤まさみ)圭介(速水もこみち)は犬猿の仲。同じ高校に入学して水泳部に入部した2人は、反発しあいながらも次第に引かれ合うようになる。そんな亜美には、競泳日本記録保持者の恋人・弘樹(阿部力)がいて、圭介と弘樹は水泳、恋のライバルとしてお互いを意識するようになる。
(シネマトゥデイより)
(2006年 日本)

TV放映にて鑑賞。
邦画でしかもアイドル映画だからと、そんなに期待していなかったものの、やっぱりアイドル映画以上のなにものでもなかったです。
長澤まさみはかわいいし、速見もこみちはかっこいい、ただそれだけです。
他の共演者も演技過剰で、見ているほうは白けるばかり。八嶋智人のはしゃぎぶりや、松重豊の大げさな表情はただただ痛い。
事故をおこした弘樹(阿部力)の車は真っ黒く、炎上したことを思わせるが、亜美(長澤まさみ)もわりと平気な表情でお見舞いの花を世話をしていて、事故現場が派手なわりにはまわりの反応があまりないのね。
この映画の予告では、包帯ぐるぐるの弘樹がかなり怒っていたようだったので、「怪我が治らなくて逆恨みした弘樹が暴れまくる」とか、「愛憎のメラメラした三角関係の」映画かと(すごい妄想)思ってました。
弘樹の回復がすごーく早いのにもびっくりですが、あまりメラメラしていないのも物足りないです。
弘樹の人口呼吸も控えめな感じでしたね。
[PR]
by km_achin | 2007-09-05 11:54 | 映画・旧作